レビュー

天平の甍(井上靖)の感想

投稿日:2019年8月2日 更新日:




 

チャンドラです。

 

井上靖の天平の甍(いらか)という作品をご存知でしょうか?今から1000年以上前に中国に渡った留学僧たちの運命を描いた作品です。

日本は630年から894年の間に約20回、中国に外交使節を派遣しました。その当時の中国の王朝は唐だったので、この使節団は遣唐使とよばれています。遣唐使の主な目的の一つに、仏教の経典を収集したり唐の高名な僧侶を日本に連れてくる目的がありました。当時の日本では仏教制度がまだまだ確立できていなかったので、仏陀の説法が記録された様々な経典や経典をマスターした唐の僧侶を日本に連れて帰って、日本の仏教制度を確立させることが必要だったのです。

天平の甍では第九次遣唐使船で唐に派遣された留学僧の普照が20年間にわたって唐で仏教を学んだ後、あの有名な鑑真を日本に連れて帰るという物語です。当時は唐にわたるのも命がけでした。留学僧たちは木造の船で荒れ狂う日本海を命を懸けて見知らぬ土地へ向かっていたのです。そして唐では色々な寺院を巡りながら仏教を学び、日本へ持ち帰るために経典をひたすら写していたのです。日本へ帰るのも命がけでした。船が難破すれば留学僧たちが何年もかけて唐でひたすら写した経典もすべてパアになるのです。難破せずとも航路から外れて遠く南方に流される船もありました。その場合は原住民に殺されたりした人たちもいました。だから経典を持ち帰るのも命がけだったのです。

普照から日本行きを初めて打診された鑑真は当時55歳でしたが、弟子たちが日本行きの航海が危険で誰も行きたがらないことを知ると「お前たちが行かないならワシが行く」と言って日本行きを決断しました。そして5回の渡航失敗の後、6回目でやっと日本に到着します。5回目の渡航失敗で南方に流されてしまった鑑真は慣れない気候のために両目が失明していました。それでも日本行きを諦めなかった鑑真と、鑑真と経典を日本に連れて帰ろうとした普照の執念はすさまじいと思います。

Sponsored Link



 

この当時、新しい知識を得るという行為はまさに命かけだったのです。当時は中国の政治・文化・技術が進んでいたので、多くの日本人が命がけで中国にわたり、文化を吸収して日本に持ち帰っていたんです。情報とか知識を得るのが命がけだったからこそ、持ち帰られたものはとても尊かったし、それを受け取った多くの人がさらに研究して日本全国に広めていった。普照に経典の写本を託した業行はこう言っています。「私の写したあの経典は日本の土を踏むと、自分で歩き出しますよ。私を棄ててどんどん方々へ歩いていきますよ。大勢の僧侶があれを読み、あれを写し、あれを学ぶ。仏陀の心が、仏陀の教えが正しく広まっていく。仏殿は建てられ、あらゆる行事は盛んになる。」自分の命がけで学んだ仏教が国中に伝わり、その結果国を変えていく。だからこそ情報を取りに行くのに命を懸ける価値があったのですね。

遣唐使の時代から1000年以上経った今、情報は簡単に手に入ります。自然科学や経済学の理論はもちろんのこと、最新の株価もマウスのクリック一つで一瞬で調べることができます。そして誰もがそれを当たり前だと思っています。いい時代です。いい時代ですが、情報に対する敬意というものを忘れてしまいそうです。クリック一つで手に入る情報と、ある人が命がけで異国から持ち帰ってきた情報、どちらに対して敬意を払うかといえば、もちろん後者だと思います。「敬意を払う」というのは、その情報をパクったり、むやみにディスったり、寝ころんで鼻くそほじりながら読んだりしない、ということです。

過去に多くの日本人が命がけで先進文化を学んで日本に持ち帰り、それが日本中に広まることで日本の伝統文化が醸成されていった。そう考えると伝統文化の重みをより身近に感じ、文化に対する敬意を払えるようになると思います。そして今、最新の情報が簡単に手に入ることがどれだけ恵まれているかを感じることができると思います。

 

それでは。

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

評判が良いグラミチ ニューナローパンツ | 購入後レビュー

  私は「良いものを大切に長く使う」をポリシーとしています。その方が結果的に節約になるからです。 良いものであれば、気に入った服は色違いを複数買います。他の服を探す時間がもったいないし、面倒 …

(書評) 社畜は必読の「テヘランからきた男」。名門企業も容易に転落する様子は読んでいて虚しくなる

  私は人とか組織がどのように大きな失敗を犯すのかに非常に興味があります。それは失敗した人間のミスや罪をせせら笑って楽しむためなどではなく、自分または自分が所属する組織が同じようなミスを犯さ …

なるほど ww フランス人が家具を大切にする理由【エマニュエル・トッド】

  アンティーク家具が欲しくなってきました ww 若いころの私は家具なんて1ミリも興味がありませんでした。その後、自分の金の使い方を見直したり資産運用を始めると、やはり頑丈で長く使えて最後に …

馬油シャンプーが安くておすすめ

チャンドラです。   馬油シャンプーを2年以上愛用しています。 Amazonで見ると複数の会社が発売していますが、私が愛用しているのはこの宇津木産業が発売している1,000mlのシャンプーで …

【レビュー】ロジクールのトラックボール付きマウスに感動 ww M570 ワイヤレスマウスは凄いわ

  いやーマウスって大事ですね・・・。 これまで普通のマウスを使ていたんですが、ガジェット系に詳しい友人がやたら買え買えと薦めてくるので買い換えたんですよ。それがロジクールのトラックボール付 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ