資産運用

平均的な上場企業社員が年利5%で運用した結果 ww 2000万円いくか?

投稿日:2020年1月17日 更新日:




 

上場企業の社員の平均年収は613万円です。平均的な上場企業の正社員が年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして愛知県の平均年収613万円のマルサンアイという食品会社の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積立てることを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は522万円、48歳で最高額の644万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

年収の5%を運用にまわすとします。年間約30万円に相当します。月当たり約2.5万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:903万円

総資産:2066万円

利益:1163万円

 

というわけで給与が平均的な上場企業の社員が給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が2000万を超えることが分かりました。米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

ちなみに給与の10%を運用するとどうなるか?これは毎年60万円、毎月約5万円を運用にまわすのに該当しますが、投資額1800万円に対して、評価額は4100万円になりました。給与610万円なら手取りはおよそ430万円。ここから60万円を出すのはちょっと厳しいかもしれませんね ww  あくまでケーススタディです。参考にしてください。

 

関連記事:

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

ドル・コスト平均法のシミュレーション

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 インデックス・ファンドを選ぶうえで重要なのは信託報酬の低さです。信託報酬とは、投資信託を保有する代わりに …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

1年間で最も読まれた記事は金融工学系シリーズ

  昨年は少し趣向を変えて金融工学に関する記事をポツポツ書き出しました。 私が投資している米国S&P500の将来のリターンを金融工学の価格変動モデルを使って予測してみたいというのが動 …

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

  人が資産運用を始めるときに、まずは目標を立てた方がいいと思っています。企業が経営計画を立てるとの同じです。当たり前ですよね?でも実はやってる人は多くないと思います。ファイナンシャル・プラ …

米国株式時価総額はパレートの法則 (80:20の法則)に従うか?

  経済学でよく使われるのがパレートの法則です。別名80:20の法則とも言われていて、「全体の数値の大部分は全体を構成する一部が生み出している」ことを言います。 パレートの法則に従う現象には …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ