資産運用

平均的な上場企業社員が年利5%で運用した結果 ww 2000万円いくか?

投稿日:2020年1月17日 更新日:




 

上場企業の社員の平均年収は613万円です。平均的な上場企業の正社員が年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして愛知県の平均年収613万円のマルサンアイという食品会社の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積立てることを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は522万円、48歳で最高額の644万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

年収の5%を運用にまわすとします。年間約30万円に相当します。月当たり約2.5万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:903万円

総資産:2066万円

利益:1163万円

 

というわけで給与が平均的な上場企業の社員が給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が2000万を超えることが分かりました。米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

ちなみに給与の10%を運用するとどうなるか?これは毎年60万円、毎月約5万円を運用にまわすのに該当しますが、投資額1800万円に対して、評価額は4100万円になりました。給与610万円なら手取りはおよそ430万円。ここから60万円を出すのはちょっと厳しいかもしれませんね ww  あくまでケーススタディです。参考にしてください。

 

関連記事:

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

ドル・コスト平均法のシミュレーション

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックスファンドとETFどちらで積み立てるか

    チャンドラです。 私はインデックスファンドに投資していますが、それと似たものにETF (Exchange Traded Fund)があります。 自分でも違いをよく知らなかっ …

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

  私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。 例えば30歳で手元に5 …

他人に評価損を指摘されると腹立つ ww

  3月16日の米国株式市場は大荒れ。S&P500は12%安の2386まで下げました。2019年の上昇分をほぼ全て失うという結果に。こんなに下がると思っていませんでした。ゴールドマン …

なんで株価暴落で狼狽売り ww

  S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww インデックス1本 …

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ