資産運用

ARKKをインデックス中心のポートフォリオに混ぜてリターンは上がるか? これはぜひ混ぜてみたいな ww

投稿日:




 

破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。

同社の代表的なETFを構成するイノベーション銘柄は、実はキッチリ分散が効いていると紹介しました。元ネタはこのレポート

このレポートにはもう一つ面白い事が書いてあるのですが、ポートフォリオにイノベーションETFを混ぜるとリターンが改善されるそうです。

イノベーションへの資産配分によってグローバル株式ポートフォリオの長期的なリスク調整後リターン向上が期待できるというARKの仮説を検証し、イノベーションが投資家のポートフォリオに及ぼす影響を明確に示すために、グローバル株式に投資する4通りの仮想ポートフォリオを作り、分析を行いました(図表6参照)。

ポートフォリオ1は、イノベーションへの投資リスクを取っておらず、米国株式、先進国株式、新興国株式のウェイトをそれぞれ60%、30%、10%としたものです。残りの3つのポートフォリオでは、イノベーションへの資産配分を10%以上5%刻みで追加し、残りの部分は米国株式、先進国株式、新興国株式の6対3対1の割合を維持したものです。

上の図表およびARKによる分析結果が示す通り、イノベーション関連株式へ資産配分することで、絶対およびリスク調整後ベースでプラスのリターンをもたらす可能性があります。絶対リターンでみると、2019年12月31日までの5年間において、イノベーションへの資産配分は、10%、15%、20%のいずれのウェイトでも従来型のグローバル株式ポートフォリオよりも高い年率リターンを達成しました。

 

Sponsored Link



 

これは面白いですね。全世界株式にイノベーションETFを混ぜるとリターンが向上しています。しかも投資効率の指標であるシャープレシオ (リターン / ボラテリティ)は上昇しているので、投資効率も上がっているんです。

ということは、全世界株式インデックスにARKKを10%~20%程度混ぜると、リターンとシャープレシオの両方が改善されることになります。

なるほど。ただし最近の5年間は情報技術やヘルスケアなどイノベーションに関連しそうなセクターのリターンが高かった時期でした(下の記事参照)。だからARKKを混ぜることによって、それらのセクターのリターンが押し上げられたと解釈した方がいいかも。本当に定常的にリターンが上がるのかは、直近5年以外のデータが欲しいところですが。

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター もと より:

    いつも楽しみにしています。
    ARKKに興味深々な感じですね。
    なんとなく、インデックス投資から足を踏み外して、ちょっとばかり浮気してしまいそうな
    空気を感じましたので。自分の行動を正当化する為にあれやこれや、理由付けの検証をされてたり。
    上記のETFについてよくよく調べてもいないのに外野が口を出すのは
    余計なお世話ですね。。。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      よく観察されてますね ww ご指摘の通り浮気してしまいそうでした。
      本当にやるにしても、サクソバンクへの登録や経費率などハードルが高いので、たぶん買いません。
      興味あるファンドを検証して、やっぱりやめとこう、って記事も、読み手(+自分)にとって有意義ではないかと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

長期投資は7:3で上昇・下落の繰り返し。これが嫌なら投資やめればいいだけの話。

  インデックス投資アドバイザーのカン・チュンドさんのブログにこんなことが書いていました。 「長期投資は7:3の世界」 長期投資は7:3の世界だと思います。7割の良い年と、3割の悪い年です。 …

インデックス投資の運用益が200万円を超えました

  チャンドラです。   インデックス投資の運用益が初めて200万円を超えました。 eMAXIS Slim 米国株式と全世界株式(除く日本)が主な投資先です。   リター …

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ