資産運用

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

投稿日:




 

タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見ても何も参考になりませんからね。

サラリーマンの平均年収は441万円です。平均的なサラリーマンが年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして平均年収441万円の島根銀行の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積み立てて運用することを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収の5%を運用にまわすとします。年間約24万円に相当します。月間約2万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:689万円

総資産:1,546万円

利益:857万円

 

というわけで給与が平均的なサラリーマンが給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が1500万を超えることが分かりました。老後必要と言われている2000万円には届きませんね。

 

ちなみに給与の10%を運用にまわせば投資額1377万円に対して評価額は3092万円になります。給与の10%は年間50万円程度で月当たり4万円です。年収441万円だと手取りは約320万円なので、ここから年間50万円を運用にまわすのは厳しそうです。やはり給与5%の年間24万円を運用にまわすのが現実的か。

 

米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

関連記事:

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投信ファンドを決められない?迷う人はまずこれをやれ ww

  意思決定の麻痺   私たちはより多くの選択肢に直面するほど、選択に負担を感じて萎縮を感じてしまう。それが意思決定の麻痺。ダン・ハースの「スイッチ!」は意思決定の麻痺の一例として …

マンション投資の電話勧誘がウザすぎる

  チャンドラです。   最近、マンション投資の勧誘電話がよくかかってきます。それがウザすぎて困っているのです。   電話に出るとメチャクチャ早口で、 「株式会社××の● …

マイナス100万円 | 運用成績 | 2020年5月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:60万円 積立総額:2,480万円 評価額:2,380万円 今週の損益:-100万円 (-4.2%) 先週の損 …

楽天カード・楽天銀行・楽天証券を利用すると? | 還元率をケーススタディ

    チャンドラです。 楽天カードが気になっています。私はこれまでオリコカード一択だったのですが心がグラついています。 楽天銀行や楽天証券などの金融サービスも合わせて利用するとポ …

ジャパンディスプレイに退職金ぶち込む人・・・

  チャンドラです。   苦しい経営状態が続く液晶大手のジャパンディスプレイ (JDI)は9/27に臨時株主総会を開きました。 金融支援先を探してたJDIに対して、出資を予定してい …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ