資産運用 金融工学

オールウェザー・ポートフォリオはレバレッジ3倍でも十分安全か?

投稿日:2021年3月19日 更新日:




 

前の記事でレイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを紹介しました。簡単におさらい。

このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするので、分散を効かせてどんな季節がきても資産を大きく減らさないようにしているというわけです。「季節」とは「インフレの季節」「デフレの季節」「経済成長の季節」「経済停滞の季節」です。

30% 株式

40% 長期米国債

15% 中期米国債

7.5% 金

7.5% コモデティ

引用: Optimized Portfolio

このポートフォリオはS&P500に比べてシャープ・レシオが異常に高いんです。リターンに大きな差はないのに、リスクが半分以下だからです。

AW: 年率リターン (7.93%)・リスク (7.36%)

S&P500: 年率リターン (8.65%)・リスク (15.38%)

過去記事に書きましたが、あるポートフォリオにレバレッジをかける際に最適なレバレッジが存在します。ポートフォリオにレバレッジをかければかけるほどリターンの中央値が大きくなりますが、ある閾値を超えると中央値は低下します。その閾値こそが最適なレバレッジ。

従って最適なレバレッジは中央値が最大となるレバレッジだと結論できます。その値はリターン(μ)をリスク(σ)の2乗で割った値です。リターンをリスクで割った値をシャープ・レシオと呼ぶので、シャープレシオをリスクで割った値とも言えます。

 

Sponsored Link



 

オールウェザーはレバレッジをたくさんかけても問題ない感じがプンプンします。なぜならリスクが小さいから、リスクが小さければ小さいほど最適レバレッジの値が大きくなるからです。

AW: 年率リターン (7.93%)・リスク (7.36%)

S&P500: 年率リターン (8.65%)・リスク (15.38%)

この値を使って最適レバレッジを計算してみると、

AW: 14.6倍

S&P500: 3.6倍

過去記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍だと書きました。過去記事の場合はS&P500のリスク・リターンを過去90年のデータから各々20%・7%で計算しました。なので今回の結果 (3.6倍)と乖離があります。(ちなみに過去記事ではS&500のレバ3倍は高すぎると結論しています。)

一方でAWはレバ14.6倍が最適となっています。もっと長い期間をとってリスクとリターンを計算しなおすと最適レバの値も変わるかもしれません。それにしても14倍という数字は驚異的です。

ちなみに引用先の記事ではAWにレバレッジをかけた場合とS&P500を比較していますが、S&P500にボロ勝ちしていますね。レバ3倍のリターンはS&P500の約5倍です。

Sponsored Link



 

というわけで2007年以降のデータに基づけばオールウェザー・ポートフォリオの最適レバレッジは14倍だと分かりました。現実的には14倍もレバレッジをかける方法は、あるのかすらよく分からいのでレバレッジETFなどを組み合わせて2倍か3倍のレバレッジをかけるのが現実的かと思います。

リスク許容度が低い私でもオールウェザーの2倍レバならやってみたい気がしますね。2倍ならリスク・リターンは15%・14%。過去90年のデータによるとS&P500のリスク・リターンは20%・7%。明らかにオールウェザーのレバ2倍の方が安全に高いリターンを上げれそうです。(ETFの手数料を考慮したリターンは別途調査が必要ですが)

 

オールウェザー・ポートフォリオを紹介した書籍:

関連記事:

レバレッジ3倍SPXLに投資するなら最大5年にするべきだと考える理由。ただし元本割れリスクは高い。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


  1. アバター k より:

    >このポートフォリオはS&P500に比べてシャープ・レシオが異常に低いんです。

    もしかしたら「シャープ・レシオが異常に高い」でしょうか

    (あなたの記事はとても素晴らしいと思います)

    • chandra11 chandra11 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      「シャープ・レシオが異常に高い」が正しいです。修正させて頂きました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500リターンの確率分布から分かるリターン5倍以上の確率。

  前記事からの続きです。 S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分布は下の通りです。 確率分布の形は分かったと。ではリターンが2 …

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月5万円を投資し続けた場合を考えます。   …

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

株式投資するなら貯金の割合は生活費1.5か月で十分な理由。ただし3か月分あれば安心感が手に入る。

  インデックス投資をする場合、株式と貯金の比率を何%にするべきかという議論がおきます。株式の比率を100-年齢にするべきという意見もあれば、3か月分の生活費を現金として確保したほうがいいと …

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

  インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。 この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ