資産運用

「平均値」より大きいか小さいかでクヨクヨ心配するのはもうやめようか ww

投稿日:2021年9月26日 更新日:




 

「心配学~本当の確率となぜずれる?」という本からの引用。

身長など、自然界の数値は左右対称になることが多く、図1の下のグラフのように、収入など人間社会の数値はゆがんだ形が多くみられます。

年収の分布は正規分布のような釣り鐘型ではなく年収が高い方に裾が広がることはよく知られています。下の図のような感じで。

こういう分布をもとに平均値をとると、ビル・ゲイツなどの億万長者の収入の影響が効いてくるので、平均値が高い側に出る傾向がでてきます。この辺はレバレッジETFのリターン確率分布の議論と似てますね。

この本が面白いのはここからなんです。

 

Sponsored Link



 

私たちは普段、自分が平均より上なのか、下なのかが気になります。

たとえば、生まれた子供が歩けるようになるまでの日数は、身長と同じように個人差があります。仮に分布が左右対称だったとしても、おおよそ半数のお子さんは平均よりも歩き始めるのが遅いことになります。・・・

ただ、分布が左右対称であれば、「心配することになる人」は全体の半数で済みます。

しかし、年収のように分布がゆがんでいる場合は、心配することになる人の割合はさらに増えてしまいます。

つまり「平均値より大きければ安心、平均値より小さければ心配」という基準で物事を考えてしまうと、分析対象が左右非対称の分布をとるときに、心配する人が増えてしまう、ということなんです。

上の図を再掲してサンプルを100人としてみます。

すると、身長の場合は半分の50人が「平均より下で心配、もしくはもっと高くなりたい」と考える。一方で年収の場合は(ざっくり見積もりで)80人が「平均より下で心配」と感じることになるんです。

 

じゃあ平均値に代わる別の評価基準は何かといえば、やはり中央値でしょう。中央値 (順番が真ん中)で評価すれば、ゲイツのような超金持ちの影響を排除できます。

平均値だけに着目せず、中央値やそもそもの分布の形状にも着目するべきというのが私の考え。(まあ何回も同じこと言ってるけど ww)

 

引用した本:

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価の短期的な変動と長期的なサイクル

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

コロナ禍で儲けた富裕層がディスられている?

  米富裕層の資産がコロナ禍の3か月で62兆円!増えたそうです。CNNの記事から。 過去のおよそ3カ月間で、米国の富裕層の資産が5650億ドル(約62兆円)増えていたことが分かった。同国の進 …

元本割れしにくいインデックスファンドはどれか? | シミュレーションした結果

  チャンドラです。   前回の記事でリスク・リターンと元本割れする確率の関係を調べました。結果は次の通りでした。   リスクが低くリターンが高い:利益は大きくなる リス …

メルカリで売れた意外なものを紹介

  チャンドラです。   家の中の不要なものをよくメルカリで売っています。 これまでメルカリで10万円以上商品を売ってきました。 その際「こんなものまで売れるの??」という商品がよ …

GPIFの運用収益12兆円 ww そのポートフォリオとは?

  2020年4月~6月のGPIFの運用収益は12兆円だったそうです。記事から引用。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4-6月期の運用収益率は8.30%だった。6月末時点の運用資 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ