運用成績 金融工学

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

投稿日:2021年2月9日 更新日:




 

過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。

この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。

ところで、S&P500を5000万円分購入して1年間運用すれば1年後の平均リターンは20%の税金を引いて約300万円です。

つまり、仮に年間の生活費が300万円だとすれば、運用益分だけ売却して生活費として使い、翌年も運用益分だけ売却して生活費として使い・・・を繰り返しても資産はずっと5000万円をキープできることが分かります。

そう考えると、セミリタイア志向の人は5000万円分のS&P500を保有しておけば資産を一定に保ったままリタイア出来そうです。

ちなみに年間の生活費が350万円であれば6000万円、400万円であれば7000万円必要です。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-運用成績, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

  前回の続き。 毎月の生活費が20万円の場合、資産6000万円をS&P500インデックスなどで運用しておけば、仕事やめても生きていける (FIRE)という考え方があります。 これは …

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

S&P500が「平均値」をとる確率は何%なのか?資産推移グラフに潜んだワナ。

  資産運用で複利効果のグラフを見る機会は多いです。複利の効果で資産は大きく増やせるという触れ込みで。 複利の効果で資産を大きく増やせるのは間違いではありません。ただし、複利効果の紹介で見る …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジかけなくてもいい理由。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ