社畜

ブログ記事を毎日書くためにやっている超簡単なたった一つの方法を教えます ww

投稿日:2021年4月26日 更新日:

 




 

私はほぼ毎日ブログ記事を更新しています。毎日続けないといずれはやめてしまう性格なので、とにかく記事更新は死守という気持ちで更新しています。まあ趣味でやってるので止めたところで誰からも批判されない、自己満足ですけど

始めのうちは毎日更新は苦しかったんですが、私が仕事でやっているある一つの方法を取り入れたところ、毎日更新できるようになりました。とても簡単で誰でもできると思っています。

それは、書いてみようと思ったことはとにかくタイトルと概要だけドラフトしてどんどん貯めていく。後はまとまった時間に集中して完成させて投稿予約していく。」という方法。内容は後回しでどんどん貯める。で、週末などまとまった時間が取れたときにガーっと記事を書いてどんどん投稿予約していくんです。ちなみに今は1か月先の記事まで予約しています ww

 

Sponsored Link



 

例えばこの記事は鬼上司エピソードですが、まずは鬼上司の発言を思い出しながら、内容をベタ打ちして保存しておく。その後、たまたまプレジデントの記事を見つけたので、鬼上司エピソードとミックスして記事を仕上げた、という感じです。

「めんどくさい人を一発で黙らせる天才的な質問」が使えねぇ ww 私がもっと効果的な方法を教える。

 

記事を作るのが一番楽なのは実は金融工学系。これはすでにエクセルで計算式が出来上がっています。だから、将来リターンの記事を書きたいな、とか元本割れ確率を書きたいな、と思えばタイトルだけ用意してドラフト保存しておく。あとは暇なときに計算してグラフ作って結論書けば終わりです。

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

書評記事も同様。本を読んで気になった部分はすぐに引用形式で書いて保存しておく。あとは、その引用に関する私の思いを加えれば終わり。

(書評) 社畜は必読の「テヘランからきた男」。名門企業も容易に転落する様子は読んでいて虚しくなる

 

Sponsored Link



 

というわけで毎日記事を更新するコツは、「とにかくタイトルと概要だけドラフトしてどんどん貯めていく。後はまとまった時間に集中して完成させて投稿予約していく。」です。

はじめに書きましたが、これは私の仕事のやり方から着想を得ました。(というか何かのハウツー本に書いていた ww)

私はメールをもらったら早く返すことを心がけているのですが、返信するために資料を参照するなどの調べ物が必要になって、早く返信できないことも多いです。そういうときは、とにかく返信できる内容だけは書いておいてドラフト保存。あとは調べ物が終わったらその内容を追記して返すようにしています。これと同じことをブログでもやってる、という感じですね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浪人は大きな経済的損失です ww

  大学2次試験の時期がきましたね。私は志望校に合格することができず、浪人しました。 私が浪人したときは頭が悪過ぎて気が付かなかったのですが、浪人は単に自分の能力不足を思い知らされるだけでは …

自分の人件費を計算してみて気が付いたこと ww

  自分の人件費がいくらか気になったので計算してみました。計算方法はこの記事を参考にしています。   本給:455万円 残業代:167万円 住宅手当:72万円 賞与:190万円 前 …

【節約法】最強の節約法は実家暮らし!モテないとか関係ねぇ!

  チャンドラです。   実家暮らしをしている男性は女性からネガティブに捉えられるそうです。「実家暮らし モテない」で検索すると似たようなサイトがたくさん出てきます。実家暮らしの男 …

宝くじを買う人間は本当にバカなのか

  資産運用をするような金融に対する知識が高い人々の間では、「宝くじを買う人間はバカ」と考える人が多い。宝くじを買っても購入者に還元される金額は45%くらいしかなく、さらに損する可能性が高い …

低所得者に多い喫煙率 ww タバコ代を運用した方がいいわ

  時事通信の記事によると年収200万円未満の男性の3人に1人がタバコを吸うそうです。   習慣的に喫煙をしている男性の割合は、年間所得が200万円未満が34.3%だった一方、20 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ