社畜

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

投稿日:




 

NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。

携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格安の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。

そんな中、昨年12月から同社がドコモショップを営む携帯販売代理店に対し、アハモを前面に押し出して客を勧誘したうえで、高額な大容量プラン「ギガホ」などに誘導するように指示をしていたことが、東洋経済の取材でわかった。・・・

アハモは利用できる月間データ容量が20GB、5分以内の通話無料で月額税別2700円という内容だ。オンライン受付専用のプランで、ドコモショップからは申し込めない。

にもかかわらず全国各地のドコモショップの出張販売の出店では2020年12月以降、ドコモからの指示に従ってアハモのポスターや旗を掲げ、盛んに宣伝している。ドコモはこうした手法を「アハモフック」(フック=「ひっかけるための道具」の意味)と社内資料で称している。

社内資料で「アハモフック」と書かれているのが興味深いな ww

 

Sponsored Link



 

スマホでも投資信託でもなんでもいいのですが、ネットで買える(または契約できる)ものをわざわざ店頭で販売していることの意味を消費者はもう少しよく考える時代になってると思います。

当たり前ですが、店頭で販売するのは莫大なコストがかかるんですよ。賃料、光熱費、人件費・・・。

服とか家電を店頭で買うのならまだ分かります。実際に試着したり触ったり装着してみないとサイズ感とかが掴めないから。

でもスマホのプラントか投資信託なんて、紙に書いてるサービス内容が全てなんです。それをわざわざ店頭で売っているその意図は何か?

なんで企業は紙で読ませればいいものを、多額のコストをかけてまでも駅前に店を構えて、人件費かけて売るのか?そのコストはどうやって回収しているのか?

サービス内容をより客に理解してもらうため、と言えます。でもそれならそもそものサービス内容を超分かりやすくしてウェブサイトで年寄りでも読めるデカ字で表示すればいいんです。(でもやってないよね。特にスマホのプランはヒドイ ww)

でもそうしていない理由は・・・。やはり高額プランに誘導と考えるのが自然だと思います。

もちろん法律違反はダメですが、企業が消費者にできるだけ高いものを買わせようとするのは自然なことでは?

その辺を理解していないと・・・搾取されるだけかもしれませんね・・・。

 

私もヤラれた過去があるから。今考えても悔しいわ ww

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親世代のお金の考え方はあてにならない

  チャンドラです。 総務省によると65歳以上の高齢者世帯の金融資産の全国平均は2,003万円だったそうです。最も高いのが東京都の2,689万円。2位は奈良県で株式投資信託を保有する世帯の割 …

時代遅れの島耕作 ww

  私が大学生のころ島耕作シリーズが友人の家にそろっていました。結構面白くてのめり込むように読んでいたのですが、内容がとにかくぶっとんでいる。 オフィスでタバコを吸いまくるわ、上司はパワハラ …

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな ww

  私はサラリーマンですが、サラリーマンが会社で働いて毎月給料もらうのと、株式投資して金を稼ぐのって、どちらがリスクとっているんでしょうか? 言うまでもなく後者です。 サラリーマンは確かに会 …

雑な関西人がインデックス投資を熱く語るで ww

  まいど!社畜やで ww ワシ、サラリーマンやねんけど、毎日毎日朝から晩まで仕事で、家と会社の往復や。なんなら週末も仕事しとるで。30越すと週末勤務って体にコタえるんやわ。ホンマきついで。 …

コロナ危機に対するエリザベス女王のスピーチは聞いておくべき

  イギリスのエリザベス女王が国民に向けてビデオメッセージを発表しました。女王の5分程度のスピーチを聞いて感じたこと。それは女王のスピーチが人を奮い立たせる要素を全て含んでいて、コロナ感染拡 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ