資産運用

ARKKは構成銘柄間の分散が効いているのが素晴らしい。インデックス派の私もARKKは買ってみたいな ww

投稿日:




 

破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。

代表的なETFはARKKですが、そのパフォーマンスは下の通り凄まじいです。2017年以降にSPX (S&P500に連動インデックス)をアウトパフォームした後、コロナ禍でさらに大きく差をつけました。

引用: ARK

ARKKのようなアクティブファンドが注目されているとは聞いていたんですが、今更投資するのは遅いだろし、マニアックな会社を色々と寄せ集めただけじゃね?と勝手に思っていたんです。でもちょっと間違いだったようです。

テスラ以外の構成銘柄はここにリストしているので割愛するとして、驚いたのがかなりしっかりと分散投資されている点です。このレポートに詳しく書いています。

 

Sponsored Link



 

ARKでは、著しい成長と分散効果をもたらすとみられる5つの主要イノベーション・プラットフォームと14のトランスフォーマティブ・テクノロジー(変化を促す技術)を特定しています。・・・

革新的技術やその関連銘柄はボラティリティやリスクが高いと見ている投資家が多いものの、それぞれが独自の動きを示す傾向にあり、合わさると十分な分散効果をもたらしてリスクを最小化しボラティリティを低下させることができると考えています。

例えば、DNAシーケンシングなどの技術に関連する「専業」銘柄は、協働ロボットやブロックチェーン技術に関連する銘柄との相関性がかなり低水準です。実際、図表4および5によると、破壊的技術の間の相関性は、S&P500指数のセクター間の相関性よりも低い場合があります。・・・

図表5では、トランスフォーマティブ・テクノロジーの14分野を再現するものとして、それぞれの分野に対応する代表的な個別銘柄(ARKが選択)を用いています。S&P指数のセクター間の相関係数の平均値は0.55で、破壊的技術14分野の場合の0.22を2倍超上回っています。

つまり、ARKKは革新的な技術を銘柄を集めているとはいえ、それを14の分野に分類していて、なおかつ分野同士の相関が小さいのでキッチリ分散できている、ということです。

そして、その相関係数の平均 (0.22)はS&P500のセクター間の相関係数の平均 (0.55)に比べて低いんです。う~ん、面白いですね。

 

 

私はインデックス投資派でアクティブ・ファンドは買ったことがないんですが、このARKKは夢があって面白いです。単なる新興企業の寄せ集めではなくてキッチリ分散を効かしている点が素晴らしいと思いました。

知っている銘柄はテスラ以外だと、ゲノム編集技術をもつCRISPR Therapeuticsでしょうか。数年前にブルーバックスの「ゲノム編集とはなにか」を読んで衝撃を受けました。

2020年に米国のダウドナとフランスのシャルパンティエはゲノム編集技術開発でノーベル化学賞を受賞しましたね。CRISPR Therapeuticsはシャルパンティエが設立したベンチャーなんですね~。

う~ん、夢があっていいですよ、ARKK。でもちょっと上がり過ぎてる気がします。米国市場に調整入って暴落したら100万円分くらい買ってみたいです。現金貯めておくか ww

 

参考:

「ゲノム編集とはなにか」はゲノム編集技術 (CRISPR-Cas9)が分かる本。DNAの塩基配列の一部を狙って書き換えるなんて、とんでもない技術だと思いましたよ。私がブルーバックスの中でも最高傑作だと思っているワトソンの「DNA」と合わせて読むことをおススメします。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

1ドル95円まで円高 ww 本業と投資でダブルパンチ ww

  新型コロナウイルスの影響で円高が進んでいます。ゴールドマン・サックスのオッサンが1ドル95円まで円高が進む可能性があると指摘しています。Bloombergの記事から。 引用:Bloomb …

資産運用に有害な「後知恵バイアス」

  私はよくバンガード社のレポートに目を通します。理由は単純で、良い事を書いているからです。 同社は投資家の行動に関する行動ファイナンスに関するレポートを定期的に出しているのですが、その中で …

株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本でほぼ決まるのではないか?

  インデックス投資であれ高配当株投資であれ、株式投資のスタイルは一番初めに読んだ本に大きく影響を受けるのではないかと思っています。 私は一貫してインデックス投資をしています。私がこれまで読 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ