金融工学

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

投稿日:2020年12月17日 更新日:




 

Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。

この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せているのでかなり参考になります。リスクとリターンを載せた部分だけ抜粋。

 

Sponsored Link



 

もちろんリターンが大きい方が高い利益を得る事ができるのですが、投資効率を測る指標としてよく使われるシャープレシオ (リターン÷リスク)も知りたいところです。シャープレシオを計算してみたかったので私の方でまとめなおしたのが下の表。(正しい計算方法はリターンをリスクで割る前に無リスク資産の利子率を引くのですが、利子率はゼロと仮定しています。)

どのアセットクラスが好ましいかと言えば、シャープレシオとリターンの両方が大きいものです。上の散布図でいえば、原点から遠ければ遠い場所にある点がそれに該当します。

というわけで、原点からの距離を示したのが上の表の”Distance”の列です。これを見ると分かる通り、新興国株 > 米国大型株 > 米国小型株・・・となります。他のアセットクラスはもはや興味がないので、「距離」の上位3つのデータを再掲したのが下の表です。

先進国株式のリターンは「距離」のランクでは5位で奮いませんでしたね。理由はリスク (標準偏差)が大きいために、シャープレシオが小さくなったためです。

ちなみに私は米国S&P500を分析する際にはリスク7%、リターン20%で計算します。そのデータは過去80年のデータから出したものです。今回の米国大型株のリスク・リターンは過去35年からはじき出したもので、それぞれ9.6%、16.1%。若干のずれはあるものの、まあまあ近いことは分かります。

 

関連記事:

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

便利なリスク・リターン・最適レバレッジ早見表を作ったぞ ww

  過去記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍と紹介しました。これはS&P500の720の法則を適用した場合のケースです。 中央値はL=1.75のときに最大値をとるこ …

オールウェザー・ポートフォリオはレバレッジ3倍でも十分安全か?

  前の記事でレイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを紹介しました。簡単におさらい。 このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするの …

【SPXL】S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?の定量的な説明

  読者様からレバレッジに関する過去記事について質問を頂きました。 記事の内容を要約すると、「S&P500の最適レバレッジは1.75倍。それを越えるレバレッジをかけるとリターンの中央 …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

【感動】ブラック・ショールズ・モデルを一番分かりやすく書いた本はこれだ ww

私が大学時代から愛読している本に長沼伸一郎氏の直観的方法シリーズがあります。 久しぶりに本棚から引っ張り出して「経済数学の直観的方法(確率・統計編)」を読んでいたんですが、唸りましたね。とにかく難しい …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ