資産運用

本で得た知識を投資に活用する方法

投稿日:2020年9月7日 更新日:




 

本を読む目的は2つあると思っています。一つは、純粋に読書を楽しむ場合。小説を読んで主人公に感情移入したり、地理や歴史の本を読んで教養を身につけたい場合がこれに当たります。

もう一つは、得た知識を活用して何かしたい場合。バイクが趣味ならバイク雑誌を読むし、仕事で会計を使うなら会計学の本を読むでしょう。

では本で得た知識を投資に活かしたいと考える場合、どんな本を読めばいいのか。本を読んで得た知識をどうやって投資に活かすか。

Sponsored Link



 

例えばインデックス投資の書籍を読めばインデックス投資に関して学ぶことができます。高配当投資に関する書籍を読めば高配当株の選び方を学ぶことができます。他にも投資関連の本を読めば、一括投資と積立投資のメリット・デメリットといった入金のタイミングも学べるでしょう。これは分かりやすい。

投資関連以外の本はどうでしょうか?私は「未来はどうなっているか?」に関する書籍が投資に役立つと思っています。何故なら投資をするときは、「株価が将来上がるか?」を考えて何に投資するかを決めるからです。

私がリタイアするのは30年後ですから、もう少し具体的に言うと「2050年に世界はどうなっているか」を予測するヒントを与えてくれる本。そんな本が投資に関するヒントを与えてくれると思っています。

 

Sponsored Link



 

では「2050年の未来を予測!」みたいなタイトルの本を漠然と読むのは良くないでしょう。まずは「今と比べて2050年に株価が大きく上昇しているのはどの国のどのセクターなのか?」という問いを立てるのです。本を読む目的は「資産運用に活かす」なのですから、この問いはストレートでよろしい。

そしてこの問いの答えを得るために、さらにいくつかの小問を立てるのです。例えばこんなかんじでしょうか。

(1) 2050年にどの国の株式指数が大きく上がるか?

(2) 2050年のGDPの世界ランキングは?

(3) 2050年の企業時価総額ランキングは?

(4) 現在絶好調のハイテク分野は2050年も好調か?

(5) 米国以外でGAFAのような企業が生まれるか?

まあ、(1)~(5)をピッタリ当てることなぞ不可能でしょうが、この答えを得る視点をもって本を読めば、投資のヒントを得ることができるのではないかと思います。

私の場合はインデックス投資しかしないと決めているので、「米国株式か?全世界株式か?それとも新興国の割合を増やすか?」というヒントを手に入れたいと思っています。(今は米国と全世界に均等に投資してます。)

セクターに関していえば分散するのが私のスタイルですが、「今後30年間ハイテク・セクターの支配的地位は揺るぎない」という強い確信を得れば、もしかしたらあるタイミングでハイテクETFにスイッチする可能性もゼロではありません。(今のところそのつもりはありませんが・・・)

というわけで、本の知識を投資に活かすならば、まずは問いを立てることから始めましょう。そして立ち読みなり、電子書籍のサンプルなりを見てみて答えが載ってそうなら、その本をじっくり読んでみればよろしい。そうすればハズレ本を買ってしまう可能性も減ります。

具体的にどんな本が活用できるかは今後記事で紹介していきます。

 

関連:

インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

株価の調整局面と弱気相場ってどう違うのよ?

  ニュース記事「S&P500銘柄、大半は既に調整局面か弱気相場入り。ところで、この記事の読者なら調整局面と弱気相場の違い、もちろん知ってるっしょ?」 私「知らぬわ ww」 &nbs …

朝起きたら40万円マイナス | 対中関税第4弾

  チャンドラです。   トランプ大統領がまたやってくれました。今年9月に中国からの輸入品のうち、これまで制裁対象外としていた約32兆円分の品目に対して10%の関税を課すと表明した …

残業時間上限規制は仕事大好き人間にとっては余計なお世話

  チャンドラです。   私は仕事が好きです。 仕事は簡単ではないし、プレッシャーもかかるし、ストレスもかかるし、心配で夜に眠れなくなることもあります。 それでも適度なプレッシャー …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ