資産運用

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

投稿日:2020年2月5日 更新日:




 

相手にもっと質問しろ。もっと相手の意図を探れ。

人材開発系の欧米人のオッサンと話したときに言われた言葉です。日本人はハイコンテキストな文化(みなが同じ価値観を共有する社会だから、伝える努力をしなくてもなんとなく相手に伝わる文化)だから曖昧な言葉で会話しすぎだ。外国人相手はそれじゃだめだ。相手と会話するときはもっと注意深く、もっと正確な言葉のキャッチボールをしてお互いの意図を探れ、と。

そこでふと思ったのが最近問題になっている、高齢者が金融機関の窓口でハイリスクな金融商品を買わされる問題。例えばこんな問題↓

昨年、講演の終了時、出席されたお客様から次のような相談を受けました。その方は、退職金の運用で某大手証券会社に相談に行ったところ、担当者からトルコリラ債の購入を勧められて退職金のほとんどをつぎ込んでしまい、それが大きく値下がりをしているというのです。老後の計画が大きく狂ってしまった。どうしたらいいのかというご相談でした。最終的にはご本人の意思で決定したことですから責任の全てが証券会社にあるとは申しませんが、やはりこの時も、かんぽ生命の時に感じた同じ怒りが込み上げてきたのを覚えています。

引用:投信資料館

 

残りの人生が短い高齢者が退職金で特定の新興国通貨建ての債券を買わせるとかヤバすぎんだろ ww と思うのですが、

クソみたいな商品を金融商品を買ってしまうのはハイコンテキストな文化に慣れてしまっているせいかもしれないな、と思うのです。

 

Sponsored Link



 

ハイコンテキストな文化、つまり多くを語らなくても相手が自分の意図を分かってくれるような環境で育った人は、証券会社のオッサンと話すときはこう考えるでしょう。

「まとまった退職金が手に入ったから運用して増やしたい。銀行は低金利で資産が増えないので、資産が増やせるおススメのファンドを知りたい。金融のプロに相談すればリターンが大きいファンドを探してくれるだろう。手数料がちょっとぐらい高くてもリターンが大きければいいよね。まあそれくらい言わなくても分かってくれるでしょ。私は客だからな ww 日本ではお客様は神様なんだ ww。おススメされたファンドはトルコリラ建債券?なんか聞いたことあるな。利回り15%!めっちゃエエやん。最近人気が出てるの?間違いないやん。それで行きますわ!兄ちゃん、ええ仕事してまっせ ww」完全なカモですね ww

自分の意図と相手の意図をハッキリさせる。これを大切にしていればクソみたいな金融商品を買わされることもないんですよ。自分の意図が退職金2000万円を80歳までに3000万円に低いリスクで増やすことなのであれば、年利3%のインデックス・ファンドで運用すればいいんですよ。自分と対話して自分の意図を確認せずに高リターンに飛びつくから爆死するんです ww

自分の意図を確認したら次はそれを実現すべく相手と対話するんです。自分の意図が年利3%で実現できることなのに、営業のオッサンがトルコリラ建て債券を薦めてきたら、自分の意図が伝わっていないということです。そこで何をするか?相手の意図を探るんですよ。「なんでトルコリラを薦めるのですか?利回り15%とありますが、それは手数料引いた値ですか?リスクはどれくらい高いのですか?リスクと利回りを裏付けるデータはありますか?なぜトルコなんでしょうか?」こうやって色々質問することで相手の隠された意図を引き出すんですよ。まあ営業のオッサンの意図は確認するまでもなく「高い手数料」と「ノルマ達成」なんですけどね ww

Sponsored Link



 

トルコリラはちょっと極端だとしても、「儲かるっぽい」ファンド、例えばハイテク関連企業に特化したファンドとかエネルギー関連企業に特化したファンドとか、なんでもいいんですが、なぜ相手がそれを薦めるのか、それが自分の意図とマッチしているのか、ちゃんと自分が納得してからファンドを買いましょう。これはすごくエネルギーを使うことです。でもキチンとやるべきことです。だって汗水垂らして得た大切なお金ですから。

まあここまで長々と書きましたが、私は絶対に金融機関の窓口でファンドを買いません。

だって証券屋と対話するの面倒くさいでしょう ww

それで全然問題ないんですよ。なぜなら私は自分の意図が明確で、自分の意図を実現するためにはネット証券でインデックス・ファンドを買うだけで十分だとしっかり認識しているからです。

 

関連記事:

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

 

こちらからブログランキングへ戻れます:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天カード・楽天銀行・楽天証券を利用すると? | 還元率をケーススタディ

    チャンドラです。 楽天カードが気になっています。私はこれまでオリコカード一択だったのですが心がグラついています。 楽天銀行や楽天証券などの金融サービスも合わせて利用するとポ …

社畜のインデックス投資の目標(50歳で1.5億円)

  私は毎週一定金額をインデックスファンドに積み立ています。 具体的には資産の約90%を米国株式インデックスと全世界株式インデックスに投資しています。現金を銀行に寝かせるのではなく、成長続け …

プラス16万円 | インデックス運用成績 | 2020年7月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,580万円 評価額:2,761万円 先週の損益:+165万円(+6.0%) 今週の損益 …

インデックス投資運用成績 | 2020年4月中旬 | 改善の兆し ww

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:40万円 積立総額:2,316万円 評価額:2,186万円 損益:-130万円 (-5.9%)   …

積み立てNISAは年初に40万円一括投資すべきか?

  読者様から質問をいただきました。コメント欄で返信済みですが、なかなか面白い質問だったので記事に残しておきます。 ちよっと長いですが、20年間長期投資するとして積立nisaの上限額40万円 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ