レビュー

【衝撃】アマゾン化する未来 (ベゾノミクスが世界を埋め尽くす)

投稿日:2021年2月7日 更新日:




 

アマゾンの現在を知るには良書です。

アマゾンの規模の大きさは下の引用を見れば明らかでしょう。

2017年のホリデーシーズンには、オンラインで買い物をする米国人の4分の3が、その購入の大部分をアマゾンで行うつもりだと答えている。・・

米国の世帯のうち、教会に通っているのは51%なのに対して、アマゾン・プライムに加入しているのは52%というのも納得できるだろう。・・

アマゾンは米国における全世帯の支出の2.1%、年間収入が6万3000ドルの米国家庭の場合で言えば、約1320ドルを吸い上げているのだ。・・

世論調査によると、トイレに行っている間、仕事中、渋滞中、酔っているときに、オンラインショッピングをしたことがあるという結果が出ている。・・・

Sponsored Link



 

アマゾンがサイトやアレクサから顧客のデータを大量に吸い上げ、顧客が好む商品を薦めることで、顧客がもっとアマゾンで買い物をするように技術を磨いていくプロセスがよく分かります。

ワンクリック購入ボタンはフェイスブックなどで「いいね!」を得るのと似た反応を引き起こすことが分かっているそうです。このあたりからもアマゾンが、心理的なアプローチで顧客満足感を与えていることが分かります。

帯には、「コロナ後は、アマゾンが支配する大部分と、小さな領域をミニ・アマゾンたちが奪い合う過酷な世界」と書かれていますが、アマゾンが小売業界を支配しつつある現状を見ると誇張ではないような気もします。

小売業者がアマゾンに支配されないためには、「店とは何か?」と問い直すことが必要だと本書は説きます。アマゾンで買えるものを店先に並べて売るだけなら、消費者は家でコーヒー飲みながらワンクリックボタン押して配達を待てばいいわけで、アマゾン以外で買う理由はない。

アマゾンと差別化する方法の一つが顧客体験。たとえばナイキはスニーカーをカスタマイズできるようにしたり、スマホのアプリで商品を予約し、店のロッカーに保管したスニーカーを試着したり受け取ったりできる。会員になれば限定品の購入・スタイリングの相談やマラソン用シューズの相談ができる。

アマゾン以外の企業がアマゾンに支配されないためには、顧客にアマゾン以外で買うことのメリットを与えなければ生き残れない時代が来ている、そんな時代が来ている。

アマゾンは金融や医療の領域にも進出する兆しがでています。「自分たちにできてアマゾンにできないものは何か?」を様々な業界が考えざるを得ない時代が来るかも。。。すごい時代になりましたね。。。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

AIが仕事を奪うと煽るのはもうやめてくれないか

  人工知能 (AI)が仕事を奪うとは、ここ最近どこでも聞く話です。私の記憶では、オクスフォード大学の研究者が米国で10~20年以内に労働人口の47%が機械に代替されるという論文を出したのが …

最強の高級椅子「オカムラ コンテッサ」使って5年経過。全然壊れないんだが ww

  私の家の中で高額な物ランキングを上げると、 1位:ドラム式洗濯機 2位:デスクチェア 3位:ディスプレー 2位のデスクチェアーはオカムラのコンテッサを使っているのですが、これはもう最高で …

快眠への投資 | 夜遅くまで残業するサラリーマンがこだわる寝具を紹介

    チャンドラです。   皆さんお仕事ご苦労様です。 私は平日夜の9時頃帰宅します。遅い時は11時に帰宅することもあります。そんなときはクタクタです。朝は6時に起きる …

遂に買ったJabra Elite 85tをレビュー。強いノイズキャンセリングがメッチャいいぞ ww

  前から気になっていたJabra Elite 85tを遂に購入。 25,000円超えの高級イヤホンなので買うかかなり迷っていたのですが、前から使っていたSonyのWI-1000Xが1万円超 …

バビロンの大富豪 | 社畜による「黄金の七つの知恵」の解説と実践方法

  「バビロンの大富豪」は富を増やす不変の法則を紹介しています。 1920年に出版された本書は、今でも多くの人々に愛読されている名著です。   バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」は …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ