資産運用

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

投稿日:2018年12月23日 更新日:

 

チャンドラです。

 

日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。

データはOECDのデータベースを使用しました。

 




 

平均賃金は他国に抜かれている

 

下のグラフは1995年から2017年までの主要先進国の平均賃金 (USD)の推移です。

1995年に日本の順位はアメリカとドイツに次いで3番目でしたが、その後20年でイタリア以外のすべての先進国に抜かれています。また1995年にアメリカとの差は約5,000 USDでしたが、2017年には20,000 USDまで広がりました。そして2017年のアメリカの平均賃金は日本の1.5倍です。

 

 

平均賃金は20年間変化していない

 

以下が1995年の平均賃金を100とした場合の各国の上昇率を示したグラフです。

日本以外の国は全て平均賃金が上昇しています。最も伸びているのはカナダで約1.4倍となっています。日本と産業構造やGDPが近いドイツでさえも1.2倍となっています。

 

つまり日本は1995年以降平均賃金は他の先進国に抜かれ、かつ上昇すらしていないということです。

その理由の一つが労働分配率の低さです。下の図は労働分配率と企業の取り分を示しています。2010年以降の企業の取り分は1995年に比べて増加し、労働分配率は大きく下げています。つまり利益を従業員に還元していない。理由は先行きが不透明なので内部留保としてため込んでいる為です。加えて企業の株主重視の姿勢が強まっており、従業員に還元する代わりに株主への配当金を増やしている為です。

 

参考:MUFG

 

私はサラリーマンという道を選び、今は幸運にもキツイがやり甲斐のある仕事ができています。それでもこのグラフを見ると、自分の給料が今後大きく上がっていくとは思えません。残念な気持ちになります。

幸いサラリーマンは収入が安定しているという強みがあります。今後も企業でサラリーマンとして働いていくであろう自分がやるべきことは、仕事のスキル(問題解決力、英語、交渉力、金融の知識)を高めて社会で食っていける人間になること、そして倹約に努め成長が期待できる株式に投資して資産を増やすことだと思っています。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

物価は奥が深くて面白い。名著「物価とは何か」でインフレ・デフレを学ぶ。

  経済学にはとことん疎い私が経済学関係の本で、コレは面白いな!と感心したのが「物価とは何か」という本。これは名著リスト入りだな・・・。 私が面白いなと思ったのが物価を決める大きな要素が人々 …

【本業+副業+投資】2021年は5,963万円でフィニッシュ (年初来2,064万円増加)

  2021年12月末の資産運用状況を公開します。   資産総額:5,963万円 投資金額:3,367万円 評価額:5,511万円 損益:+2,144万円 (+63.7%) 現金: …

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

当たり前の事を継続するのが難しいから失敗する。苦しむ。後悔する。

  京都の広隆寺という寺は国宝の弥勒菩薩像で有名なのですが、ここには仏教の十善戒を掲示があります。 生き物を殺しません。 物を盗みません。 みだらな男女の関係をしません。 ウソ偽りを言いませ …

1000万円貸してと頼まれたらいくら貸せばいいか?現在価値で考える

  人から金を貸してと頼まれる人は結構多いようです。そしてそれを後悔する人も。ちなみに私は人に金を絶対貸さないようにしています。まあ親戚や親しい友人に1万円貸してと言われれば考えますが、10 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ