資産運用

ARKKをインデックス中心のポートフォリオに混ぜてリターンは上がるか? これはぜひ混ぜてみたいな ww

投稿日:




 

破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。

同社の代表的なETFを構成するイノベーション銘柄は、実はキッチリ分散が効いていると紹介しました。元ネタはこのレポート

このレポートにはもう一つ面白い事が書いてあるのですが、ポートフォリオにイノベーションETFを混ぜるとリターンが改善されるそうです。

イノベーションへの資産配分によってグローバル株式ポートフォリオの長期的なリスク調整後リターン向上が期待できるというARKの仮説を検証し、イノベーションが投資家のポートフォリオに及ぼす影響を明確に示すために、グローバル株式に投資する4通りの仮想ポートフォリオを作り、分析を行いました(図表6参照)。

ポートフォリオ1は、イノベーションへの投資リスクを取っておらず、米国株式、先進国株式、新興国株式のウェイトをそれぞれ60%、30%、10%としたものです。残りの3つのポートフォリオでは、イノベーションへの資産配分を10%以上5%刻みで追加し、残りの部分は米国株式、先進国株式、新興国株式の6対3対1の割合を維持したものです。

上の図表およびARKによる分析結果が示す通り、イノベーション関連株式へ資産配分することで、絶対およびリスク調整後ベースでプラスのリターンをもたらす可能性があります。絶対リターンでみると、2019年12月31日までの5年間において、イノベーションへの資産配分は、10%、15%、20%のいずれのウェイトでも従来型のグローバル株式ポートフォリオよりも高い年率リターンを達成しました。

 

Sponsored Link



 

これは面白いですね。全世界株式にイノベーションETFを混ぜるとリターンが向上しています。しかも投資効率の指標であるシャープレシオ (リターン / ボラテリティ)は上昇しているので、投資効率も上がっているんです。

ということは、全世界株式インデックスにARKKを10%~20%程度混ぜると、リターンとシャープレシオの両方が改善されることになります。

なるほど。ただし最近の5年間は情報技術やヘルスケアなどイノベーションに関連しそうなセクターのリターンが高かった時期でした(下の記事参照)。だからARKKを混ぜることによって、それらのセクターのリターンが押し上げられたと解釈した方がいいかも。本当に定常的にリターンが上がるのかは、直近5年以外のデータが欲しいところですが。

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター もと より:

    いつも楽しみにしています。
    ARKKに興味深々な感じですね。
    なんとなく、インデックス投資から足を踏み外して、ちょっとばかり浮気してしまいそうな
    空気を感じましたので。自分の行動を正当化する為にあれやこれや、理由付けの検証をされてたり。
    上記のETFについてよくよく調べてもいないのに外野が口を出すのは
    余計なお世話ですね。。。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      よく観察されてますね ww ご指摘の通り浮気してしまいそうでした。
      本当にやるにしても、サクソバンクへの登録や経費率などハードルが高いので、たぶん買いません。
      興味あるファンドを検証して、やっぱりやめとこう、って記事も、読み手(+自分)にとって有意義ではないかと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリーンエネルギーETFのICLN・QCLN ?? 私なら絶対買わない ww 本当に長期成長するのか??

  SMHという半導体製造企業で構成されるETFは買わないという記事を書きました。記事の最後でクリーンエネルギー系のETFも私なら買わないと書きました。ええ、買いません ww ICLNとQC …

「アナリストの予想はあてにならん」と言いながら実は一喜一憂するのはダサい

  「アナリストの株価予想なんて当てにならない。」と豪語する人は多いです。 私も同感です。アナリストの株価予想がそんなに当たるなら、アナリストは自分の予想通りに株を売買して儲けるんだからアナ …

レバレッジ3倍SPXLに投資するなら最大5年にするべきだと考える理由。ただし元本割れリスクは高い。

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。1.75倍以上のレバレッジをかけると時間とともにリターンの中央値が小さくなるためです。 …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

増加する社会保障費に我々は耐えられるのか?

  チャンドラです。   日本では少子高齢化が急速に進んでいます。 2060年には65歳以上が人口の40%を占めると言われています。 デービッド・アトキンソン氏の「日本人の勝算」に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ