資産運用

株式投資するなら貯金の割合は生活費1.5か月で十分な理由。ただし3か月分あれば安心感が手に入る。

投稿日:2020年11月30日 更新日:




 

インデックス投資をする場合、株式と貯金の比率を何%にするべきかという議論がおきます。株式の比率を100-年齢にするべきという意見もあれば、3か月分の生活費を現金として確保したほうがいいという意見もあります。

そもそも「なぜ株式に投資するのか?」と問い直すと、「現金を銀行口座に塩漬けにするより有効に活用することで資産を築きたいから。その手段として株式に投資する。なぜなら株価が長期的に右肩上がりに上昇することを期待しているから」だと言えます。

では、どのように株式に投資すれば大きな資産を築けるのか?と問えば「できるだけ多く株式を買って、できるだけ長く運用する」でしょう。

ではこれを実現するためにはどうすればいいか?と問えば、「毎月会社から振り込まれる全ての現金を運用にまわす」が正解です。だって「できるだけ多くの株式をできるだけ長く運用する」ためには、こうするしかないから。

ところが、理論的にはこれが正しい方法でも現実的ではありません。収入の全てを運用にまわせば生活できなくなる。この方法はあまりにも極端すぎる。ではもっと現実的な方法はないか?と考える。

 

Sponsored Link



 

 

じゃあ最低限の生活費を確保すればよい。すると、生活費1か月分を確保してそれ以外の全ての現金を株式で運用すればよい、となります。例えば月初めに20万円預金口座にあるとして月末には使い切るのですが、手取り給料を30万円が会社から振り込まれれば20万円の生活費を補充して残りの10万円を投資にまわせばよい。

では生活費1か月分とは?月によって出費が多い時もあれば少ない時もあります。例えば出費が最低16万円の月があれば最高30万円の月もあります。平均をとれば24万円ですが、24万円確保してのこりを全て投資してしまうと、次の月に30万円使ったときに6万円マイナスです。だから1年間のうち出費が最も多い月の金額を現金として確保しておくのがいいと思います。

1年間のうち出費が最も多い月の金額、といってもどれくらいかよく分からないが、とはいえせいぜい平均の1.5倍程度で2倍は超えないでしょう。ということで、金は年間平均生活費の1.5倍を確保して残りは全て株式、というのが現実性も鑑みた理想的な現金比率だと思います。

 

Sponsored Link



 

いやいや生活費の1.5倍を超える出費が必要な月だってあるだろう、とも思います。そのようなイベントが1年間にどれだけ起きるかによるのですが、もし頻度が少ないのであればファンドを売って現金化すればいいと思います。

例えば100万を超える出費が必要になるイベントって車を買い替えるなり冠婚葬祭なりでせいぜい5年に1回程度だと思います。ではその5年に1回のイベントのために100万円を預金に塩漬けしておくのが得策かといえば、少し懐疑的です。

たとえば100万円を5年間S&P500の運用にまわせば年7%の成長として30万の利益です。現金化すれば20%の課税がかかるので24万円手に入りますが、仮に100万円出費のイベントがなかったとしたら、さらに複利効果で増えていきます。

ごくまれにしか起きない高額な出費のイベントに備えて大きな金を預金で塩漬けにしておくのは資産を増やすチャンスを逃すことになります。だから生活費の1.5か月分残してあとは投資、ごくまれに高額な出費が必要になれば株式を現金化すればよい、が資産を増やすためのコツになります。

とはいえ、手元に最低限の現金しかもっていないのは非常に心もとない。頭ではわかっているけど、そこまで攻める勇気はない。だから生活費3か月は最低必要だという考えが出てくる。その3か月もはっきり言えば「2でもまだ不安だけど4は不吉な数字。3がなんとなくいい数字だ」ぐらいの根拠です。

まとめると、長期的に右肩上がりに上昇していると期待している株式により多くより長く投資するなら、生活費1.5か月分の確保でOK。ただし生活費3か月分まで増やせば安心感も手に入ります。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

  チャンドラです。   資産運用するうえで怖いのが元本割れです。 30年間根気強く積み立てて老後にさあ現金化しようとしたときに、投資額よりも低い評価額となっていたときの絶望感は半 …

株価よもっと下げれ ww 湧き上がる破壊衝動

  こんなことを書くと頭おかしいかと思われるかもしれないのですが、あまりに株価が絶好調なのを見ると、そろそろ下がれ!と思ってくるんです。なんだか、破壊衝動のような気持ちがムラムラと湧き上がっ …

マイナス105万円 | 運用成績 | 2020年5月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,490万円 評価額:2,386万円 今週の損益:-105万円 (-4.4%) 先週の損 …

プラス56万円 | インデックス運用成績 | 2020年7月第1週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,570万円 評価額:2,736万円 先週の損益:+109万円(+4.1%) 今週の損益 …

インデックスファンドに2年間投資した結果。利回りは?

  今月でインデックス投資を開始してちょうど2年が経過しました。 私は年平均利回り5%をターゲットにしていますが、実際の利回りは何%だったのか見てみます。   下は2018年以降の …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ