社畜

ブログ記事を毎日書くためにやっている超簡単なたった一つの方法を教えます ww

投稿日:2021年4月26日 更新日:

 




 

私はほぼ毎日ブログ記事を更新しています。毎日続けないといずれはやめてしまう性格なので、とにかく記事更新は死守という気持ちで更新しています。まあ趣味でやってるので止めたところで誰からも批判されない、自己満足ですけど

始めのうちは毎日更新は苦しかったんですが、私が仕事でやっているある一つの方法を取り入れたところ、毎日更新できるようになりました。とても簡単で誰でもできると思っています。

それは、書いてみようと思ったことはとにかくタイトルと概要だけドラフトしてどんどん貯めていく。後はまとまった時間に集中して完成させて投稿予約していく。」という方法。内容は後回しでどんどん貯める。で、週末などまとまった時間が取れたときにガーっと記事を書いてどんどん投稿予約していくんです。ちなみに今は1か月先の記事まで予約しています ww

 

Sponsored Link



 

例えばこの記事は鬼上司エピソードですが、まずは鬼上司の発言を思い出しながら、内容をベタ打ちして保存しておく。その後、たまたまプレジデントの記事を見つけたので、鬼上司エピソードとミックスして記事を仕上げた、という感じです。

「めんどくさい人を一発で黙らせる天才的な質問」が使えねぇ ww 私がもっと効果的な方法を教える。

 

記事を作るのが一番楽なのは実は金融工学系。これはすでにエクセルで計算式が出来上がっています。だから、将来リターンの記事を書きたいな、とか元本割れ確率を書きたいな、と思えばタイトルだけ用意してドラフト保存しておく。あとは暇なときに計算してグラフ作って結論書けば終わりです。

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

書評記事も同様。本を読んで気になった部分はすぐに引用形式で書いて保存しておく。あとは、その引用に関する私の思いを加えれば終わり。

(書評) 社畜は必読の「テヘランからきた男」。名門企業も容易に転落する様子は読んでいて虚しくなる

 

Sponsored Link



 

というわけで毎日記事を更新するコツは、「とにかくタイトルと概要だけドラフトしてどんどん貯めていく。後はまとまった時間に集中して完成させて投稿予約していく。」です。

はじめに書きましたが、これは私の仕事のやり方から着想を得ました。(というか何かのハウツー本に書いていた ww)

私はメールをもらったら早く返すことを心がけているのですが、返信するために資料を参照するなどの調べ物が必要になって、早く返信できないことも多いです。そういうときは、とにかく返信できる内容だけは書いておいてドラフト保存。あとは調べ物が終わったらその内容を追記して返すようにしています。これと同じことをブログでもやってる、という感じですね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アジア人はコロナウイルス感染率が低いのか?

  コロナウイルスの感染者数のデータを眺めていると面白いことが分かる。アジア人の感染率が低いのだ。 ためしにグーグルのサイトで手に入るデータを使って人口100万人あたりの感染者数を少ない順に …

自分の努力や行動でコントロールできないことに意識を向けるな。

  私がとても大切にしている考え方は「自分でコントロールできないことに意識を向けるな」ということ。 確かアドラー心理学の本に書いてあった記憶があるんですが、最近読んだ「大富豪ロスチャイルド家 …

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

  NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。 携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格 …

辛い時、悲しい時、十分生きていける資産があれば乗り越えられる。

    人生の悩みは「金・健康・人間関係」と言われますが、生きていくのに十分な資産があれば「金」の悩みは払拭できます。 金で何でも買えるわけではないし、金で全てが解決するわけではな …

いまどき銀座接待 ww

  私は社会人になって接待をしたことがありません。 顧客と親交を深める目的で食事会をすることはあるのですが、それでも一人数千円を超えるときは上位者の許可がいるし、ましてや銀座で接待するので会 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ