資産運用

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

投稿日:




 

タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見ても何も参考になりませんからね。

サラリーマンの平均年収は441万円です。平均的なサラリーマンが年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして平均年収441万円の島根銀行の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積み立てて運用することを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収の5%を運用にまわすとします。年間約24万円に相当します。月間約2万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:689万円

総資産:1,546万円

利益:857万円

 

というわけで給与が平均的なサラリーマンが給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が1500万を超えることが分かりました。老後必要と言われている2000万円には届きませんね。

 

ちなみに給与の10%を運用にまわせば投資額1377万円に対して評価額は3092万円になります。給与の10%は年間50万円程度で月当たり4万円です。年収441万円だと手取りは約320万円なので、ここから年間50万円を運用にまわすのは厳しそうです。やはり給与5%の年間24万円を運用にまわすのが現実的か。

 

米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

関連記事:

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

なんで株価暴落で狼狽売り ww

  S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww インデックス1本 …

【質問】なぜインデックスファンドだけをひたすら買うの?

  私のような社畜にも珍しく読者様から質問を受けました。 なぜインデックスファンドだけをひたすら積み立てているのですか?  もっとリターンが大きいハイテク株や高配当株を買うことはしないのです …

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ