金融工学

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

投稿日:2021年6月17日 更新日:




 

前回の続き:

は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ?

はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。

何故か?S&P500に関しているとリスクと平均リターンはそれぞれ20%と7%。これに3倍レバレッジをかけると平均値は上がるが同時に中央値が下がるからです。

「平均値が上がって中央値が下がる」とはどういうことなのか?長期的には高リターンを得る確率が下がるということなんです。感覚とは反しますが。

じゃあ、高リターンの確率はどれくらい下がるのか?

今は言えましぇ~ん ww  別の記事で紹介しますから ww 

 

Sponsored Link



 

S&P500(リスク20%・リターン7%)にレバレッジをかけて10年間運用するとどうなるか?リターンの確率分布は次の通り。

L=1はレバレッジなし。L=2は2倍。L=3は3倍です。レバレッジをかけるほど高リターンを得る確率が高く見えます。

ただし注意すべきは累積確率分布なんです。つまりカーブの下の面積部分に着目すべきなんです。

例えばカーブのしたでリターンが1倍より小さい部分の面積は元本割れ確率を意味します。一方でリターンが3倍より大きい部分の面積がリターンが3倍を超える確率。

元本割れ確率と3倍超え確率を計算したのがこちら。

10年間レバレッジ3倍かけると:

元本割れ確率は45%でトップ。

リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。

意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ確率は激増してます。なんでこんなことが起きるのか?

それは10年もレバレッジかけてるからなんです。レバレッジかける期間が長ければ長いほど中央値は下がる過去記事で書きましたが、まさにこれと関係があります。

期間が長期間ならリスク取って高レバレッジかけても元本割れ確率が上がるだけというギャグみたいなことが起きる。

ここでは3倍を超える確率を計算しましたが、4倍を超える確率、5倍、6倍、とリターンの敷居を上げていけばもちろん3倍レバレッジが優ります。でも同時にその確率も下がっていきます。

例えば10倍を超える確率が5%しかないとして、元本割れ確率高いのにそのわずか5%に賭けるのが果たして自分のリスク許容度に合っているのか?ってこと。

だから僕はレバレッジをかけましぇ~ん、なんです。

では短期間なら?

それは・・・ありかもな ww

じゃあ短期間レバレッジかけたときどうなるかを別記事で紹介します。

 

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

株価変動モデルの計算は教科書に書いていますから ww たとえばコレ。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター 投資家 より:

    色が不統一のため、情報が読み取りづらいです。
    レバレッジに対する結果の差を説明したいのであれば、
    レバレッジ=1,2,3について色を定め、全グラフに対してその色を用いましょう。
    基準となるレバレッジ=1を黒色とし、注目させたいハイレバを赤系統がにするのが良いかと。

    それと最初の図は縦軸に数値が必要だと思いますし、
    L=1のほうが原本割れ確率が高いように読み取れたのですが、どう解釈するのが正しいですか?

    • chandra11 chandra11 より:

      ご指摘ありがとうございます。

      >レバレッジ=1,2,3について色を定め、全グラフに対してその色を用いましょう。
      修正いたしました。

      >それと最初の図は縦軸に数値が必要だと思いますし、
      修正いたしました。

      >L=1のほうが原本割れ確率が高いように読み取れたのですが、どう解釈するのが正しいですか?
      グラフに間違いがあったので修正いたしました。

  2. アバター 投資家 より:

    修正お疲れ様でした。
    数学的な理論はお分かりの方だと思いまして、訴求力についてのみお願いをいたしました。
    ためになる記事をありがとうございました。

    >レバレッジをかけるほど高リターンを得る確率が高く見えます。
    最初の図では、レバレッジを上げると高リターンを得る確率が低く見えてしまいます。
    L=3のカーブがL=1のそれを上回る地点が横軸中央付近になるようにすると、
    あなたの意図が視認できると思います。

    >リスク取って高レバレッジかけても元本割れ確率が上がるだけというギャグみたいなことが起きる。
    日常生活における直観に基づくと、確率統計については色々と誤認しますよね。
    さらに投資は加算ではなく乗算の事象であるため、ますます誤認を大きくしますよね。

    • chandra11 chandra11 より:

      ご指摘ありがとうございました。グラフを見やすく改良できたと感じています。

      >最初の図では、レバレッジを上げると高リターンを得る確率が低く見えてしまいます。
      L=3のカーブがL=1のそれを上回る地点が横軸中央付近になるようにすると、あなたの意図が視認できると思います。

      グラフそのものとグラフの解釈を一致させるような更なる工夫が必要ですね。今後のグラフづくりの参考にします。

      >日常生活における直観に基づくと、確率統計については色々と誤認しますよね。
      さらに投資は加算ではなく乗算の事象であるため、ますます誤認を大きくしますよね。

      私もそう思います。レバレッジに限らず「直観に基づくと誤認がおきる」ようなことを記事で紹介していきたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リスク資産の最適な割合を計算するためのサミュエルソンの割合。

  前回の続きです。 株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的 …

暴落してもS&P500 2倍レバレッジはイイ感じなことを数字で説明する。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  過去記事で、暴落を取り入れた幾何ブラウン運動のシミュレーションをS&P500のレバなし、2倍レバ、3倍レバで行いました。 各ケースのシミュレーション結果をバラバラの記事で紹介した …

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。再掲。 20年後の平均リターン・リスク比較: 一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13% 積立投資:平均 …

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

  過去記事の続き。 S&P500の年平均リターンは7%。だから「72の法則」を適用すれば10年で元本2倍になる。 これは正しくないと説明しました。理由はリスクの存在を考慮していない …

最適レバレッジと最適投資比率 (サミュエルソンの割合) との意外な関係。

  前回の続きです。 (1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。 (2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。 (3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。 &n …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ