資産運用 運用成績

【本業+副業+投資】資産は6009万 (237万円減少) | 2022年4月末

投稿日:




 

2022年4月末の資産運用状況を公開します。

 

合計資産:6,009万円

前月より237万円減少

 

資産運用状況

 

投資金額:3,556万円

評価額:5,591万円

損益:+2,034万円 (+57%)

現金:418万円 (総資産に対する比率: 7%)

 

ファンド毎の資産運用状況は次の通りです。

2018年以降の買付額・評価額の推移は次の通り。

 

米国株は大きく下がりましたが、5月中旬時点で、米国株の調整は終わりだという考えがあるようです。マネクリの記事を参照。是非はともかくとして、その考え方は学ぶべきところがありそうなので少し簡略化した形で引用。

米国株の調整が終わったと考える根拠は、株価が下げてフェアバリュー(適正株価)に達したからである。

・・・米国株の下落理由は突き詰めればシンプルに、長期金利上昇に対するバリュエーション調整である。・・・業績見通しが上向かない中で金利が上がるなら株価は下げるしかない。ここまでの米国株の動きは理論通り、きわめて理にかなったものだ。

株価は業績と金利の関数である。S&P500に関して、12か月後のEPSを正確に予測できるならば、10年債利回りにリスクプレミアム(約3%)を加えた値で現在価値に割り引けば、過去150年の株価の動きを95%説明できる。グラフは1871年からのS&P500と、その理論値の推移である(目盛りは対数)。実際の株価をこのモデルがどれだけ説明できるかということを示す決定係数(R2乗)は0・95である。

・・・S&P500の12か月先EPSはブルームバーグ・コンセンサスによれば237である。10年債利回りを3%、それに3%のリスクプレミアムを加えた6%の割引率で237を割り引けば3951だ。昨日のS&P500はこれを下回っている。現在の予想利益水準における3%の長期金利のもとでの適正値まで調整したということである。

こういう考え方ができるんですね。ただ、「コンセンサスの237が正しければ」というのが前提条件ですが、コンセンサスの信頼性はどうなんでしょう。そこは突っ込んでも仕方ないような気もするので、適正値予測もあくまで参考程度とすべきな気がします。

 

関連記事:

自分に芯がないとダメだな。暴落でも投資方針がブレないために必要なこと。

S&P500絶好調の後に来る調整とか暴落に備えるマインドセット

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読めばよし。株式投資の入り口。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 運用成績

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NISAの運用成績 | 楽天・全米株式インデックス | 2020年2月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …

社畜の資産 | 240万円減少で血が止まらず ww | 2020年3月末

Sponsored Link     2020年3月の資産運用状況を公開します。   合計資産:26,696,509円 前月より240万円減少   総資産の推移 …

ガッツリ下げ ww | 運用成績 | 2020年8月第1週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:21.6万円 積立総額:2,616万円 評価額:2,810万円 先週の損益:+268万円(+10.0%) 今週 …

サラリーマンの夏のボーナス | 今年の支給額は170万円

  チャンドラです。   私はサラリーマンなので、夏と冬の2回だけ会社からボーナスが支給されます。 仕事はキツイですが、年2回のボーナスは大きな楽しみです。 2019年の夏のボーナ …

資産を増やすには「考え方」を変えるしかない。預金➡インデックス➡レバレッジ

  マネーの虎のある回で、ノーマネーでフィニッシュとなったクソ生意気な挑戦者と堀之内社長のやりとり。 堀之内「世の中にいっぱい金持ちになりたがっている人がいるよね。なれる人となれない人がいる …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ