資産運用

投資信託の初心者にすすめる emaxis slim 全世界株式(除く日本)の評価

投稿日:2019年8月1日 更新日:

 

チャンドラです。

 

私の会社にも新入社員が数十名入社して来ました。彼らは社内SNSのようなものを使って、自分たちで色々な勉強会を企画して活動をしています。

私がすごいな!と感じたのは「資産運用を勉強する会」を立ち上げて資産運用を勉強している点です。私が入社したころは、資産運用なんて1ミリも興味がありませんでした。新入社員向け研修の一環でフィナンシャル・プランナーが来て投資信託の講義がありましたが、普通に寝ていました。今から考えればこのときにもう少し真面目にお金について学んでおけば、今の運用でもっと利益が出せていた(はず)ととても後悔しています。とにかく、新社会人のうちに資産運用を勉強しようとする意識の高さはすごい!と感じています。

実は私の周りでも資産運用を考えている若手社員が増えていて、何に投資すればいいかたまに聞かれます。色々投資するのは難しいから、どれか一つに絞りたいとも言われます。そんな時、私はemaxis slim 全世界株式(除く日本)を勧めています。

 

Sponsored Link



 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)は私がメインで積み立てているインデックス・ファンドの一つです。私がお勧めする最大の理由は、これ1本で日本を除く全世界の株式に投資することができるからです。詳細は下の記事に書いていますが、株式の割合は先進国88%、新興国12%です。特に経済規模が大きい米国の割合が全体の62%を占めます。

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

 

もう一つの理由は日本を抜いているという点です。私は日本の将来の経済状況には悲観的です。人口が減り、同時に超高齢化社会に突入、かといって若い優秀な頭脳が海外から集まることも期待できないので、日本株を長期的に投資し続けるのはためらいがあります。

一方で新興国株には将来性を感じています。これからは中国とインドはもちろんのこと、インドネシアやブラジルといった国の存在感が高まっていきます。それらの国の株式はリスクが高いけれど、将来性を考えると捨てがたいので、ポートフォリオには入れておきたい。そんな人にはemaxis slim 全世界株式(除く日本)はうってつけだと思います。

 

2050年の世界GDPランキング予測

 

さらに、売買手数料は不要、ファンドに払う信託報酬は0.15%と格安です。

myIndexによると現時点で年率リターンは7.3%、リスクは18.1%です。

シミュレーションによれば、30年間毎月5万円をつみたてると、積立額1800万円に対して期待リターンは6200万円にも達します。そして約70%の確率で、期待リターンは3000万円から9000万円に間に入ります。言い換えると元本割れする可能性は低く、大きく資産を増やせる可能性が高いです。

 

Sponsored Link



 

ちなみに私はこのファンドに積み立て始めて約9ヶ月が経ちますが、今のところ約6%に利益が出ています。その間大きくマイナスになることも経験しましたが、今ではプラスです。

 

以上が私が勧めるemaxis slim 全世界株式(除く日本)の紹介でした。これからインデックス投資を始める方の参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。 会社の規定で毎月16,000円を運用しています。 法令によると拠出額の上限は27,500円です。 確定拠出年金は節税効果 …

バビロンの大富豪 | 社畜による「黄金の七つの知恵」の解説と実践方法

  「バビロンの大富豪」は富を増やす不変の法則を紹介しています。 1920年に出版された本書は、今でも多くの人々に愛読されている名著です。   バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」は …

奨学金は一括返済が得なのか?

チャンドラです。   私は大学院の学生時代に無利子の奨学金を借りていました。2年間で合計120万円を借りていました。社会人になった後に返済を開始し、毎月8000円ずつ返済しています。全て返済 …

2009年から2018年の株式・債券の値動き | 国内・外国・分散

  チャンドラです。   J-PEC (ジャパン・ペンション・ナビゲーター)が2009年から2018年の主要資産の値動きを発表しています。対象資産は国内株式、国内債券、外国株式、外 …

テスラがS&P500指数に追加されても指数が不安定になるわけではない。

  遂にテスラがS&P500指数に追加されることが決まりましたね。追加されればいきなりS&P500構成銘柄のトップ10に入ります。 ところで、テスラは異常に時価総額が高い割に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ