資産運用

他人に評価損を指摘されると腹立つ ww

投稿日:2020年3月18日 更新日:




 

3月16日の米国株式市場は大荒れ。S&P500は12%安の2386まで下げました。2019年の上昇分をほぼ全て失うという結果に。こんなに下がると思っていませんでした。ゴールドマンのオッサンの予想は爆速で的中し、そして株価はすぐにその先へ落ちていきました。

ところで私は一部の親戚に株式投資をしていると伝えています。その親戚も私同様に株のド素人なんですが、最近の株価暴落を心配していて株を売ろうか悩んでいる模様。まあ証券会社のオッサンにノせられて、聞いたこともない日系企業の株を買っている時点でインデックス派の私とは考え方も違うし、その人がどれだけ損しようが得しようが興味はないのですが ww

で、聞かれるわけですよ。

「最近、日経もダウもメチャクチャ下がっているけど大丈夫なのか!?」

 

こういうことを言ってくる人間が一番面倒くさい ww オカンかよと ww

何回も書き尽くしてきていることですが、株式指数は放置しておけばそのうち上がるのは歴史が証明してるんですよ。力のある企業が構成銘柄となり、力を失った企業が構成銘柄から外れていく。インデックスなら一時的に20%下がろうが30%下がろうがホールドしてじっと我慢しておけばいいんです。「大丈夫なのか?」ってどう意味なんだよと ww 「今」は大丈夫なわけないでしょ、爆損だしてるんだから。でもここで根負けして売る方がずっと「大丈夫じゃない」わけです。ここが耐え時で、怖気ずに買いを継続するんです。サイの角のようにひたすら前進するんですよ。外乱に負けず。

爆損出しているときは「大丈夫なのか?」と無邪気に聞かれることほどカチンとくることはありません。なんか受験生が模試の成績でカスみたいな点数を取ったときにオカンから「本当に志望校受かるのか?」と聞いてくるのと似てますね。オカンに逆切れする高校生の姿が容易に目に浮かぶ ww ここでカチンとくるということは、私も実は心の底では動揺しているのかもしれません。まだまだ研鑽が足りませんね。

 

メンドクサ ww という方はこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

株式投資するなら貯金の割合は生活費1.5か月で十分な理由。ただし3か月分あれば安心感が手に入る。

  インデックス投資をする場合、株式と貯金の比率を何%にするべきかという議論がおきます。株式の比率を100-年齢にするべきという意見もあれば、3か月分の生活費を現金として確保したほうがいいと …

「平均値」より大きいか小さいかでクヨクヨ心配するのはもうやめようか

  「心配学~本当の確率となぜずれる?」という本からの引用。 身長など、自然界の数値は左右対称になることが多く、図1の下のグラフのように、収入など人間社会の数値はゆがんだ形が多くみられます。 …

インデックスファンド積立を継続するコツ。受動的な姿勢より積極的に学ぶ方がいいと思うが。

  トウシルの記事からの引用。 今こそ確認したい、インデックスファンドとうまく付き合うコツ 投資初心者にもおすすめとされるつみたてNISAで、インデックスファンドの選択肢が多いのは、ファンド …

物価は奥が深くて面白い。名著「物価とは何か」でインフレ・デフレを学ぶ。

  経済学にはとことん疎い私が経済学関係の本で、コレは面白いな!と感心したのが「物価とは何か」という本。これは名著リスト入りだな・・・。 私が面白いなと思ったのが物価を決める大きな要素が人々 …

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

  チャンドラです。   私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。 個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動き …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ