資産運用

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

投稿日:




 

企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。

S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら:

年齢が上がるとボラテリティが下がっていることが分かります。年齢が上昇るすほど経営の安定性が高まるの株価も安定していくというのは直観的に理解できます。

S&P500の企業年齢と株価上昇率の関係はこちら:

年齢が上がるほど株価成長率は下がっていることが分かります。一方で上場後間もないいくつかの企業に著しい上昇率を示す企業があることも分かります。

従って米国企業の場合、企業年齢が高まるほどボラテリティと株価上昇率がともに下がることが分かります。逆に新興企業ほどボラテリティが下がるが、一部に異常な株価上昇率を示す企業が出てくる。

まあ、ここまでは予想通りなのですが、面白いことに日本企業は違った傾向を示すことが分かっています。

 

Sponsored Link



 

日本企業の場合、企業年齢が上がるほどボラテリティが下がるのは米国と共通しているのですが、株価上昇率は高まる傾向にあるそうです。

 

企業年齢と株価上昇率の関係に関して日米で異なる傾向が出ている理由として、米国には新興企業の将来性を見極める投資ファンドの層が厚いのに対して、日本では成熟企業を投資対象として好む土壌があると考察されています。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

投資やるなら「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

総資産は大人の成績通知表だ!

  チャンドラです。   BRUTUSという雑誌に「預金通帳は大人の通知表」という題名の記事を見つけました。とても参考になったので一部だけ抜粋します。 社会に出ると学生時代のように …

投資アドバイスはもらうより売る方がはるかに儲かる【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 私はインデックス投資を志向しているので同書への入れ込みが多少激しいのは否定できませんが、それにしても勉強に …

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

グローバル3倍3分法ファンドの評価。シャープレシオは高いが私なら買わないな ww

  グローバル3倍3分法ファンド。 そういうファンドがあることは知っていましたが、私は3倍レバレッジという時点で却下というスタンスなので、今まで中身を真面目に見たことはありませんでした。(却 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ