社畜

「冬のボーナス96万円」報道に文句タラタラ

投稿日:2019年12月4日 更新日:




 

経団連によると2019年冬の大企業のボーナスの平均額は、過去最高の96万円に達したそうです。

ネットの掲示板は文句タラタラ。

「正社員なのにボーナスなし。うちの会社、マジで正社員のメリットない」

シャー〇みたいに破綻しねえかな~

「大手をサンプルにしてどうするの? 地元密着型の中小企業、あるいは弱小企業と呼ばれる会社をサンプルにしろよ。それが一番多いんだから」

大手ばかりズルイ。楽して大金かよ。

 

文句を書き込んだところで何も変わりません。

高いボーナスをもらっている人は、それなりに努力してきたし運もよかったということです。それをネチネチ言ってもしょうがないのです。

 

なかにはこんな人も。

看護師。
小さな診療所。
月曜日から土曜日まで働いて、
インフルエンザワクチンの会社に踊らされ、
毎日100バイアルすいあげ、
レントゲン室から処置室から心電図室まで走り回り、
器も血管も細かいババアから、
あなた、一回でしっかり採血してよとプレッシャーかけられ、
ボーナス8万って。
なんじゃ、こりゃ。

 

私は96万もいかないとしても、東証一部上場企業で50万円くらいはもらえる予定です。

企業で働いていると書類仕事や社内調整の仕事が多く、人の役に立つ仕事やってんのか?と自問するときがあります。

私から見れば、ババアにプレッシャーかけられる看護師の方がずっと人の役に立つ仕事をしていると思うのですが・・・

 

自分の仕事が人の役に立っているかどうかと

給料(ボーナスの額)に関係性はない

 

ということを10代のうちから知っておいたほうがいいですね。

 

ちなみにスレッドには明治時代の文筆家も登場したようです。

何故そんなに貰へるのでせうか。
之を格差と云ふのでせうか。
私は三萬圓も貰へれば御の字だと云ふのに。
税金許り高くなり、御給料は増へず、
毎日哭き乍ら暮してをります。
よはひ四十三にして未だ獨り身の私、
此の儘年老ひて死ねと云ふのでありませうか。
決して贅澤をしたいのでは有りません。
細やか乍ら普通の仕合せを手にする事は叶はないのでせうか。
高額の賞與を貰へ燥ぐ者の隂で
貧乏のどん底で這いずり廻る者もゐる事を主導者達は知つて置くべきでせう。

 

これは、せつない。

 

関連記事:

生活水準と消費税はいつの間にか上がる

日本すごい系は気持ち悪いのでもうやめてほしい

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

 

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

孤独な人間のための「おひとり様信託」は案外いいかも・・・

  三菱住友信託銀行が「おひとりさま信託」というサービスを開始しました。 独身者の死後事務や遺品整理を一括してやってくれるサービスとのこと。 ホームページによると、こんなことをやってくれるそ …

日本は五輪で再生??五輪やる前にやることあるでしょ ww

  令和2年元旦の産経新聞の一面にオリンピックの記事が出ていました。 タイトルは「日本は五輪で再生する」 この30年余りの日本人は失い続ける時代を生きてきた。例えば経済。1989年の時価総額 …

貧乏だと心が醜くなる

    チャンドラです。   貧乏だと心が醜くなる、と思っています。高い確率で。   仕事が忙しくて忙しくてたまらないとき、涼しい顔した人にどうでもいいことを話 …

誰からも文句を言われない会社の飲み会を断る方法 ww

  前の記事からの続きです。   会社の飲み会に参加しないことで文句を言われないか心配な人いますよね?私が若手の頃にやっていた方法を紹介します。誰でもできる方法です。効果があるかど …

コロナ禍後の経済回復は2段階

  コロナ禍の経済回復は「V字型」なのか「U字型」なのか?バンガード社のレポートによると、その両方の要素があるそうです。バンガード社のレポートから引用。 バンガードのベースラインケースでは、 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ