資産運用

「平均値」より大きいか小さいかでクヨクヨ心配するのはもうやめようか

投稿日:2021年9月26日 更新日:




 

「心配学~本当の確率となぜずれる?」という本からの引用。

身長など、自然界の数値は左右対称になることが多く、図1の下のグラフのように、収入など人間社会の数値はゆがんだ形が多くみられます。

年収の分布は正規分布のような釣り鐘型ではなく年収が高い方に裾が広がることはよく知られています。下の図のような感じで。

こういう分布をもとに平均値をとると、ビル・ゲイツなどの億万長者の収入の影響が効いてくるので、平均値が高い側に出る傾向がでてきます。この辺はレバレッジETFのリターン確率分布の議論と似てますね。

この本が面白いのはここからなんです。

 

Sponsored Link



 

私たちは普段、自分が平均より上なのか、下なのかが気になります。

たとえば、生まれた子供が歩けるようになるまでの日数は、身長と同じように個人差があります。仮に分布が左右対称だったとしても、おおよそ半数のお子さんは平均よりも歩き始めるのが遅いことになります。・・・

ただ、分布が左右対称であれば、「心配することになる人」は全体の半数で済みます。

しかし、年収のように分布がゆがんでいる場合は、心配することになる人の割合はさらに増えてしまいます。

つまり「平均値より大きければ安心、平均値より小さければ心配」という基準で物事を考えてしまうと、分析対象が左右非対称の分布をとるときに、心配する人が増えてしまう、ということなんです。

上の図を再掲してサンプルを100人としてみます。

すると、身長の場合は半分の50人が「平均より下で心配、もしくはもっと高くなりたい」と考える。一方で年収の場合は(ざっくり見積もりで)80人が「平均より下で心配」と感じることになるんです。

 

じゃあ平均値に代わる別の評価基準は何かといえば、やはり中央値でしょう。中央値 (順番が真ん中)で評価すれば、ゲイツのような超金持ちの影響を排除できます。

平均値だけに着目せず、中央値やそもそもの分布の形状にも着目するべきというのが私の考え。(まあ何回も同じこと言ってるけど ww)

 

引用した本:

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

    ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。 S&P500に連動する市 …

サラリーマン投資家が向き合うべき問い(自分の会社は投資に値するのか?)

  私も含めて株式投資をしているサラリーマン投資家は多い。本業の給料が上がらないとか、終身雇用制度が今後も維持されるか分からないとか、人それぞれ理由があるだろう。色々と理由があろうが、それを …

投資を新社会人に勧めない理由 | まず生活防衛資金を貯めよう

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産運用しています。 emaxis slim米国株式(S&P500)と全世界株式(除く日本)をメインに積み立て …

社畜の資産は4645万でヨロシコ ww | 資産公開 | 2021年4月末

  2021年4月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:46,448,312円 前月より248万円増加   総資産の推移: 2021年4月:  46,448,43 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ