資産運用

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

投稿日:2018年12月23日 更新日:

 

チャンドラです。

 

日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。

データはOECDのデータベースを使用しました。

 




 

平均賃金は他国に抜かれている

 

下のグラフは1995年から2017年までの主要先進国の平均賃金 (USD)の推移です。

1995年に日本の順位はアメリカとドイツに次いで3番目でしたが、その後20年でイタリア以外のすべての先進国に抜かれています。また1995年にアメリカとの差は約5,000 USDでしたが、2017年には20,000 USDまで広がりました。そして2017年のアメリカの平均賃金は日本の1.5倍です。

 

 

平均賃金は20年間変化していない

 

以下が1995年の平均賃金を100とした場合の各国の上昇率を示したグラフです。

日本以外の国は全て平均賃金が上昇しています。最も伸びているのはカナダで約1.4倍となっています。日本と産業構造やGDPが近いドイツでさえも1.2倍となっています。

 

つまり日本は1995年以降平均賃金は他の先進国に抜かれ、かつ上昇すらしていないということです。

その理由の一つが労働分配率の低さです。下の図は労働分配率と企業の取り分を示しています。2010年以降の企業の取り分は1995年に比べて増加し、労働分配率は大きく下げています。つまり利益を従業員に還元していない。理由は先行きが不透明なので内部留保としてため込んでいる為です。加えて企業の株主重視の姿勢が強まっており、従業員に還元する代わりに株主への配当金を増やしている為です。

 

参考:MUFG

 

私はサラリーマンという道を選び、今は幸運にもキツイがやり甲斐のある仕事ができています。それでもこのグラフを見ると、自分の給料が今後大きく上がっていくとは思えません。残念な気持ちになります。

幸いサラリーマンは収入が安定しているという強みがあります。今後も企業でサラリーマンとして働いていくであろう自分がやるべきことは、仕事のスキル(問題解決力、英語、交渉力、金融の知識)を高めて社会で食っていける人間になること、そして倹約に努め成長が期待できる株式に投資して資産を増やすことだと思っています。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


  1. […] 日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える […]

  2. […] てこれからどんどん経済は停滞していくと予想しています。しかも日本人の賃金は20年間増加していないのです。より高い賃金を求めて多くの日本人が海外に職を求めて流出していく日も […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

独身リーマンなら株価暴落は痛くも痒くもない ww

  インデックス投資の含み益350万円が吹っ飛んでほぼゼロになりましたが、独身なら痛くも痒くもない ww 守るべきものがないので ww そう。たとえ株価が暴落しても、定職をもっていて毎月まと …

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …

NISAの運用成績 | eMAXIS Slim 先進国株式 | 2020年2月末

  私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の2 …

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ