社畜

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

投稿日:




 

NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。

携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格安の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。

そんな中、昨年12月から同社がドコモショップを営む携帯販売代理店に対し、アハモを前面に押し出して客を勧誘したうえで、高額な大容量プラン「ギガホ」などに誘導するように指示をしていたことが、東洋経済の取材でわかった。・・・

アハモは利用できる月間データ容量が20GB、5分以内の通話無料で月額税別2700円という内容だ。オンライン受付専用のプランで、ドコモショップからは申し込めない。

にもかかわらず全国各地のドコモショップの出張販売の出店では2020年12月以降、ドコモからの指示に従ってアハモのポスターや旗を掲げ、盛んに宣伝している。ドコモはこうした手法を「アハモフック」(フック=「ひっかけるための道具」の意味)と社内資料で称している。

社内資料で「アハモフック」と書かれているのが興味深いな ww

 

Sponsored Link



 

スマホでも投資信託でもなんでもいいのですが、ネットで買える(または契約できる)ものをわざわざ店頭で販売していることの意味を消費者はもう少しよく考える時代になってると思います。

当たり前ですが、店頭で販売するのは莫大なコストがかかるんですよ。賃料、光熱費、人件費・・・。

服とか家電を店頭で買うのならまだ分かります。実際に試着したり触ったり装着してみないとサイズ感とかが掴めないから。

でもスマホのプラントか投資信託なんて、紙に書いてるサービス内容が全てなんです。それをわざわざ店頭で売っているその意図は何か?

なんで企業は紙で読ませればいいものを、多額のコストをかけてまでも駅前に店を構えて、人件費かけて売るのか?そのコストはどうやって回収しているのか?

サービス内容をより客に理解してもらうため、と言えます。でもそれならそもそものサービス内容を超分かりやすくしてウェブサイトで年寄りでも読めるデカ字で表示すればいいんです。(でもやってないよね。特にスマホのプランはヒドイ ww)

でもそうしていない理由は・・・。やはり高額プランに誘導と考えるのが自然だと思います。

もちろん法律違反はダメですが、企業が消費者にできるだけ高いものを買わせようとするのは自然なことでは?

その辺を理解していないと・・・搾取されるだけかもしれませんね・・・。

 

私もヤラれた過去があるから。今考えても悔しいわ ww

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外資系企業とむりやり英語で転職面接させられたはなし | 一問一答

  チャンドラです。   スカイプで欧米の企業と転職面接した話をします。正確に言うと無理矢理やらされたのですが。外資系企業への転職活動されている方の参考になれば幸いです。 &nbs …

ココナラで一気にレギュラーからプラチナランクになりました。私が心掛けたことを紹介。

  ココナラの出品者ランクが一気にレギュラーからプラチナになりました。 ココナラには出品者のランク付け制度があって、プラチナは最上位です。直近3か月の販売額が10万円以上、納品完了率90%以 …

3か月ホテル暮らしした結果 ww 快適過ぎて家よりよかったわ ww

  最近はホテル暮らしが流行っているそうですね。東洋経済の記事より抜粋。 2021年に入ってから、「ホテルに住む」というコンセプトのもと、長期滞在向けのプランが次々と登場しています。以前から …

「論理的」とか「ロジカル」という言葉を振りかざす人はプライドが過剰 ww

  読んでいた本「瞬時に切り返す会話術」に面白いことがかいてあったので引用。 (ちなみにこの本、よくあるハウツー本の一つですが、結構参考になります。私がよく上司に詰められるからか ww) 瞬 …

オンラインサロンにハマる人たち ww 「なぜ他人が自分を肯定してくれるのか」を考えた方がいいが ww

  クローズアップ現代で面白い特集をやってました。「追跡!オンラインサロン コロナ禍でハマる人たち」。 私、オンラインサロンって入ったことないし、周りでも入会してる人がいないので興味があって …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ