資産運用

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

投稿日:2018年12月23日 更新日:

 

チャンドラです。

 

日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。

データはOECDのデータベースを使用しました。

 




 

平均賃金は他国に抜かれている

 

下のグラフは1995年から2017年までの主要先進国の平均賃金 (USD)の推移です。

1995年に日本の順位はアメリカとドイツに次いで3番目でしたが、その後20年でイタリア以外のすべての先進国に抜かれています。また1995年にアメリカとの差は約5,000 USDでしたが、2017年には20,000 USDまで広がりました。そして2017年のアメリカの平均賃金は日本の1.5倍です。

 

 

平均賃金は20年間変化していない

 

以下が1995年の平均賃金を100とした場合の各国の上昇率を示したグラフです。

日本以外の国は全て平均賃金が上昇しています。最も伸びているのはカナダで約1.4倍となっています。日本と産業構造やGDPが近いドイツでさえも1.2倍となっています。

 

つまり日本は1995年以降平均賃金は他の先進国に抜かれ、かつ上昇すらしていないということです。

その理由の一つが労働分配率の低さです。下の図は労働分配率と企業の取り分を示しています。2010年以降の企業の取り分は1995年に比べて増加し、労働分配率は大きく下げています。つまり利益を従業員に還元していない。理由は先行きが不透明なので内部留保としてため込んでいる為です。加えて企業の株主重視の姿勢が強まっており、従業員に還元する代わりに株主への配当金を増やしている為です。

 

参考:MUFG

 

私はサラリーマンという道を選び、今は幸運にもキツイがやり甲斐のある仕事ができています。それでもこのグラフを見ると、自分の給料が今後大きく上がっていくとは思えません。残念な気持ちになります。

幸いサラリーマンは収入が安定しているという強みがあります。今後も企業でサラリーマンとして働いていくであろう自分がやるべきことは、仕事のスキル(問題解決力、英語、交渉力、金融の知識)を高めて社会で食っていける人間になること、そして倹約に努め成長が期待できる株式に投資して資産を増やすことだと思っています。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テスラがS&P500指数に追加されても指数が不安定になるわけではない。

  遂にテスラがS&P500指数に追加されることが決まりましたね。追加されればいきなりS&P500構成銘柄のトップ10に入ります。 ところで、テスラは異常に時価総額が高い割に …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

  チャンドラです。   自分の人生設計を考えるうえで必要なのは、自分が将来どれだけの給料をもらえるかを知ることです。なぜならそれを知らないと将来子供を何人養っていけるかとか、どれ …

元本割れしにくいインデックスファンドはどれか? | シミュレーションした結果

  チャンドラです。   前回の記事でリスク・リターンと元本割れする確率の関係を調べました。結果は次の通りでした。   リスクが低くリターンが高い:利益は大きくなる リス …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ