資産運用 運用成績

社畜の資産公開 | 208万円減少で爆死 ww | 2020年2月末

投稿日:2020年3月1日 更新日:

Sponsored Link



 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

2020年2月の資産運用状況を公開します。

合計資産は29,089,219円で前月より208万円減少しました。

 

総資産の推移:

2019年12月:  30,425,609円(前月比+1,613,055円)

2020年1月:  31,172,619円(前月比+747,010円)

2020年2月:  29,089,219円(前月比▲2,083,400円)

 

前月比増加額:

2019年12月:  +1,613,055(本業 +102万 運用:+59万)

2020年1月:  +747,010(本業 +28万 運用:+47万)

2020年2月:  ▲2,083,400(本業 +22万 運用:▲230万)

 

資産運用状況

 

2020年2月末の資産運用状況は次の通りです。積立額に対する評価額は45万円のプラス、リターンは2.11%でした。

2018年12月以降の買付額・評価額の推移は次の通り。

2018年12月以降の買付額・損益の推移は次の通り。赤い線が損益です。利益は先週頂点に達した後、今秋にはジェットコースターのごとく一気に減りました。インデックス投資開始以来、最大の減少幅 ww

今日現在でS&P500は3000ポイントを割りました。株価は200日移動平均線を突っ切りました。ここを底と考えて一括投資するか悩むところです。

だが気になるのが欧米で感染者が増えていること。今日時点でイタリアの感染者が900人目前。ドイツ、フランス、イタリア、アメリカで感染者が少しずつ増えてきています。コロナにかかるだけで人がすぐに死に至ることはなさそうだが、感染リスクを抑えるために今後ますます経済活動が政府によって止められたり、自粛ムードが広がっていく可能性が高いですね。どれだけIT技術が進んでテレワークしたところで、工場や物流が止まれば経済活動の大部分が止まります。

引用:Johns Hopkins univ

そう考えると株価はもう少し下がる気もしますが。。。考えたところでよく分からないのでいつも通りドルコスト平均で積み立て、3月にさらにガツンと下がるようであれば200万円程度一括で買うかもしれません。たとえ一括買いのタイミングを逃したとしてもドルコスト平均でちょっとは買っているので、買い逃しは避けられます。

 

<年度別資産推移>

2013年末:642万

2014年末:936万(+295万)

2015年末:1,216万(+280万)

2016年末:1,562万(+347万)

2017年末:1,920万(+359万)

2018年末:2,266万(+346万)

2019年末:3,042万(+776万)

2020年現在:2,908万(▲134万)

 

関連記事:

S&P500のリターンはどう変化してきたのか?グラフ化してみた。

 

ランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、株価が対数正規分布すると紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバレッジを加えるE …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオ

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。下の表はmyINDEXで見たeMAXIS 全世界株式の実績です。 シ …

ピケティの言葉を凝縮したグラフ

  ピケティの「21世紀の資本」を読んでみたいと思って図書館で手に取ってみたのですが、5秒で閉じました。おそらく読了は無理だろうと ww そこで解説本を探したところ、「図解 ピケティ入門」と …

ARKKは構成銘柄間の分散が効いているのが素晴らしい。インデックス派の私もARKKは買ってみたいな ww

  破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。 代表的なETFはARKKですが、そのパフォーマンスは下の通り凄まじいで …

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

  チャンドラです。   自分の人生設計を考えるうえで必要なのは、自分が将来どれだけの給料をもらえるかを知ることです。なぜならそれを知らないと将来子供を何人養っていけるかとか、どれ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ