資産運用

マスコミの切り取り報道とデータの平均値は似てるな ww 平均値は「ある一面」に過ぎないんだからッッ!

投稿日:2021年9月1日 更新日:




 

最近、統計の専門家の話を聞く機会があったんです。

確率・統計の基本的な説明だったのですが、そこで非常にイイ事を言ってたんです。それは何かというと、

「あるデータの平均値ってのは、そのデータがもつ情報の一つの表現方法に過ぎないんです。」

と言ってたんです。

私はこれを聞いたときに、確かにな!!と頷いてしまったんですよ。

言わずもがな、日本人の平均年収が400万とかいう記事が出ると、イヤイヤ俺の年収はもっと低いぞ。年収高いやつが平均値を引き上げてるはずなんだから中央値を示せよ、騒ぐ人が出てきます。(まあ彼の年収が中央値に近いからと言って、だからどうなんだって話なんですが w)

平均値は「データの総和をデータの数で割った値」。

中央値は「データを小さい値から大きい値まで並べて中央にくる値」。

定義は異なれど、どちらも「分布の真ん中」を示すものです。

ちょっと初心に立ち返って、なんで平均値とか中央値を使うのかを考えてみます。例えば日本国民の年収のヒストグラムのような元データを見てもどの辺が真ん中なのか目で見て正確には分からないから、平均値や中央値を使うんです。

Sponsored Link



 

ところが面白いことに、ヒストグラムを見ずに平均値だけを見ると、一部の特集な集団のために平均値が大きくなってしまう点が見抜けない。

じゃあ中央値を見ればいいかというと、確かに中央値の方がヒストグラムの真ん中を示すよい指標にはなるんですが、なぜ平均値と中央値が乖離するかその理由が見えない。

私の考えでは、統計データを分析する際は視覚に訴えるデータの分布と、分布から得られる統計量 (平均値・統計値)の両方をセットで見た方が良い、ということなんです。

「平均値はこうでした」ってニュース記事は確かに分かりやすいんですが、何となく木を見て森を見ずというか、欠落感が否めない。

平均値がミスリードになり得ることはレバレッジの過去記事でも書いてますが、やはりデータの分布に立ち返ってみるのが良いと思います。

つまりヒストグラムのような元データを見ろと言うこと。

マスコミの切り取り報道と似てますね。怪しいと思ったらソースまで調べる方が良い。(個人的な主観を言えばマスコミはやりたい放題だからな・・・。)

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

投資やるなら確率・統計を理解していないと騙されると思う ww 「72の法則」とかレバレッジ3倍ETFとか。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

165万円増加 | 資産公開 | 2020年10月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:35,352,935円 前月より165万円増加   総資産の推移: 2020年8月:  35,588,860 …

「今買うべき注目銘柄」を紹介するなら自分で身銭を切ってから紹介しろと言いたい。

  「コロナ禍での注目銘柄!」だの「AI時代に絶対買いの銘柄!」だの特定の銘柄を紹介する本やらネット記事が目に付きますが、あんたが身銭切って買ってから紹介してくれと言いたい。 例えば家電の場 …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

同僚の不動産投資のIRRを計算したら低すぎてビビった。 IRRが7%切るならやらないな ww

  私の同僚の何人かは不動産投資をやっています。マンションの一室を買って他人に貸して家賃収入を得ているんですね。 で、どれくらい収入をもらってるのかざっくり聞いてみたんです。まあ詳細までは教 …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ