運用成績 金融工学

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

投稿日:2021年2月9日 更新日:




 

過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。

この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。

ところで、S&P500を5000万円分購入して1年間運用すれば1年後の平均リターンは20%の税金を引いて約300万円です。

つまり、仮に年間の生活費が300万円だとすれば、運用益分だけ売却して生活費として使い、翌年も運用益分だけ売却して生活費として使い・・・を繰り返しても資産はずっと5000万円をキープできることが分かります。

そう考えると、セミリタイア志向の人は5000万円分のS&P500を保有しておけば資産を一定に保ったままリタイア出来そうです。

ちなみに年間の生活費が350万円であれば6000万円、400万円であれば7000万円必要です。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-運用成績, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジかけなくてもいい理由。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

米国S&P500のボラテリティを変えずにリターンだけ高める方法。

  過去記事で解説したように、複数のリスク資産を組み合わせることで各リスク (ボラテリティ)に対して最大のリターンを生み出すポートフォリオを作ることができます。そのポートフォリオの集合を効率 …

S&P500を積み立て投資したリターンの確率分布の形状からリスク低減を理解する。

  前回の記事の続きです。 S&P500に一括投資したリターンの確率分布と、毎年定額つみたて投資した際のリターンの確率分布はどう違うか? 積み立て投資した際のリターンの確率分布の計算 …

社畜の資産は5134万 (177万円増加) | 資産公開 | 2021年7月末

  2021年7月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:51,342,288円 前月より177万円増加 増加内訳:運用: +117万   運用以外: +60万円 ※運用以外 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ