金融工学

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

投稿日:2020年12月17日 更新日:




 

Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。

この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せているのでかなり参考になります。リスクとリターンを載せた部分だけ抜粋。

 

Sponsored Link



 

もちろんリターンが大きい方が高い利益を得る事ができるのですが、投資効率を測る指標としてよく使われるシャープレシオ (リターン÷リスク)も知りたいところです。シャープレシオを計算してみたかったので私の方でまとめなおしたのが下の表。(正しい計算方法はリターンをリスクで割る前に無リスク資産の利子率を引くのですが、利子率はゼロと仮定しています。)

どのアセットクラスが好ましいかと言えば、シャープレシオとリターンの両方が大きいものです。上の散布図でいえば、原点から遠ければ遠い場所にある点がそれに該当します。

というわけで、原点からの距離を示したのが上の表の”Distance”の列です。これを見ると分かる通り、新興国株 > 米国大型株 > 米国小型株・・・となります。他のアセットクラスはもはや興味がないので、「距離」の上位3つのデータを再掲したのが下の表です。

先進国株式のリターンは「距離」のランクでは5位で奮いませんでしたね。理由はリスク (標準偏差)が大きいために、シャープレシオが小さくなったためです。

ちなみに私は米国S&P500を分析する際にはリスク7%、リターン20%で計算します。そのデータは過去80年のデータから出したものです。今回の米国大型株のリスク・リターンは過去35年からはじき出したもので、それぞれ9.6%、16.1%。若干のずれはあるものの、まあまあ近いことは分かります。

 

関連記事:

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レバレッジETFの減価問題はなぜ嘘くさいのかを定量的に説明する。

  レバレッジETFは減価リスクがあるから危険と言われることがあります。 超簡単な例でいうと、株式指数が10%上昇し翌日10%下落した場合: レバなし:1.1 x0.9= 0.99 3倍レバ …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。再掲。 20年後の平均リターン・リスク比較: 一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13% 積立投資:平均 …

投資比率100-年齢でリスク・リターンはどう変わるか?

  リスク資産にどれだけ投資すればよいか?に100-年齢の法則があります。 例えば30歳なら現金を30%、リスク資産を70%もつというもの。 数字はともかくとして、この法則に素直に従えば年取 …

投資のリスクが大きくて何が問題なのか理解できません。リターンが大きければそれでいのでは?

    投資でリスクがいくら大きかろうがリターンが大きければよい。リスクが大きくて何が問題なのか理解できません。 というコメントを過去記事で頂きました。 大丈夫です。ほとんどの人は …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ