レビュー 社畜 節約の知恵

壊れた高級キーボードを自力で修理成功ww

投稿日:2020年7月10日 更新日:




 

私はよく使うものには金を惜しまずに使います。

キーボードは特にそうで、毎日パソコンを使って仕事をするので、キーボードはちょっと高級なメカニカルキーボードを使っています。私が愛用しているのはアーキサイトというメーカーが販売しているもので、打鍵感がなかなか素晴らしい。

 

そんなキーボードですがある日、急に「m」のキーが反応しなくなりました。「m」が使えないとか致命的すぎるので、修理することに。色々調べると、分解して断線してるっぽいところをはんだ付けしてやれば復活するとの情報を得たので試してみました。

 

これが私が使っているキーボードの写真です。

 

全てのキャップを取り外した写真。ホコリやカスが溜まってメチャクチャ汚かったので、アルコールを吸わせたテッシュで拭いて綺麗にしました。

 

裏板を取り外した写真。マイナスドライバーでこじ開けました。

 

Sponsored Link



 

キーボードの「m」に相当する部分を見てみましたが、特に異常は見当たらず。せっかくここまで分解したので、はんだ付けをやりました。はんだごてはヨドバシカメラで700円で買ったものです。

 

「m」に関係しそうなこの3カ所を治療しました。古いはんだを吸い取って新しいはんだをモリモリ。学生時代に大学の研究室で工作していたので、わりと上手くいきました。

 

もとに戻して、パソコンにつないでキーボードを打ってみたのですが、反応せず。「は?全然直ってないじゃないか!」と悪態をつきながら連打すると、少しずつ「m」の文字が表示されるように。「おお、いいぞ!」と言いながら30秒くらい連打を続けると、完璧に反応するようになりました。

なんだったんだ、この時間差は ww

 

その後、キーボードを会社に持っていって丸一日使用したのですが、問題なく作動しました。キーボードは見事に復活したのです。

 

愛用していたキーボードの復活は快感でした。まさに可愛がっていたペットが死にかけて、その後見事に復活したような、大切なものを取り戻したような気持ち。

そして、それを自力でやってのけたという達成感

さらに、新品を買いなおしていたら払っていたであろう1万円ものお金を、もはや払う必要がなくなったという、オトク感。

 

一石三鳥じゃないか ww

 

もしキーボードを壊してしまった人がいたら、今回紹介した方法をぜひ試してみてください。もし直ったら、いい事尽くしですよ ww

 

私が使っているアーキサイト社のProgress Touch

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー, 社畜, 節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WHEEL ROBEのレザーシューズを購入したのでレビュー

  チャンドラです。   久しぶりに最高の靴を買ってしまいました。 1年前から買いたかった靴・・・ウィールローブのプレーントゥ レザーシューズです。 これはカッコ良すぎます。写真多 …

年間10万円貯めるカレンダー型貯金箱 | 貯金状況の見える化で確実に貯金

    チャンドラです。   Amazonで面白い貯金箱を見つけました。 トライエックスが販売しているカレンダー型の貯金箱です。これを使えば確実に年間10万円を貯金できそ …

爆笑 ww 社畜が外国人顧客から浴びせられた衝撃の言葉集

  お客様は神様です。 この言葉をよく聞きます。ですが顧客が外国人、特に欧米人だとこれは必ずしもあてはまりません。 「契約書は神様です」の方が正しでしょう。契約書に書いていることが全て、契約 …

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

  サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価 …

来た ww 社畜が念願の出社を開始。残念なお知らせを知る ww

  緊急事態宣言の解除を受けて私の会社もオフィス勤務が再開されました。再開されたとはいえ、人と人の距離を保つために席の間隔を工夫したり、出社日を隔日にしたりと定常業務に戻るにはまだまだ時間が …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ