社畜

「明けましておめでとう」が言えない人 ~ なぜ挨拶が大切かを真面目に考える

投稿日:2019年1月7日 更新日:

 

 

チャンドラです。

 

新年が始まりました。会社では多くの人が「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と挨拶回りをしていました。

ところが一部の若い人(私も若いけど)は「明けましておめでとう」が言えない。普段会話をする人でも、ちゃんとできていない人が少なからずいるのです。

 

実は私も数年前までは「明けましておめでとう」とか言うのはイチイチ面倒くさいな~とか考えていました。まあ日本の伝統だからやっとくか程度でした。

ではなぜ伝統に則って「明けましておめでとう」と言うことが大切なのか?そもそも何故伝統に従うのか?

 




 

挨拶は共存への意志

 

私が最近読んでいる「大衆の反逆」という本にそのヒントが書かれていました。スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットが書いた本です。

「大衆の反逆」の内容を簡単に言うと「物質的に恵まれた環境におかれ、その恩恵を忘れて自らの権利ばかりを主張する甘やかされた「大衆」が権力をにぎるのが現代の「大衆社会」だ」です。

 

 

とても内容が深い本なので詳細は別途紹介するとして、私が気になった文を引用します。

手続き、規則、礼儀・・・・これら全てはいったい何のために発明されたのだろうか。かかる煩雑さはいったい何のために創り出されたのだろうか。

これらは全て「文明」という言葉に要約されるものであり・・・そうした煩雑さの全てをもって共存を可能たらしめようというわけである。

これらすべては各人がもっている他のすべての人を頼りにしたいという根本的・漸増的な欲求を前提としているのである。

文明とは、何よりもまず、共存への意志である。

 

つまり挨拶は人間が「共存していく」うえで必要なのです。

人間は人を頼らずに生きていくことはできません。たとえ「自分は人に頼っていない」と考えたところで、コンビニでお茶を買うだけで多くの人に頼っている。茶葉を育てる人、飲料メーカーの人、ペットボトルを作る人、それを工場からコンビニに運ぶ人、レジ打ちの人、などなど。

だから挨拶をするのは「自分が人に頼って生きている」ということを謙虚に示す行為ではないだろうか。その謙虚さこそが共存への意志だと思う。共存への意志がなければ文明はなく、それは野蛮ということです。

 

こう考えると、「明けましておめでとう」と言わないのは、「自分は誰にも頼らず生きています」という意志の表明になってしまいます。これは明らかに損です。なぜならそのような表明をした人を(キリストのような聖人は除くとして)他人は絶対に助けてくれないから。そしてそのような考えは必ずと言っていいほど体からにじみ出てしまう。普段の挨拶、態度、話し方、などなど。

 

 

まずはやってみる

 

挨拶が共存への意志、とか言われてもピンとこないかもしれません。難しく考えず、まずは身近な人に対してニコッと笑って「明けましておめでとうございます」と言ってみるのがいいと思います。一人に対してわずか5秒で済むことです。「やらないよりやっとく方がマシ」の考えでいいと思います。

そういうことを繰り返して人を助けたり人に助けられる経験をすれば、「共存」の意味も自ずと分かってくると思います。

私もやっと少しずつ分かってきたところです。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性が結婚相手に求める年収は600万。でも年収より大切なのは管理能力だッ!

  チャンドラです。   マイナビによると女性の半分が結婚相手に求める理想の年収が600万円と回答しています。 引用:マイナビ 年収600万円以上の25~34歳の独身男性はわずか3 …

Amazon PrimeでNHKオンデマンドが見れる!即契約 ww

Sponsored Link     テレビを持っているだけで受信料を払う必要があるエゲつないNHKですが、名作と呼ばれるドキュメンタリー番組が多いのも事実。 過去の名作番組を見た …

単身引っ越しにかかった費用を公開 ~ 引っ越しの手続き・家賃交渉も紹介

    チャンドラです。   私は今年5年ぶりに引っ越しをしました。引っ越しには色々と準備が必要です。そして費用もかかります。 今回は私が引っ越しにかかった費用を紹介しま …

将来ノーベル賞は中国で増え、日本は減ると思う

  チャンドラです。   ノーベル賞は物理・化学・医学などの分野で傑出した功績を残した人に授与される、最も権威がある賞です。 日本人はこれまで26人が受賞し、受賞者数は世界第6位で …

久々の合コンでまた金をドブに捨てました ww

    私は何も学んでいない。   昔こういう記事を書いて自分を戒めていたにも関わらず、合コンに参加してしまいました。 合コン:ドブ捨て金額10万円 断言します。無駄です …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ