資産運用

サラリーマンのボーナスは年齢別支給額に注目せよ

投稿日:




 

今年の大企業の夏ボーナスは92万円だそうです。NHKの記事から。

経団連は大手企業を対象にした、ことしの夏のボーナスの調査の1次集計を発表し、従業員1人当たりの平均で92万5000円余りと、前の年より6%減少しました。夏のボーナスをめぐっては新型コロナウイルスによる業績の悪化で支給額を例年より大幅に減らす企業もあり、中小企業の状況は特に厳しいと指摘されています。

 

この92万円が多いのか少ないのかはさておき、ボーナスの平均値を見ても大して参考にならないでしょう。

例えばボーナス60万円もらう30歳の人がいるとして、その60万円と92万円を比較することに意味はないということです。なぜなら、一般的にボーナスは年齢が上がるごとに上がっていくのだから、30歳のボーナスよりも、20~60歳のボーナスの平均値の方が高くなるのは当然でしょう。

もしも世間の平均値と比較して自分のボーナスが多いか少ないかを比較したいのなら、同じ年齢の平均値を比較しないと。

 

Sponsored Link



 

 

私の会社のボーナスは、基本給に一定の月数をかけて計算されます。基本給は年齢が上がるごとに増えていき、52歳当たりでピークとなりあとは減る感じです。

私の会社の年齢毎の平均基本給、従業員数をベースにして、ボーナスが平均92万円の場合にボーナスがどのように分布するかを計算してみました。これが下のグラフです。

30歳で70万円、40歳で110万円、50歳で140万円、という感じです。

つまり、もしも世間の大手企業の年齢毎の従業員分布と基本給分布が私の会社と同じだと仮定すれば、平均的な大手企業のボーナス支給額はだいたいこんな感じになるだろうということです。

 

 

で、こういうグラフが何に使えるかというと、生涯にわたっての資産運用計画でしょう。

私は30代前半ですが、50代までは(ダメ社員じゃなければ)ボーナスは増える予定です。家の購入などの大きな出費の予定はありません。だから若い30代のうちに現金をガンガン投資にまわしても、あとで多めの生活防衛資金が必要になったら、後年のボーナスをまわせばよい。

現在のボーナスは安心して投資にまわせばよい、という決断ができるわけです。(業績悪化のよるボーナス減額の可能性はありますが。)

平均値だけではなく分布をみれば計画を立てられる。

 

 

というわけで、サラリーマンは年齢別のボーナス支給額に注目しましょう。こっちの数字の方が有用性が高いことは間違いないです。

 

 

関連記事:

貯金もアリですね。リスク取って株式投資などで増やす必要がないなら。

貯金をディスる人 ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の積立額が800万円を超えた

  Sponsored Link   チャンドラです。   インデックス投資の積立額が800万円を超えました。2018年7月にインデックス投資を初めてから9か月でここまで …

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)の損益 | 2020年1月末

  私はeMAXIS Slim 米国株式 (S&P500)に毎週一定金額を積み立てています。Slim米国株式は「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2019」で2位 …

マネーフォワードMEで資産管理 | 複数口座・クレジットカードをもつならおすすめ

  チャンドラです。   資産管理をもっと簡単にしたいと思いマネーフォワードMEというアプリを使ってみました。まだ使い始めて数日ですが、予想以上に使いやすいアプリだと感じています。 …

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ