資産運用

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

投稿日:




 

企業への増税を掲げるバイデン氏が米大統領選に当選した場合、企業の収益がどれだけ減るかWSJの記事で分析されています。

バイデン氏は連邦法人税率の21%から28%への引き上げ、米国外での収益へのさらなる課税を提案しています。

引用:WSJ

Sponsored Link



 

バイデン氏が当選した場合、S&P500企業の平均的な収益減少は9%。それ以上に大きな減少が出ると試算されているのがコミュニケーション・セクター (12%)、一般消費財 (11%)、情報技術 (11%)です。

バイデン氏が増税を謳っているのは知っていましたが、セクターによっては10%以上増税されるとは知りませんでした。

時価総額ランキングトップに君臨するハイテク企業は増税の影響が大きいこれらのセクターに分類されるので収益に直撃しますね。

ハイテク企業への課税強化は経済学者スティグリッツ氏のプログレッシブ・キャピタリズムで紹介されています。スティグリッツ氏は歯に衣着せませんからねぇ ww

WSJではバイデン氏の当選によってセクターローテーションが起きる可能性も言及されています。増税が各セクターに与える影響に差が出るので、そのぶん金の流れが変わって今は株価が低いセクターが高くなるかもしれない。

面白くなってきましたね ww 本音を言うと、私はGAFAMの時価総額が他を圧倒している状態は健全ではないと思っています。やはり多くのセクターがまんべんなく成長してほしいんです。

太ももだけ超絶マッチョでそれ以外の部位は全部ガリガリとか嫌でしょ ww やはり必要なのはバランスです。

まあ、たとえセクターローテーションが起きて情報技術から他のセクターに資金が移っても、S&P500に投資しとけば結果はさほど変わらないと思ってますが ww

 

 

かつてウォーレン・バフェットは、企業が利益を確実に維持したければ、参入障壁となる堀で周囲を囲い、新規参入企業との競争ににより利益が損なわれないようにするのがいちばんいいと述べた。実際アメリカでは、きわめて収益性の高い最新の「イノベーション」として、この堀を作り、広げる能力、その結果手に入れた市場支配力を利用する能力を高めるイノベーションが生み出されている・・・

GAFAMを除いたS&P495のパフォーマンス

米国はイノベーションを起こす土壌がない??

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

  「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」 もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実 …

1年間で最も読まれた記事は金融工学系シリーズ

  昨年は少し趣向を変えて金融工学に関する記事をポツポツ書き出しました。 私が投資している米国S&P500の将来のリターンを金融工学の価格変動モデルを使って予測してみたいというのが動 …

富裕層のためのヘッジファンド投資入門。年利10%以上を10年以上叩き出すファンドがあるらしいが ww

    年利10%以上を10年以上継続の実績!2000万円から始める一流の資産運用法という記事を読みました。 ホウ。年利10%以上を10年以上継続って正直すごいと思いますよ。S&a …

インデックス投資の含み益が1000万円超えた。

  買付額:3,061万円 評価額:4,106万円 損益:+1,044万円 リターン:34% 下が内訳(確定拠出年金は除く) Sponsored Link   投資開始が2018年 …

米国情報技術セクターは2年連続トップをとるか?

  2007年以降のセクター別パフォーマンスを見ていると、どうも情報技術セクターとエネルギーセクターのリターンは負の相関関係があるように見えます。 つまり、情報技術セクターのリターンが高いと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ