資産運用 運用成績

今年は3,900万円でフィニッシュ | 資産公開 | 2020年12月末

投稿日:2020年12月26日 更新日:




 

2020年12月末の資産運用状況を公開します。

 

合計資産:38,998,469円

前月より150万円増加

 

総資産の推移:

2020年10月:  35,352,935円(前月比+1,644,189円)

2020年11月:  37,493,375円(前月比+2,140,440円)

2020年12月:  38,998,469円(前月比+1,505,094円)

 

前月比増加額:

2020年10月:  +1,644,189(本業 +18万 運用:+146万)

2020年11月: +2,140,440(本業 +27万 運用:+187万)

2020年12月: +1,505,094(本業 +89万 運用:+61万)

※本業 = 給料 + 投資以外の副業収入 – 支出

 

資産運用状況

 

投資金額:30,837,132円

評価額:37,002,636円

損益:+6,165,504円 (+20.0%)

現金:1,995,833円 (総資産に対する比率: 5.1%)

 

ファンド毎の資産運用状況は次の通りです。

買付額・評価額の推移は次の通り。

 

Sponsored Link



 

買付額・損益の推移は次の通り。青い棒が買付額赤い線が損益です。コロナ禍で3月中旬はマイナス400万円まで落ちましたが、9月と10月に上下したあと、11月は大きく伸びました。ただし12月後半は少し失速しましたね。

 

私はeMAXIS Slim S&P500とeMAIXS Slim 全世界株式 (除く日本)の両方にほぼ同額投資しています。先月は両者の損益の差が50万円から30万円に縮んだと書きましたが、今月はさらに17万円まで減りました。

S&P500に比べて全世界 (除く日本)が伸びてきています。

私にとって喜ばしいことです。S&P500だけ伸びまくるのは見ていて「これは果たして健全な状態なのか?」と思えてきますからね。

その米国S&P500、今年もなんだかんだで10%以上ポイントを上げました。1500万円以上を投資している身としてこの上昇は嬉しいことは嬉しいのですが、そろそろ反動が来るのでは?という気がします。最近読んでいる名著の誉れも高いハワード・マークスの「市場サイクルを見極める」からの引用。

投資リスク最大の源は、リスクはないという思い込みだといえる。リスクに寛容な姿勢が広がること(あるいは、リスクをとることに投資家が強い心地よさを感じるようになること)は、その後の相場下落を示唆する何よりも有力な前触れとなる。とはいえ、ほとんどの投資家はさきほど書いたような流れに従ってしまうため、この点に気づき、そして慎重になることが非常に重要な時に、実際に気づくことはまずないのだ。

この本は投資関係の本の中で群を抜いて素晴らしい本だと思います、そのうちレビュー記事をあげます。

 

関連記事:

2020年買ってよかったものランキングトップ3

 

<年度別資産推移>

2013年末:642万

2014年末:936万(+295万)

2015年末:1,216万(+280万)

2016年末:1,562万(+347万)

2017年末:1,920万(+359万)

2018年末:2,266万(+346万)

2019年末:3,042万(+776万)

2020年末:3,899万(+857万)

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナ禍の株価暴落で狼狽売りしてなかったら

  不安に駆られて資産を現金化した投資家というタイトルでバンガード社がレポートを出しています。 そのレポートによるとコロナ禍で米国株式指数が暴落した際にバンガード者で運用していた個人投資家の …

「ダウ平均とナスダック100の乖離」でセクターローテーションのタイミングを知る。

  ニュース記事を見ていたらダウ平均とナスダック100の乖離というタイトルを見つけました。ブルームバーグの記事から。 8日の米株市場では125年の歴史を持つダウ平均が日中ベースの最高値を更新 …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

インデックスファンド積立を継続するコツ。受動的な姿勢より積極的に学ぶ方がいいと思うが。

  トウシルの記事からの引用。 今こそ確認したい、インデックスファンドとうまく付き合うコツ 投資初心者にもおすすめとされるつみたてNISAで、インデックスファンドの選択肢が多いのは、ファンド …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ