金融工学

ギャンブルで負け続けるやつは負け続けることを示す逆正弦法則 ww

投稿日:2021年7月30日 更新日:

 




 

ギャンブルに関する直観に反した結果。それが逆正弦法則。

コイン投げゲームをするとします。

コインを投げて表が出れば+1点もらえて、裏が出れば-1点というルールです。表が出る確率は1/2。裏が出る確率も1/2です。

このゲームを何回も続けて、点数がゼロより大きい勝ち越しにある期間と、点数がマイナスの負け越しにある期間を調べるとどうなるか?

下のグラフは横軸を勝ち越し率 (勝ち越した期間 / コイン投げを続けた期間)を横軸に、縦軸に確率をプロットしたもの。

これを見ると、勝ち越し率が1(勝ちまくる)確率と勝ち越し率がゼロ(負けまくり)の二極化することが分かります。

極端な言い方をすれば、コイン投げのような結果がランダムなギャンブルを何回も繰り返すと、負け組と勝ち組に二極化するということなんです。

上に示した勝ち越し率の数式はサイン関数の逆関数なので「逆正弦法則」と呼ばれています。これはナカナカ面白いですね ww

 

Sponsored Link



 

ちなみに逆正弦関数を積分した結果が下の図です。横軸は勝ち越し率、縦軸はその勝ち越し率以下となる確率です。

例えば勝ち越し率が10%以下となる確率と勝ち越し率が90%以上となる確率は、共にそれぞれ20%近くあります。

さらに、勝ち越し率20%以下と勝ち越し率80%以上となる確率はそれぞれ30%。つまりゲームをすれば60%の確率で勝ち越し率20%以下か80%以上に入るんです。

勝ち越し率50%の確率がなんとなく高そうですが、そうではないことが数式で証明できるんですね。これは面白いですよ。

数式を知りたい方はコチラを参照

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500の過去リターンをパレート図で見る。明かされる元本割れ確率。

    過去記事でS&P500のリターンをヒストグラムにして視覚化しました。 S&P500の過去リターンをヒストグラムで見る。非対称なグラフが示す成長性。 &nbs …

「ライフサイクル投資術」の相対的リスク回避度グラフを効用関数を使って導出する。

  前回の記事からの続き。 「ライフサイクル投資術」では相対的リスク回避度 (RRA)を下のグラフから読み取れ、と書いています。 このグラフはどうやって作られたのか?「ライフサイクル投資術」 …

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …

レバレッジ3倍SPXLに投資するなら最大5年にするべきだと考える理由。ただし元本割れリスクは高い。

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。1.75倍以上のレバレッジをかけると時間とともにリターンの中央値が小さくなるためです。 …

S&P500を積み立て投資したリターンの確率分布の形状からリスク低減を理解する。

  前回の記事の続きです。 S&P500に一括投資したリターンの確率分布と、毎年定額つみたて投資した際のリターンの確率分布はどう違うか? 積み立て投資した際のリターンの確率分布の計算 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ