資産運用

平均的な上場企業社員が年利5%で運用した結果 ww 2000万円いくか?

投稿日:2020年1月17日 更新日:




 

上場企業の社員の平均年収は613万円です。平均的な上場企業の正社員が年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして愛知県の平均年収613万円のマルサンアイという食品会社の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積立てることを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は522万円、48歳で最高額の644万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

年収の5%を運用にまわすとします。年間約30万円に相当します。月当たり約2.5万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:903万円

総資産:2066万円

利益:1163万円

 

というわけで給与が平均的な上場企業の社員が給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が2000万を超えることが分かりました。米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

ちなみに給与の10%を運用するとどうなるか?これは毎年60万円、毎月約5万円を運用にまわすのに該当しますが、投資額1800万円に対して、評価額は4100万円になりました。給与610万円なら手取りはおよそ430万円。ここから60万円を出すのはちょっと厳しいかもしれませんね ww  あくまでケーススタディです。参考にしてください。

 

関連記事:

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

ドル・コスト平均法のシミュレーション

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが …

グローバル3倍3分法ファンドの評価。シャープレシオは高いが私なら買わないな ww

  グローバル3倍3分法ファンド。 そういうファンドがあることは知っていましたが、私は3倍レバレッジという時点で却下というスタンスなので、今まで中身を真面目に見たことはありませんでした。(却 …

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

  また読者様から質問を受けました。本当にありがとうございます ww 積立NISAを始めるところです。eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) かSBI・バンガード・S&a …

株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本でほぼ決まるのではないか?

  インデックス投資であれ高配当株投資であれ、株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本に大きく影響を受けるのではないかと思っています。 私は一貫してインデックス投資をしています。私がこれまで読 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ