社畜

Amazonは博覧強記なレビュアーを見つけるのが面白い

投稿日:2020年8月19日 更新日:




 

Amazonで本を買うとき、レビューを参照して買う人は多いと思います。

私もそうなんですが、たまに恐ろしく博学でレビューも鋭い人がいるんです。そして本を買うよりも、その人がどんな本を読んできて、どんなレビューを書いているのか、そっちの方に関心が移ってしまうことがあるんです。

 

例えば最近、「21世紀の啓蒙」という本を買おうかなとレビューを呼んでいたのですが、レビューのトップに出てきたのがこれです。

 

 

もはや長すぎてスクリーンショットも貼れないわけですが、面白い部分だけ抜き出したのがこれ。

思い出して欲しい、50年ほど前の世界を。後進国(開発途上国)の爆発的人口増加で食糧危機が叫ばれていたことを、それが今、それらの国々から多くの観光客が日本を訪れている。オイルショックでエネルギー危機が叫ばれてれていたことを、エイズなど感染症への恐怖が世界に蔓延していたことを。評論家や学者連中がまるで明日にでも世界が崩壊するように騒ぎ立てていたことを。それが現代どうなっているのかを。宗教的・社会的因習がいまなお強く残っている地域でさえももちろん不十分極まりないにしても以前に比べ現代ははるかに人命が尊ばれていることを(以前は隠し通すことができた虐殺や迫害もインターネットにより瞬時に世界中が知ることとなる現代、どのような地域でも交易など外部との交流が不可欠な現代、為政者もその影響を考えざるを得ない。もちろん知られることを恐れ強権的に防ごうとする為政者は現代も多いがそれがうまくいかないことはソ連など旧社会主義国家の崩壊など歴史が証明している。)。あらゆる分野での絶え間ない科学的進歩、分業と交易のグローバル化など様々な「イノベーション」が徐々に、そしてかなりの負の副産物を生んでいるにしても確実に多くの問題を解決してきたのではないだろうか。それが現代・将来・未来には起こらないと考えるのはおかしいのではないだろうか

私は本書をまだ読んでないのでこれが感想なのか引用なのかはよく分かりませんが、「未来が過去よりもよくなるはずだ」という主題の根拠を生き生きと伝えていますね。説得力を感じるし、博学さもうかがえます。

 

Sponsored Link



 

で、Amazonではレビュアーのレビュー履歴を見ることができるんですが、やはり博覧強記な人は他の本のレビューも博覧強記なんですね。

特に「歴史と戦争」という本のレビューはなかなか物議を醸す内容だし、読んでいてかなり引き込まれるものがありますね。(センシティブな内容なのでここには引用しません。興味あればどうぞ。)

 

 

というわけで、Amazonで面白いレビューを見たら、その人の他のレビューも見てみることをおススメします。

博学な人の主張がいつも正しいかどうかは別にして、どんな本を読んでいるのかは参考になるし、良書を発見できるチャンスかもしれませんよ。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター 謝謝 より:

    旁观者清 当局者迷 という中国の諺があります。当事者がなかなか全体像が見えないですが、今を生きている我々みんな当事者ですね。歴史を学び、長ーい視点でいろんな角度で物事を見る習慣をつけないといけないと改めて思いました。
    米国株も同じように歴史を繰り返し、暴落しながら上へ向かっています。
    個別株に浮気せず、敗者のゲームに書かれているインデックス投資を忠実に行なっている社畜さんが一番正解ですね。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      中国語のことわざ、どうもありがとうございます。勉強になりました。

      >個別株に浮気せず、敗者のゲームに書かれているインデックス投資を忠実に行なっている社畜さんが一番正解ですね。

      これが正解なのかは自信がないのですが、高い確率で資産を増やせる投資手法だと思っています。あとはBuy and Holdも大切ですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メルカリで必死にネゴっても日高屋で定食食ったら努力は水の泡 ww

  私は不用品をよくメルカリで売ります。いったん出品するとほとんどの場合、値下げ交渉されます。私は交渉は嫌いではないので交渉を受けたら色々と工夫します。 例えば相手が値下げ交渉してくることは …

あると便利な年収・手取り早見表はこれ

  ちょうど今月の給与明細を見ていて気が付いたのですが、住民税が激上がりしているぜいで、手取りが全然増えません。 今年は少しばかり昇給したので手取りが増えるかと思いきや、それと全く同じペース …

なぜ映画「ランボー」は私の涙を誘うのか

  私がハリウッド映画の最高傑作だと思っているのが「ランボー」です。ランボーシリーズはどれも好きなのですが、特に第1作は素晴らしく、涙なしにはみることはできません。 ランボーシリーズといえば …

【恐怖】「私の部屋を貸すわよ」と交渉してきた謎のバアさん

  私が社会人になったころは会社の社宅に住んでいました。 私は地方出身なので土地勘もなく、上京してきた当時は土地勘を養うために社宅の周りをウロウロしていたのですね。   ある日、社 …

ファイト・クラブ | グサグサ刺してくるタイラー・ダーデンの名言 ww

  チャンドラです。   ファイト・クラブという映画をご存知でしょうか? エドワード・ノートンとブラッド・ピットが主演のサスペンス映画です。 不眠症に悩まされる平凡サラリーマン(エ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ