資産運用

厚切りジェイソンもインデックス投資やってるのか ww

投稿日:2020年6月17日 更新日:




 

厚切りジェイソンもS&P500連動型のインデックスファンドに投資しているそうです。東証マネ部にインタビュー記事が載っています。下は引用。

ーー話を投資に戻しますね。ジェイソンさんの投資セオリーが知りたいです。

厚切りジェイソン:僕はS&Pインデックスファンドを保有しています。投資は長期で分散することが基礎の基礎。感情に左右されずに、いろんな業界、いろんな国、いろんな地域を網羅して、定期的に同じ金額を掛けつづけることがポイントだね。短期的に上がったり下がったりしても、長期間やっていくと、いままでの歴史の中ではそういうやり方で下がったことはないです。

33歳ですでに早期リタイアを達成しているというから凄いですよね。新型コロナ騒動の株価暴落では数千万円の損失を出してしまったそうです。私は2000万円をインデックスに投資して最悪期は500万円の損失を出していたので、それから推測するに1億円くらい投資しているのかな。そういえばパックンもインデックス投資していたような。

私の職場にもS&P500に401Kで長期投資して儲けまくっていたアメリカ人のオッサンがいましたが、やっぱりアメリカ人は株や投信で資産運用してる人が多いようですね。

 

Sponsored Link



 

ところで厚切りさんはこうも言ってますね。

厚切りジェイソン:ちなみに、僕は買った株や投資信託は一生売らないつもりです。

ーーそれはなぜですか?

厚切りジェイソン:たとえば、先週は新型コロナウイルスの影響で数千万円の損を出しているんですよ。でも、来年まで待てば、おそらく元通りです。いちいち下がったから売るとなると、上がるときも逃します。

ーーそれがジェイソンさんの投資に対する姿勢なんですね。

厚切りジェイソン:そもそも、僕はお金を使うために増やしてるわけじゃないからね。必要になれば使うけど、必要にならないだろうなと思ってるから売りません。株や投資信託は、自由に生きるためのフリーパスのようなものです。死んだときに残っていたら、それは自分の人生の価値じゃないですか。お金が足りなくならずに生きられたなって。それで十分ですね!

 

株は一生売らないのか ww

死んだ後に数億円あっても相続税でガッツリもっていかれるから子供の教育なり老後の楽しみで使い切ったほうがいいと思うけどな・・・。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

よろしければ読者になって下さい↓

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

  インデックス・ファンドに投資すれば銘柄選びに苦心することはありません。ただし、どこの地域に投資すべきかという点だけは考える必要があるでしょう。   ではどこの地域にすべきか?ど …

6年間で2,000万円貯めたサラリーマンのクレジットカード

  チャンドラです。   私はクレジット機能をオリコカード1枚に集約しています。ポイントがザクザクたまるからです。 私が愛用する年会費無料の「Orico Card The Poin …

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

  「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。 ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません …

サゲサゲ↓↓ マイナス145万円 | インデックス運用成績 | 2020年6月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,536万円 評価額:2,569万円 先週の損益:+178万円(+7%) 今週の損益:+ …

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ