金融工学

S&P500が「平均値」をとる確率は何%なのか?資産推移グラフに潜んだワナ。

投稿日:2021年5月7日 更新日:




 

資産運用で複利効果のグラフを見る機会は多いです。複利の効果で資産は大きく増やせるという触れ込みで。

複利の効果で資産を大きく増やせるのは間違いではありません。ただし、複利効果の紹介で見るグラフを正しく解釈しないと、あたかも損しないかのように見えてしまうわけ。

たとえば下のグラフ。これはS&P500指数を年平均リターン7%、リスク20%の幾何ブラウン運動で変動すると仮定したときのグラフ。初期投資100万円が30年間でどのように動くか、その平均値を示したもの。

幾何ブラウン運動は過去記事で紹介:

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

注意すべき点なので繰り返すと、これは指数の平均値の推移。

実は平均値というのは要注意ワード。例えば上のグラフでは30年後に100万円が800万円になるわけですが、50%の確率で800万円まで増えるわけではないんです。

 

Sponsored Link



 

私は単線で描いた資産推移のグラフはかなりミスリードだと思っています。確かに「平均値」の推移という意味では正しい。

でも実際の資産価格は広がりをもつんです。なぜなら資産価格はリスクをもつから。

すると資産価格は下のように描いた方が実際に近い。当たり前のことですが、資産価格は広がりをもつんです。

じゃあ、平均値ってなんぞや?要は資産価格は平均値の周りにぐにゃーと広がるように分布をもつということ。

この分布は広がるので、実は資産が平均値を超える確率は下がっていきます。

例えばS&P500の場合、1年後に資産価格が平均値を超える確率はほぼ50%ですが、30年後に資産価格が平均値を超える確率は30%まで下がります。

意外に忘れやすいんですが、平均値はそれをとる確率が50%あるわけではない、というのは覚えておいた方がいい。

じゃあ、平均値って何%なのかは、リスクやリターンの値に依存します。自分で手を動かして計算してみるのが重要なんです。

 

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター もぐら より:

    お忙しいと思いますが、是非本を出して欲しいです。
    特に、レバレッジと出口戦略についてはきちんと語られている日本の投資本はない印象なので、是非そちらもテーマにして頂ければ大変勉強になります。

    • chandra11 chandra11 より:

      お褒めの言葉ありがとうございます。
      多少マニアックな内容が多いので本を出すとかにはならないと思いますが、ブログで発信はしていきたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レバレッジETFの減価問題はなぜ嘘くさいのかを定量的に説明する。

  レバレッジETFは減価リスクがあるから危険と言われることがあります。 超簡単な例でいうと、株式指数が10%上昇し翌日10%下落した場合: レバなし:1.1 x0.9= 0.99 3倍レバ …

最適レバレッジと最適投資比率 (サミュエルソンの割合) との意外な関係。

  前回の続きです。 (1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。 (2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。 (3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。 &n …

米国S&P500で年率10%のリターンを得る確率は何%か?

  米国S&P500のリスク・平均リターンは過去のデータから20%・7%です。7%は平均年率リターンなので、ある年は10%かもしれないし、別の年はマイナスかもしれない。あくまで平均値 …

【重要】積立投資の意外な盲点。投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

  以前の記事でサラリーマンが株式投資するなら、一括投資よりも積立投資にならざるを得ないという話をしました。理由は簡単で会社から受け取る給料の中から投資資金を捻出するのだから、毎月数万円、ま …

「未来は予測できない」と諦めず科学的にアプローチすることが道を切り開く。

  未来に起きる出来事なんて予測できないと多くの人は言います。 世の中で数えきれないほど多くの人や物が互いに影響し合っているので、そんな影響の結果として発生するイベントは予測できないというの …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ