資産運用

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

投稿日:




 

企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。

S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら:

年齢が上がるとボラテリティが下がっていることが分かります。年齢が上昇るすほど経営の安定性が高まるの株価も安定していくというのは直観的に理解できます。

S&P500の企業年齢と株価上昇率の関係はこちら:

年齢が上がるほど株価成長率は下がっていることが分かります。一方で上場後間もないいくつかの企業に著しい上昇率を示す企業があることも分かります。

従って米国企業の場合、企業年齢が高まるほどボラテリティと株価上昇率がともに下がることが分かります。逆に新興企業ほどボラテリティが下がるが、一部に異常な株価上昇率を示す企業が出てくる。

まあ、ここまでは予想通りなのですが、面白いことに日本企業は違った傾向を示すことが分かっています。

 

Sponsored Link



 

日本企業の場合、企業年齢が上がるほどボラテリティが下がるのは米国と共通しているのですが、株価上昇率は高まる傾向にあるそうです。

 

企業年齢と株価上昇率の関係に関して日米で異なる傾向が出ている理由として、米国には新興企業の将来性を見極める投資ファンドの層が厚いのに対して、日本では成熟企業を投資対象として好む土壌があると考察されています。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の資産 | 145万円増加 | 2020年4月末

  2020年4月の資産運用状況を公開します。   合計資産:28,148,572円 前月より145万円増加   総資産の推移: 2020年2月:  29,089,219 …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

  チャンドラです。   国際的なコンサルティング会社PwCが2050年の世界主要国GDP予想を発表しています。 そこでは世界の経済力が新興国にシフトしていくと述べられています。 …

非課税期間が終わる一般NISAを売却するべきか?

  読者様から質問を頂きました。(一部読みやすいように編集済み。) 2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバーし …

ウォーレン・バフェット氏「分散投資は無知に対する防衛策だ」私「無知で~す ww」

  ウォーレン・バフェット氏が分散投資に関する見解を聞かれたのが1996年のバークシャー・ハサウェイ社の年次会合の場。 その動画はYoutubeの動画で見ることができます。「分散投資は無知に …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ