資産運用 運用成績

【本業+副業+投資】資産は6001万 | 2022年4月末

投稿日:2022年5月15日 更新日:




 

2022年4月末の資産運用状況を公開します。

 

合計資産:6,009万円

前月より237万円減少

 

資産運用状況

 

投資金額:3,556万円

評価額:5,591万円

損益:+2,034万円 (+57%)

現金:418万円 (総資産に対する比率: 7%)

 

ファンド毎の資産運用状況は次の通りです。

2018年以降の買付額・評価額の推移は次の通り。

 

米国株は大きく下がりましたが、5月中旬時点で、米国株の調整は終わりだという考えがあるようです。マネクリの記事を参照。是非はともかくとして、その考え方は学ぶべきところがありそうなので少し簡略化した形で引用。

米国株の調整が終わったと考える根拠は、株価が下げてフェアバリュー(適正株価)に達したからである。

・・・米国株の下落理由は突き詰めればシンプルに、長期金利上昇に対するバリュエーション調整である。・・・業績見通しが上向かない中で金利が上がるなら株価は下げるしかない。ここまでの米国株の動きは理論通り、きわめて理にかなったものだ。

株価は業績と金利の関数である。S&P500に関して、12か月後のEPSを正確に予測できるならば、10年債利回りにリスクプレミアム(約3%)を加えた値で現在価値に割り引けば、過去150年の株価の動きを95%説明できる。グラフは1871年からのS&P500と、その理論値の推移である(目盛りは対数)。実際の株価をこのモデルがどれだけ説明できるかということを示す決定係数(R2乗)は0・95である。

・・・S&P500の12か月先EPSはブルームバーグ・コンセンサスによれば237である。10年債利回りを3%、それに3%のリスクプレミアムを加えた6%の割引率で237を割り引けば3951だ。昨日のS&P500はこれを下回っている。現在の予想利益水準における3%の長期金利のもとでの適正値まで調整したということである。

こういう考え方ができるんですね。ただ、「コンセンサスの237が正しければ」というのが前提条件ですが、コンセンサスの信頼性はどうなんでしょう。そこは突っ込んでも仕方ないような気もするので、適正値予測もあくまで参考程度とすべきな気がします。

 

関連記事:

自分に芯がないとダメだな。暴落でも投資方針がブレないために必要なこと。

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

本気で薦めるインデックス投資の本を紹介。投資初心者が道を踏み外さないために。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

165万円増加 | 資産公開 | 2020年10月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:35,352,935円 前月より165万円増加   総資産の推移: 2020年8月:  35,588,860 …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

S&P500はバカ下がりですが泰然自若を貫く。自分で出来ることに注力。

  株価がバカ下がりしています。S&P500は3,700ポイントを切りました。 ゴールドマンサックスが年末目標を従来予想の4,300から3,600まで下げたというニュース記事がありま …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

親より裕福になれる米国人はたった半分以下。そしてますます減っている。

  米国では親の世代より裕福になれる人がどんどん減ってきているそうです。この記事からグラフを抜粋。 引用:visualcapitalism 縦軸は両親よりも高い収入を得る子供の割合。もうすこ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ