社畜

「冬のボーナス96万円」報道に文句タラタラ

投稿日:2019年12月4日 更新日:




 

経団連によると2019年冬の大企業のボーナスの平均額は、過去最高の96万円に達したそうです。

ネットの掲示板は文句タラタラ。

「正社員なのにボーナスなし。うちの会社、マジで正社員のメリットない」

シャー〇みたいに破綻しねえかな~

「大手をサンプルにしてどうするの? 地元密着型の中小企業、あるいは弱小企業と呼ばれる会社をサンプルにしろよ。それが一番多いんだから」

大手ばかりズルイ。楽して大金かよ。

 

文句を書き込んだところで何も変わりません。

高いボーナスをもらっている人は、それなりに努力してきたし運もよかったということです。それをネチネチ言ってもしょうがないのです。

 

なかにはこんな人も。

看護師。
小さな診療所。
月曜日から土曜日まで働いて、
インフルエンザワクチンの会社に踊らされ、
毎日100バイアルすいあげ、
レントゲン室から処置室から心電図室まで走り回り、
器も血管も細かいババアから、
あなた、一回でしっかり採血してよとプレッシャーかけられ、
ボーナス8万って。
なんじゃ、こりゃ。

 

私は96万もいかないとしても、東証一部上場企業で50万円くらいはもらえる予定です。

企業で働いていると書類仕事や社内調整の仕事が多く、人の役に立つ仕事やってんのか?と自問するときがあります。

私から見れば、ババアにプレッシャーかけられる看護師の方がずっと人の役に立つ仕事をしていると思うのですが・・・

 

自分の仕事が人の役に立っているかどうかと

給料(ボーナスの額)に関係性はない

 

ということを10代のうちから知っておいたほうがいいですね。

 

ちなみにスレッドには明治時代の文筆家も登場したようです。

何故そんなに貰へるのでせうか。
之を格差と云ふのでせうか。
私は三萬圓も貰へれば御の字だと云ふのに。
税金許り高くなり、御給料は増へず、
毎日哭き乍ら暮してをります。
よはひ四十三にして未だ獨り身の私、
此の儘年老ひて死ねと云ふのでありませうか。
決して贅澤をしたいのでは有りません。
細やか乍ら普通の仕合せを手にする事は叶はないのでせうか。
高額の賞與を貰へ燥ぐ者の隂で
貧乏のどん底で這いずり廻る者もゐる事を主導者達は知つて置くべきでせう。

 

これは、せつない。

 

関連記事:

生活水準と消費税はいつの間にか上がる

日本すごい系は気持ち悪いのでもうやめてほしい

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

 

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その方法は現実的なのか? PCR検査

  私の仕事は技術的なサービス業。顧客の「こんなサービスを提供してほしい」という要望に対して技術的な提案をしていくのが仕事です。時には何千ページもある契約書をドサッと渡されて、「こんなサービ …

日本すごい系は気持ち悪いのでもうやめてほしい

  日本スゴイ系のテレビ番組とかネット記事がやたら多いのですが、見るたびに気持ち悪いな、と思います。 テレビで外国人に「日本のどこがすごいと思いますか?」と聞くとか、よくそんな恥ずかしいこと …

仕事で一番怖いのは病んで会社に行けなくなること

  チャンドラです。   私が仕事で一番気をつけていることは、病まないようにすることです。   私の勤めている会社では、数か月くらい会社に来なくなってしまう人がたまにいま …

女性が結婚相手に求める年収は600万。でも年収より大切なのは管理能力だッ!

  チャンドラです。   マイナビによると女性の半分が結婚相手に求める理想の年収が600万円と回答しています。 引用:マイナビ 年収600万円以上の25~34歳の独身男性はわずか3 …

クレジットカードを落として焦りまくってとった対応の結果 ww

  自慢ではないですが私はこれまでの人生で財布を落としたこともクレジットカードを無くしたこともありません。 買い物したらまずは財布をポケットかカバンに入れるのを絶対破らない習慣にしているから …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ