資産運用

当たり前の事を継続するのが難しいから失敗する。苦しむ。後悔する。

投稿日:2020年12月1日 更新日:




 

京都の広隆寺という寺は国宝の弥勒菩薩像で有名なのですが、ここには仏教の十善戒を掲示があります。

生き物を殺しません。

物を盗みません。

みだらな男女の関係をしません。

ウソ偽りを言いません。

たわごとを言いません。

人の悪口を言いません。

二枚舌をつかいません。

ものを盗み貪りません。

いかり憎むことをしません。

間違った考え方をしません。

どれも社会で生きていくうえで当たり前のことばかりでしょう。ですが、100%守れているかといえば、Yesと言い切れる自信はちょっとない。

 

当たり前のことがなぜできないかというと、ややこしい世界に生きているからだ思います。自分は他人の悪口を決して言わないが、自分を攻撃してくる他人がいるならそいつを憎むでしょう。その時点で9番目の戒めを破ってしまう。

 

Sponsored Link



 

資産運用も同じですね。当たり前の事を継続するのが難しい。私が愛読している「投資の大原則」は限りなくシンプルなことを教えているのですが、やはり継続するのは難しい。

(1) 若いうちから貯蓄を始めて、定期的に続けること。

(2) 会社の福利厚生制度や国の退職に向けての制度を活用すること。

(3)コストの低いインデックス・ファンドを選ぶことで分散を図る。

(4) 自分の決めた投資方法を守り、市場の値上がりや値下げは気にかけない。

難しいのはなぜかと言うと、日々の株価の動きに惑わされたり、特定の個別株の爆上げや爆下げがニュースやブログなりで過剰にハイライトされてそちらに目移りしてしまうから。

極論すれば弱いんですよ。心が。広隆寺の十善戒にせよ、「投資の大原則」にせよ、当たり前の事しか書いていないのに、それらを守り通すことができないのは外乱に対する耐性が弱いからなんです。

耐性を強めるにはどうすればよいのか?まずは人間は外乱に弱い生き物だと理解するのが第一歩ではないかと思うのです。「無知を知る」という言葉がありますが、それと同じくらい「外乱に弱い」は重要だと思ってます。

 

 

余談:

十善戒は旧約聖書のモーセ十戒との類似性が指摘されています。古代、広隆寺周辺は秦氏と呼ばれる一族の本拠地でした。秦氏一族は渡来人で秦の始皇帝の末裔だと言われていて、財力と高度な技術力を持っていたことから天皇家の平安京建設に大きく寄与しました。

この秦氏、実は景教(キリスト教ネストリウス派でユダヤの影響が強い)を信仰していた可能性が高く、秦氏の業績の中にはユダヤの影響が色濃く残るものがあることが分かっています。モーセの十戒と酷似した十善戒がその1つです。古代イスラエル王国がアッシリアに占領された際に10氏族がアッシリアに連れ去られました。その失われた10氏族の末裔こそが秦氏で、秦氏が寺社建設などを通して日本文化にユダヤの痕跡を残している、という指摘があるのですが、これはなかなか面白い。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

楽天証券でポイント投資したときの効果をシミュレーション

  チャンドラです。   楽天証券では投資信託の積み立てをクレジットカードで決済できます。 この際、楽天カードを使うと楽天スーパーポイントを貯めることができます。 そして貯まった楽 …

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

ハイテク株(GAFAM)には個別投資しない。デカすぎる。

  会社に超優秀な社員がいるとする。彼の営業成績は常にトップクラスで上司からの信頼も厚く、部下たちからも尊敬されている。まさに会社の稼ぎ頭だ。当然ながら周りからの期待も大きい。しかもイケメン …

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

  資産運用をやってる人の中にはWealthNaviを利用している人も多いと思います。 WealthNaviは利用者のリスク許容度をもとに国際分散投資を自動でやってくれるサービスです。今現在 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ