資産運用

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

投稿日:




 

タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見ても何も参考になりませんからね。

サラリーマンの平均年収は441万円です。平均的なサラリーマンが年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして平均年収441万円の島根銀行の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積み立てて運用することを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収の5%を運用にまわすとします。年間約24万円に相当します。月間約2万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:689万円

総資産:1,546万円

利益:857万円

 

というわけで給与が平均的なサラリーマンが給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が1500万を超えることが分かりました。老後必要と言われている2000万円には届きませんね。

 

ちなみに給与の10%を運用にまわせば投資額1377万円に対して評価額は3092万円になります。給与の10%は年間50万円程度で月当たり4万円です。年収441万円だと手取りは約320万円なので、ここから年間50万円を運用にまわすのは厳しそうです。やはり給与5%の年間24万円を運用にまわすのが現実的か。

 

米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

関連記事:

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …

日本人の給与は低い | 外国人に自分の年収を伝えたら驚かれた話

    チャンドラです。   最近「日本の給与は低空飛行。アジアに抜かれるサラリーマンの報酬水準」という記事を見ました。 マネジメント層や高度スキル人材の報酬を日本と他の …

S&P500と比較してみるとTOPIXはナシでしょ

金融系の記事に米国S&P500とTOPIXの推移を比較した図があったのですが、 こうして改めて比べてみるとTOPIXの冴えないっぷりが明白ですね。 1990年に最高値を記録した以降はダラダラと …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

インデックス投資の買付額と損益が分かるグラフ

  チャンドラです。   インデックス投資はヒマです。 毎週同じ金額を積み立てて放置しておしまい。たまに損益を確認するだけ。 ドルコスト平均信者なら、投資対象(株・債券・REIT) …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ