資産運用

株の大バーゲン!しかしリーマンには金がない ww

投稿日:2020年3月22日 更新日:

Sponsored Link



 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

株価が暴落して「株のバーゲンセールだ!」という論調が目立ちますね。Bloombergの記事から。

過去数週間に世界各地の株式指数は急落。新型コロナウイルス感染拡大による長期的な影響への不透明性が主な理由で、航空会社やショッピングモール運営会社などは時価総額が半分以下に減少した銘柄もある。

アックマン氏は18日、「現在の危機が正しく制御されるなら、一生に1度あるかどうかの大バーゲンだ」とツイート。そうなるための条件に、米国が一時的に国境を閉鎖することなどを挙げた。

今が絶好の買い時であることは理解できます。が、なんせサラリーマンは金がないのです ww 例えば私の場合、生活費を引いて手元に残る20万円を毎月積立投資しています。さあ絶好の買い時がきました!とか言われても20万円しか出せねーとよ。たいていのサラリーマンはこんな感じでしょう。20万円ごとき一括で入れたところで、S&P500が3,200に戻っても26万円にしかならないという 。小遣いレベル ww

株価が暴落したらその後どのように上昇していってほしいかと考えると、2つの考え方ができます。1つはV字回復。2つ目はダラダラと低空飛行しながら上昇。手元に大した現金がなく給料の手取りを取り崩しながら投資する場合、好都合なのはもちろん後者です。何故なら低価格で株を買い続けることができるから。V字回復する方が心理的には安心ですが、長期投資で資産を増やすという観点からは好ましくない。

というわけで、株価はずーっとダラダラ低迷し続けてください。できればボーナスが出る7月まで ww ヨーロッパの感染拡大が収まりそうになく、東南アジアにも感染者が増えていることを考えると、今年いっぱいは株価低迷が続くこともありえるかもしれません。株価が低い期間が長ければ長いほどブログで含み損を晒し続けることになりますが、その後で上昇したときに得られる果実は大きい。

 

ランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「メガバンクはあの手この手で手数料を取る」というかATMとか通帳で手数料取るのは当然では?

  みずほ銀行のATMからキャッシュカードや通帳が戻らない大規模なトラブルがあったようですね。キャッシュカードが出てこないのは怖いな ww ATMのシステムに詳しくはないのですが、データ移行 …

ケインズによると「投資」と「投機」は予測する「対象」が異なる。

  世界で初めてインデックス・ファンドを設定したジョン・ボーグル氏の著書「人生のダイヤモンドは足元に埋まっている」からの抜粋。 現在ではほとんど忘れ去られてしまったが、投資と投機は、昔から明 …

アクティブファンドの高い信託報酬は「逆配当」みたいなものか。

  最近、あるアクティブ・ファンドの広告がやたら出てくるので信託報酬を調べてみたら2%でした。 2%って・・・マジかと ww そのアクティブ・ファンドの信託報酬2%が適正なのかどうかは判断尽 …

本気で薦めるインデックス投資の本を紹介。これ読んどけば踏み外さない。

  Amazonで「インデックス投資 本」と検索すると、たくさんの本が出てきます。 タイトルに「インデックス投資」と入っているものでも30冊近くあるし、タイトルに書いていなくても中を見れば内 …

副業で月10万円欲しい。副業でインデックス投資のメリットを活かす。

  パーソル総合研究所の調査によると、副業収入の月収中央値は4.1万円だそうです。時給換算で1,883円。 ちなみに月収分布では5~10万円が一番多いようです。 私はこれまで副業に力を入れて …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ