金融工学

過去35年のアセットクラスでは米国株が最も優秀。リターン・シャープレシオ・元本割れ確率で分析。

投稿日:2020年12月18日 更新日:




 

前回の記事の続きです。過去35年のアセットクラスのリスク・リターンを分析した結果、上位3つの最適アセットクラスは新興国株、米国大型株、米国小型株、のでした。

「最適」の定義はリターンとシャープレシオを図上でプロットした際に、原点からの距離が最も大きい点だと仮定しました。この「距離」が大きいほどリターンとシャープレシオが最も大きくなるからです。下に結果を再掲します。

ところで、私は常日頃からリスクやリターン、シャープレシオに加えて元本割れ確率が重要な指標だと繰り返し言っています。理由は簡単で、人間というのは大きな利益を得るよりは損失回避を重視する傾向にあるからです。

ではアセットクラスの比較に元本割れ確率を指標として加えるとどうなるか?元本割れ確率はリスクとリターンから計算できます。

 

Sponsored Link



 

一括投資した場合の元本割れ確率を加えたのが下の表です。元本割れ確率は投資期間で変わるので、10年おきの値を加えました。

元本割れ確率が低いのはやはり債券です。リスクが低いから当然でしょう。ところが面白いことに、債券の次に元本割れ確率が低いのは米国大型株なんです。

リスクは16.1%もあるのですが、リターンも9.6%とかなり高い。だから元本割れ確率がかなり低くでるんです。

 

Sponsored Link



 

前回の記事同様に「距離」が大きい上位3アセットの元本割れ確率を比べてみると、米国大型株、米国小型株、新興国株、の順に低いことが分かります。

米国大型と小型の差は僅差ですが、新興国株の元本割確率は比較的大きく出ています。これはリスクが大きいことに起因しています。

米国株の元本割れ確率が他のアセットに比べてこんなに小さくなる、しかも30年投資すれば債券とほとんど変わらないレベルなのは驚きでした。

米国株の優秀さを再認識したスタディ結果でした。

 

関連記事:

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

  前回の続き: 10年間レバレッジ3倍かけると: 元本割れ確率は45%でトップ。 リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。 意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資で元本割れ確率をほぼゼロにできる

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。比較内容は投資期間に対する平均リターン、リスクです。前提と結果を再掲します。 前提:年平均リターン 7%、標準偏差 2 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ