社畜

破産なき資本主義は、地獄なきキリスト教のようなもの

投稿日:




 

Capitalism without bankruptcy is like Christianity without hell.

アメリカの宇宙飛行士であり、航空会社のCEOも務めたフランク・ボーマンの言葉です。

破産と地獄は似ています。投資家にとって破産はなんとしても避けるべき恐怖の対象です。同様にキリスト教徒にとって死後に地獄に行くのは恐怖の対象。

投資家のハワード・マークス氏はこの言葉を引用して次のように述べています。ソースはこちら

市場では、参加者が健全な形で損失を恐れるときに、最もうまく機能する。Fedや政府はそれを絶つようなことをするべきでない。

パンデミックとそれが引き起こす経済への影響なんて予想できる人間はいないんだから、政府が彼らの苦境を援助するのは合理的だ、という人たちがいる・・・

彼らは自分たちがリスクを無視していたことに何の罪の意識を感じていない。起こりえないと考えていることは、起きるものだ。投資家やビジネスマンは、起こりえないことが起こりえることを認めて、その結果に耐えなければならない・・・

なぜ予測不可能だという理由だけで、投資家たちが救済されるべきなのか、私には理解できない。

もし人々が不利益を被ったときに政府が自分たちを守ってくれると考えているなら、それはモラル・ハザードだ。人々は痛みから守られるだろう。だがそれは、悪い教訓だ。

パンデミックなんて予測不可能だから政府は自分を助けて当然だ、なんて甘えるなと。ちょっと厳しすぎる気もしますが、恐怖の対象となるイベントが起こりうることを受け入れ、それを健全に(=適切な形で)受け入れてリスクを管理しろ、というのは金言です。そういう意味でフランク・ボーマンの言葉は記憶しておいた方がよさそうです。言葉のリズムも格好いいですしね。

Capitalism without bankruptcy is like Christianity without hell.

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界のエリートがあえて「借金」を背負う理由???

  東洋経済の記事によると、世界のエリートは進んで借金し、日本人は借金を「悪」と考えるそうです。 先日、40代のアメリカ人の友人と話したときのこと。彼は、コロンビア大卒の超エリート。30代の …

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

  独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。 前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎ …

10万円給付されたら米国株投資するか?

Sponsored Link     景気刺激対策として、政府が全国民に10万円を支給する案が出ています。あくまで案の段階ですが、なかなか思い切った措置ですね。Bloombergの …

ゴミレベルの飲み会は金の無駄

  年末になると会社の飲み会が増えます。 飲み会には行く価値のある飲み会と、失うものしかない飲み会があります。   行く価値のある飲み会のいい例はチームビルディングです。 仕事は一 …

病院でたむろする老人を見て感じる危機感

  チャンドラです。   私の通勤途中に小さな病院があるのですが、朝からいつも老人がたむろしています。 朝の9時から受け付け開始にも関わらず、1時間前から並んで老人同士でベラベラし …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ