社畜

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

投稿日:




 

NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。

携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格安の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。

そんな中、昨年12月から同社がドコモショップを営む携帯販売代理店に対し、アハモを前面に押し出して客を勧誘したうえで、高額な大容量プラン「ギガホ」などに誘導するように指示をしていたことが、東洋経済の取材でわかった。・・・

アハモは利用できる月間データ容量が20GB、5分以内の通話無料で月額税別2700円という内容だ。オンライン受付専用のプランで、ドコモショップからは申し込めない。

にもかかわらず全国各地のドコモショップの出張販売の出店では2020年12月以降、ドコモからの指示に従ってアハモのポスターや旗を掲げ、盛んに宣伝している。ドコモはこうした手法を「アハモフック」(フック=「ひっかけるための道具」の意味)と社内資料で称している。

社内資料で「アハモフック」と書かれているのが興味深いな ww

 

Sponsored Link



 

スマホでも投資信託でもなんでもいいのですが、ネットで買える(または契約できる)ものをわざわざ店頭で販売していることの意味を消費者はもう少しよく考える時代になってると思います。

当たり前ですが、店頭で販売するのは莫大なコストがかかるんですよ。賃料、光熱費、人件費・・・。

服とか家電を店頭で買うのならまだ分かります。実際に試着したり触ったり装着してみないとサイズ感とかが掴めないから。

でもスマホのプラントか投資信託なんて、紙に書いてるサービス内容が全てなんです。それをわざわざ店頭で売っているその意図は何か?

なんで企業は紙で読ませればいいものを、多額のコストをかけてまでも駅前に店を構えて、人件費かけて売るのか?そのコストはどうやって回収しているのか?

サービス内容をより客に理解してもらうため、と言えます。でもそれならそもそものサービス内容を超分かりやすくしてウェブサイトで年寄りでも読めるデカ字で表示すればいいんです。(でもやってないよね。特にスマホのプランはヒドイ ww)

でもそうしていない理由は・・・。やはり高額プランに誘導と考えるのが自然だと思います。

もちろん法律違反はダメですが、企業が消費者にできるだけ高いものを買わせようとするのは自然なことでは?

その辺を理解していないと・・・搾取されるだけかもしれませんね・・・。

 

私もヤラれた過去があるから。今考えても悔しいわ ww

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

優秀な人材が転職していく会社の利益はどんどん下がると思うな ww

  私が今の会社に入社して以来、多くの人が転職していくのを見てきました。私の同年代なら半分近くが辞めたかな。 どんな人が辞めているか?感覚的ですが、転職した人のうち優秀な人と普通の人の割合は …

世界最高の国ランキングで上位の日本。総合的に見れば日本は良い国。嫌ならカナダ行けばいいのでは ww

  USNewsによると2020年の「世界最高の国ランキング」によると日本はスイス、カナダに次いで世界3位。 なんだか高すぎないか?他の国は?と思って上位国を見てみると、スイス、カナダ、日本 …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …

社畜が名刺にも書けるPMP資格を取得!資格取得のメリットを紹介!

    私は2018年2月にPMP (Project Management Professional)を取得しました。 勉強時間は約3ヶ月で一発合格することができました。 &nbs …

人生で必要なのは図太さ | 投資・仕事・私生活

  チャンドラです。   30数年生きてきて、分かったこと。 図太さがないと人生やっていけないな、 と感じています。   例えば仕事。 私が勤めている会社はブラック企業と …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ