資産運用

企業年齢が高いとボラテリティと株価上昇率は下がるか?日米で異なる傾向を示す。

投稿日:




 

企業年齢とボラテリティ、株価上昇率の関係を検証した結果が日銀のサイトにありました。

S&P500の企業年齢とボラテリティの関係はこちら:

年齢が上がるとボラテリティが下がっていることが分かります。年齢が上昇るすほど経営の安定性が高まるの株価も安定していくというのは直観的に理解できます。

S&P500の企業年齢と株価上昇率の関係はこちら:

年齢が上がるほど株価成長率は下がっていることが分かります。一方で上場後間もないいくつかの企業に著しい上昇率を示す企業があることも分かります。

従って米国企業の場合、企業年齢が高まるほどボラテリティと株価上昇率がともに下がることが分かります。逆に新興企業ほどボラテリティが下がるが、一部に異常な株価上昇率を示す企業が出てくる。

まあ、ここまでは予想通りなのですが、面白いことに日本企業は違った傾向を示すことが分かっています。

 

Sponsored Link



 

日本企業の場合、企業年齢が上がるほどボラテリティが下がるのは米国と共通しているのですが、株価上昇率は高まる傾向にあるそうです。

 

企業年齢と株価上昇率の関係に関して日米で異なる傾向が出ている理由として、米国には新興企業の将来性を見極める投資ファンドの層が厚いのに対して、日本では成熟企業を投資対象として好む土壌があると考察されています。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バビロンの大富豪 | 社畜による「黄金の七つの知恵」の解説と実践方法

  「バビロンの大富豪」は富を増やす不変の法則を紹介しています。 1920年に出版された本書は、今でも多くの人々に愛読されている名著です。   バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」は …

TQQQ50%・TMF50%で保有している場合のリスクとリターン。

  読者様から質問を頂きました。 TQQQ50%。TMF50%で保有している場合のレバレッジはどのように計算すべきでしょうか?国債はマイナスのレバレッジとしてリスクを計算すべきでしょうか?・ …

長期投資はドMが向いている。

  私の知り合いにはキツイ仕事ほど喜んで引き受ける人がいて、本人曰くストレスに晒されるほど燃えて力が湧くそうな。自他ともに認めるドMです。 ストレスに晒され続けるという意味では、長期投資も同 …

2019年7月の資産公開 | 2658万円(189万円増加)

  チャンドラです。   2019年7月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,580,492円で前月より189万円増加しました。   履歴: 2019年1月の資産 …

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500と全世界株式(除く日本)を買い続けた結果。リターンの差は?

  私がインデックス投資を始めるときに悩んだのが、S&P500か全世界株式(除く日本)のどちらを買うか。これはかなり悩みましたよ。 米国か全世界のどちらを買った方がリターンは高くなる …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ