資産運用

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

投稿日:




 

タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見ても何も参考になりませんからね。

サラリーマンの平均年収は441万円です。平均的なサラリーマンが年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。

 

モデルケースとして平均年収441万円の島根銀行の年収推移を使用しました。運用期間は30年間、毎年収入の5%を積み立てて運用することを想定しています。

 

引用:年収ガイド

 

年収推移は次の通りです。運用開始時は30歳で年収は330万円、52歳で最高額の570万円まで上がります。運用は59歳で終了するとします。

 

年収の5%を運用にまわすとします。年間約24万円に相当します。月間約2万円。30年後の運用結果は次の通りです。

 

投資額:689万円

総資産:1,546万円

利益:857万円

 

というわけで給与が平均的なサラリーマンが給与の5%を運用にまわせば、30年後には資産が1500万を超えることが分かりました。老後必要と言われている2000万円には届きませんね。

 

ちなみに給与の10%を運用にまわせば投資額1377万円に対して評価額は3092万円になります。給与の10%は年間50万円程度で月当たり4万円です。年収441万円だと手取りは約320万円なので、ここから年間50万円を運用にまわすのは厳しそうです。やはり給与5%の年間24万円を運用にまわすのが現実的か。

 

米国S&P500の長期の運用利回りが平均5%程度だと言われているので、S&P500のインデックス・ファンドに30年間積立てれば、2000万円の資産を築くことができるでしょう。

 

関連記事:

資産公開 | 3042万円(161万円増加)| 2019年12月末

インデックス投資と盛者必衰の理

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の平均賃金を他の先進国と比較 ~ 自分の将来を憂える

  チャンドラです。   日本の平均賃金を他の先進国と比較してみました。 データはOECDのデータベースを使用しました。     平均賃金は他国に抜かれている …

エクセルのソルバーで効率的フロンティア曲線を作成しよう。最適なアセットロケーションの決定。

  過去記事でWealthNaviのアルゴリズムを紹介しました。WealthNaviのアルゴリズムは現代ポートフォリオ理論に基づいています。 そのアルゴリズムをざっくりいえば、リスク・リター …

「そんなに投資すすめるならアンタが資産全額投資したら?」を常に問う。

  私は過去に不動産投資の勧誘の鬼電を受けまくったせいで、スマホの電話番号を変更した経験があります。 番号変更って他のサービスで電話番号直したりしないといけないんで超面倒くさいんですよ。 で …

自分に芯がないとダメだな。暴落でも投資方針がブレないために必要なこと。

  そういえば私が就職活動していたころ、すでに内定をゲットして先輩面していた人(まあ実際に先輩だったけど)が「就職活動はさ~自分に軸をもってないとダメなんだよ。」とエラそうに語っていました。 …

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ