社畜

また顧客にボコボコにされて満身創痍な社畜 ww

投稿日:2020年7月9日 更新日:




 

サラリーマンはオワコン。

サラリーマンはオワコンだと言われています。上司が理不尽だからというのがよく挙がる理由です。上司を選ぶことはできない、と。これには同意しますが、別の要素も挙げたい。顧客の理不尽さも大きな要素だと。

仕事のストレスは顧客の質に大きく依存します。

 

では顧客の質とは何を意味しているかというと、正しい議論ができるか相手なのかどうか、だと思っています。

最近私がボコボコにされた例を挙げてみると・・・

私「御社から受けたコメントに関して、返答させて下さい」

客「オッス」

私「私たちが納める製品の部品が、契約書の第〇項に規定された要求を満たしているかどうか確認せよ、ということですが、××な理由で問題ないと結論つけました。」

客「ダメだ。」

私「・・・えっ??」

客「その部品の仕様に合意した覚えはない」

私「いやいや、仕様の詳細は契約書に書いてません。つまり我々が自由に決めてよいということでしょう。」

客「ダメだ。その部品はすごく重要な部品なんだ。材料は?仕様は?製作方法は?実績は?検査方法は?どこに合意書があるんだ?」

私「すでに全部過去に提出済みですよ。自分で見てくださいよ。」

客「ちょっと今スクリーンに映してほしい。」

私「これです。」

客「なんだこれは!こんな検査方法見たことないぞ。誰と合意したんだ?」

私「いや、だからこの仕様書は3か月前に御社のレビューにまわっていますよ。というか、今の議題は検査方法ではなく仕様に関する話で・・・」

客「お前には正しい仕様の製品が、正しい方法で検査されて、正しい状態で我々に納める義務があるんだ。契約に書いてるだろ。合意した覚えのないものを受け入れるわけにはいかない。」

私「いや、今は受けたコメントに関して話をしたくて、検査云々は別の議論でしょう。話をそらさず、コメントに対する返信に同意できるかを聞かせてください。」

客「ダメだ。おれが知りたいことを資料揃えて2日以内に全部送ってこい」

私「今更そんな追加コメントするのは遅いですよ。もう製品はほとんど出来上がっています。あなたが要求しているのは契約外のことです。」

客「そんなの知らねえ。俺は技術屋だ。俺が納得しなければ製作し直しだ。」

私「そんな・・・スケジュールに間に合いませんよ。」

客「それを何とかするのがお前たちの義務だ。遅れたら契約通り違約金払え。」

私「・・・話を上のレベルに挙げますよ。」

客「(ニヤリ)やってみろ。どっちみち意思決定するのは俺だ。」

 

 

Sponsored Link



 

 

どこの会社でも「顧客満足」が謳われているでしょう。常に顧客に寄り添って顧客と密にコミュニケーションをとって、顧客の要望に応えて、ビジネスをやっていく。

でも顧客が正しい議論ができない場合、顧客に寄りそうことは自殺行為になります。顧客とコミュニケーションをはかればはかるほど、もっとくれ、もっと説明しろ、と余計に仕事が増え得るのです。

その結果なにが起きるかというと、触らぬ神に祟りなし、という状態です。

 

 

でも私は社畜です。こうやって顧客にいじめられているわけですが、こういう顧客をあの手この手で攻略していくことに快感を覚えるのです。折れませんよ、私は ww

 

関連記事:

爆笑 ww 社畜が外国人顧客から浴びせられた衝撃の言葉集

グローバル・サラリーマンが英会話のコツを教える

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の人件費を計算してみて気が付いたこと ww

  自分の人件費がいくらか気になったので計算してみました。計算方法はこの記事を参考にしています。   本給:455万円 残業代:167万円 住宅手当:72万円 賞与:190万円 前 …

10万円の特別定額給付金が秒で消滅 ww

  御国から10万円の定額給付金を拝領しました。 でも一瞬で消えました。 今住んでいる賃貸住宅の契約更新料です。 いやー、まあ2年に1回契約更新する必要があると理解したうえで契約したけども、 …

お金をドブに捨てた黒歴史を紹介します

  チャンドラです。   お金をドブに捨てた経験はありませんか? 私はあります。今から思い返せば、なぜドブ捨て行為をしてしまったのかと後悔することばかりです。 私の黒歴史を紹介しま …

クソな業績面談で来年の昇給ナシが確定 ww

  サラリーマンの私は毎年この時期になると上司と業績評価の面談をします。自分が設定した目標と目標の達成度合いを話し合い、その中で成長できたことや成し遂げたことをアピールするんです。そこで評価 …

Googleがオイル&ガス企業にAIツールの提供をやめる

  Googleはオイル&ガス企業に対して人工知能や機械学習ツールの提供をやめるそうです。CNBCの記事から。 Google has pledged to stop building …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ