社畜

中間管理職はどうでもいい仕事 ww

投稿日:2020年9月12日 更新日:




 

文化人類学者のデビッド・グレーバー氏は著書 “Bullshit Jobs”で「どうでもいい仕事」が激増していると主張しています。

経済学者のケインズは1930年に「技術の進歩によって百年後の2030年には週15時間働く時代になる」と予想しました。

ところが2020年現在起きていることを見てみると、ケインズの予想とは反対のことが起きています。つまり、多くの人が「必要ない」と考えている管理職の仕事が増えているということ。

ケインズの時代には全体の25%ほどだった事務職が、現在ではおよそ75%にまで増えているのです。

グレーバー氏は中間管理職を「他の人にどうでもいい仕事を作り出す」職だとこきおろしています。

中間管理職というのは、部下の仕事を監督する立場にあります。でも、かつて自分自身が同じことをしていたからこそ、部下の仕事に監督役は必要ないことが分かります。

上司の自分がいなくても部下たちの仕事ぶりは変わらないだろうな、とジレンマを抱えるわけです。そこで上司はどうするかと、部下のアウトプット量を評価する基準を設け、監視するんです。

部下は自己評価をするために、本来の仕事を中断して書類作成やら何やらをしなければいけなくなり、自己評価の時間さえ取れなくなる。多忙のため生産性がなくなっている状態で生産性を評価しなければならなくなる・・・

Sponsored Link



 

私は中間管理職ではないのですが、中間管理職的な仕事、つまり他人の仕事を監督して進捗を測るような作業も結構やってるんですね。そしてその仕事はとても、とてもつまらない ww

さらに恐ろしいのは5年後、10年後に自分が本格的な中間管理職になる可能性が高いと言うこと。正確に言えば中間管理職になることを拒否しようと思えばできなくはないのですが、給料は低いままに据え置かれてしまうんですね。

で、中間管理職になったときに私は、そのつまらないBullshit Jobに耐えることができるのか?ということなんです。部下を管理するために、余計な仕事を作り出して部下が本来たるべき仕事にかかる時間を犠牲にしてまで資料を作成させる。

それは耐え難いことですが・・・まあそのとき考えましょう ww

 

未完の資本主義

デビッド・グレーバー氏の主張はこの本に簡単にまとまっています。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その方法は現実的なのか? PCR検査

  私の仕事は技術的なサービス業。顧客の「こんなサービスを提供してほしい」という要望に対して技術的な提案をしていくのが仕事です。時には何千ページもある契約書をドサッと渡されて、「こんなサービ …

自己啓発書を大量に買うのはお金の無駄!

  チャンドラです。   自己啓発書とは・・・ 人間の能力向上や成功のための手段を説く、自己啓発を目的とした書籍 wikipedia   本屋に行けば色々な自己啓発書が山 …

爆笑 ww 社畜が外国人顧客から浴びせられた衝撃の言葉集

  お客様は神様です。 この言葉をよく聞きます。ですが顧客が外国人、特に欧米人だとこれは必ずしもあてはまりません。 「契約書は神様です」の方が正しでしょう。契約書に書いていることが全て、契約 …

財布の紐ガバガバの人に「お金に執着することは汚い」と言われても ww

  私が若かったころ、私の両親からは「カネに執着することは汚いことだ」と教えられてきました。 「カネは人の人生を狂わす。」 「たいていの金持ちは悪いことをして稼いでいる。」 「汗水たらして稼 …

仕事量は減らないのに頭使って残業時間を減らせと言われたが、何も思いつかない

  チャンドラです。   ついに私の会社でも残業時間をもっと減らせとのお達しがきました。 会社が残業時間を減らすのに躍起になる大きな理由は、労働基準監督署が関与するからです。 従業 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ