資産運用 運用成績

今年は3,900万円でフィニッシュ | 資産公開 | 2020年12月末

投稿日:2020年12月26日 更新日:




 

2020年12月末の資産運用状況を公開します。

 

合計資産:38,998,469円

前月より150万円増加

 

総資産の推移:

2020年10月:  35,352,935円(前月比+1,644,189円)

2020年11月:  37,493,375円(前月比+2,140,440円)

2020年12月:  38,998,469円(前月比+1,505,094円)

 

前月比増加額:

2020年10月:  +1,644,189(本業 +18万 運用:+146万)

2020年11月: +2,140,440(本業 +27万 運用:+187万)

2020年12月: +1,505,094(本業 +89万 運用:+61万)

※本業 = 給料 + 投資以外の副業収入 – 支出

 

資産運用状況

 

投資金額:30,837,132円

評価額:37,002,636円

損益:+6,165,504円 (+20.0%)

現金:1,995,833円 (総資産に対する比率: 5.1%)

 

ファンド毎の資産運用状況は次の通りです。

買付額・評価額の推移は次の通り。

 

Sponsored Link



 

買付額・損益の推移は次の通り。青い棒が買付額赤い線が損益です。コロナ禍で3月中旬はマイナス400万円まで落ちましたが、9月と10月に上下したあと、11月は大きく伸びました。ただし12月後半は少し失速しましたね。

 

私はeMAXIS Slim S&P500とeMAIXS Slim 全世界株式 (除く日本)の両方にほぼ同額投資しています。先月は両者の損益の差が50万円から30万円に縮んだと書きましたが、今月はさらに17万円まで減りました。

S&P500に比べて全世界 (除く日本)が伸びてきています。

私にとって喜ばしいことです。S&P500だけ伸びまくるのは見ていて「これは果たして健全な状態なのか?」と思えてきますからね。

その米国S&P500、今年もなんだかんだで10%以上ポイントを上げました。1500万円以上を投資している身としてこの上昇は嬉しいことは嬉しいのですが、そろそろ反動が来るのでは?という気がします。最近読んでいる名著の誉れも高いハワード・マークスの「市場サイクルを見極める」からの引用。

投資リスク最大の源は、リスクはないという思い込みだといえる。リスクに寛容な姿勢が広がること(あるいは、リスクをとることに投資家が強い心地よさを感じるようになること)は、その後の相場下落を示唆する何よりも有力な前触れとなる。とはいえ、ほとんどの投資家はさきほど書いたような流れに従ってしまうため、この点に気づき、そして慎重になることが非常に重要な時に、実際に気づくことはまずないのだ。

この本は投資関係の本の中で群を抜いて素晴らしい本だと思います、そのうちレビュー記事をあげます。

 

関連記事:

2020年買ってよかったものランキングトップ3

 

<年度別資産推移>

2013年末:642万

2014年末:936万(+295万)

2015年末:1,216万(+280万)

2016年末:1,562万(+347万)

2017年末:1,920万(+359万)

2018年末:2,266万(+346万)

2019年末:3,042万(+776万)

2020年末:3,899万(+857万)

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ARKKは構成銘柄間の分散が効いているのが素晴らしい。インデックス派の私もARKKは買ってみたいな ww

  破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。 代表的なETFはARKKですが、そのパフォーマンスは下の通り凄まじいで …

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

S&P500指数予想値に根拠はあるのか?根拠は分かりようがないので一喜一憂しても意味ない。

  よくあるS&P500指数予想の記事。一例がコレ。 米エコノミストのエドワード・ヤルデニ氏は、S&P500種株価指数が2022年に4800を付けると予想する。景気の回復とF …

【重要】積立投資の意外な盲点。投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

  以前の記事でサラリーマンが株式投資するなら、一括投資よりも積立投資にならざるを得ないという話をしました。理由は簡単で会社から受け取る給料の中から投資資金を捻出するのだから、毎月数万円、ま …

2019年3月の資産公開 | 資産は2390万円(43万円増)

Sponsored Link チャンドラです。   2019年2月の資産運用状況を公開します。合計資産は前月比で43万円増加しました。   履歴: 2018年12月の資産運用状況 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ