資産運用 運用成績

運用益は過去最高に | 社畜の資産を公開 | 2020年8月末

投稿日:2020年8月30日 更新日:




 

2020年8月の資産運用状況を公開します。

 

合計資産:35,588,860円

前月より192万円増加

 

総資産の推移:

2020年6月:  30,672,031円(前月比+672,822円)

2020年7月:  33,662,607円(前月比+2,990,576円)

2020年8月:  35,588,860円(前月比+1,926,253円)

 

前月比増加額:

2020年6月: +672,822(本業 +13万 運用:+54万)

2020年7月:  +2,990,576(本業 +142万 運用:+158万)

2020年8月: +1,926,253(本業 +17万 運用:+175万)

 

資産運用状況

 

資産運用状況は次の通りです。積立額に対する評価額は442万円のプラスでした。

買付額・評価額の推移は次の通り。

 

Sponsored Link



 

買付額・損益の推移は次の通り。赤い線が損益です。コロナ禍で3月中旬はマイナス400万円まで落ちましたが、今週はプラス440万円まで上昇。運用益も過去最高になりました。

S&P500は3508ポイントまで上昇。3500まで上昇すると予想しているアナリストの予想記事がありましたが、的中しましたね。どこまで上がるのかね。。。

 

買ってよかったもの

 

中国の行動原理

中国の対外行動を理解するための本。詳細レビューは別の機会に書くとして、内容は分かりやすく、面白いので一気に読めました。

中国の対外行動を決める一つの要因はリアリズム。「自分は善・敵は悪」。敵は権謀術数を仕掛けてくる。中国の戦略家は、常に高い視点で強大な敵が仕掛けてくる陰謀に備えるべきだ、と。時代や体制は変われど三国志の時代からリアリズムの考え方は存在し続け、それが半植民地化の被害者意識と相まったことにより、絶え間なく他国に猜疑心を持ち続けている。歴史上の出来事と照らし合わせれば当たっている考えだと思います。

 

保温タンブラー

保温タンブラーは2個必要。なぜなら1個使って1個は冷凍庫に入れておくことで連続してキンキンに冷えたものを飲めるから。ということで1個買い増し。

このオレンジ色のタンブラーは高級感があってカッコよかったです。保温性もグッド。

 

あごだし

某料理系Youtuberがそうめんにかけると檄ウマだと紹介していたので買ってみました。激ウマです ww ちなみに「あごだし」はトビウオを乾燥させて作るのですが、「あごが落ちるほど美味しい」が語源だそうです。確かに美味い。これは普通のめんつゆには戻れんな・・・。

 

<年度別資産推移>

2013年末:642万

2014年末:936万(+295万)

2015年末:1,216万(+280万)

2016年末:1,562万(+347万)

2017年末:1,920万(+359万)

2018年末:2,266万(+346万)

2019年末:3,042万(+776万)

2020年現在:3,559万(+517万)

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これまでにドブに捨てた金額を運用していた場合どれだけ得していたか?

    チャンドラです。   以前「これまでにドブに捨てた金額」という記事を書きました。私が書いた記事の中でも公開後に急激にアクセスが増えた記事の一つです。 今回はこのド …

人に仕事を任せるのと投資は似ている

  夕方6時。「お疲れ様です!」あなた(社畜)がそう言って退社しようとしたときにパワハラ上司が大声を出す。「おい、ちょっと来い!」 「は、はい・・・なんでしょうか?」あなたが尋ねると上司は言 …

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、株価が対数正規分布すると紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバレッジを加えるE …

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが …

株式投資本がフリマで高く売れてビビる。投資に関心が高まっている証拠か。

  最近フリマで「株式投資の未来」を売ったんです。私の投資スタイルはインデックスファンドの長期ホールドだと確立したので、高配当投資を謳う本書を本棚に入れておく必要もないな、と判断したからです …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ