社畜

現金3000万円をポンっと寄付したおじいさん ww

投稿日:2020年6月7日 更新日:




 

溜息しか出ません・・・。

 

奈良市役所に現金3000万円をポンと渡して立ち去ったおじいさんがいるそうです。NHKの記事から。

奈良市役所で4日、60代から70代くらいの男性が窓口を訪れ、新型コロナウイルス対策への寄付金として現金3000万円の入った袋を置いて立ち去りました。
奈良市は、寄付金として、大切に活用するとしています。

その男性が奈良市役所の総務課の窓口を訪れたのは、4日午後5時ごろ。
60代から70代くらいの男性が、職員に袋を手渡し、「渡しましたんで」とだけ言って、すぐに立ち去ったということです。職員が袋の中を確認すると、現金3000万円と、市が新型コロナウイルス対策への寄付金を募るために配布していた用紙が、入っていたということです。3000万円は1000万円ずつ、銀行の帯で留められたままで、それぞれに「貧困家庭の支援」「教育環境の改善」「医療体制の充実」と書かれた紙が貼り付けられていました。

受け取った職員は、「1分もない間の出来事で、すぐに追いかけましたがいなくなってしまいました。3000万円だと知ってびっくりしました」と話していました。
奈良市の仲川市長は、「寄付金にご賛同いただき、ありがとうございます。ご厚意を大切にして、奈良市を支えるために活用させていただきます」とコメントしています。

 

「渡しましたんで」

 

カッコよすぎます ww 金もないし金を出す気もないのにゴチャゴチャ騒ぐより、こういうことをやってみせる人が社会問題の解決に貢献しているんじゃないでしょうか。もちろん金で何でも解決できるわけではないいですが、何事も着手するには金がかかりますからね。

 

Sponsored Link



 

 

ただし、一点だけ。大金を寄付する人がやっといた方がいいんじゃないかなと思うことがあります。それは寄付した金が有効に活用できているかをチェックするということ。具体的にはその金が何に使われたかを市役所側に報告を求めることですね。

 

大金を寄付するということは相手に力を与えるということです。そしてその力が適切に使われたかは外からは見えない。国際援助もそうですが最貧国に多額の援助をやったけど実は独裁者の懐を肥やしていただけだった、なんて話も多いですからね。

 

奈良市を疑うわけではないですが、金の使い方がうまい人と下手な人だっていると思います。「教育環境の改善」と言ってもやり方は色々あるわけで、図書館に受験対策本を充実させるなんて「?」となる方法もあれば、投資教育用の本を揃えるという未来志向な方法もあるわけです。

 

というわけで、私なら寄付するにしても、事前に寄付するお金のもっと具体的な使用方法を示して、市役所内で議論してもらって、こんな風に使うという提案をしてもらうと思います。でもそこまで要求したら市役所の人から「こいつ面倒くさいわ、もう寄付しなくていいよ」と言われるかもしれません ww でも大金を寄付することで相手に力を与えるということは力を与える側にも責任が発生すると思うので、これくらいやっても悪くはないと思いますけどね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小泉進次郎を僻む貧乏人 ww

  小泉進次郎「育児休暇」取得を宣言してからディスられまくりです。というか制度で認められている育児休暇をとって何でディスられているんでしょうか ww 日本社会は育休を奨励してるんじゃないの? …

仕事でマジギレ!!これが日本の大企業のレベル ww

  久しぶりに仕事でマジギレしたのですが、そこで新しい発見があったのでその話をします。 私は普段は温厚でキレたりすることはありません。感情をむき出しにするのはプロ失格ですからね。たかが一企業 …

酒が飲めない人を採用しない会社は合理的かもしれない ww

  わが社は、「お酒が飲めること」を重視しています。 なぜなら、「よく飲む人ほど、よく出世する」からです。私が武蔵野の社長に就任したころの「部長昇格試験」は、「1時間で42度の焼酎1本を2人 …

爆笑 ww アメリカ人に日本の満員電車通勤を聞いてみた結果

  緊急事態宣言を受けて在宅勤務に切り替わった結果、満員電車の通勤地獄から一時的に解放された人も多いと思います。宣言が解除されたら、また地獄が始まるわけですが ww 私の会社には他社から駐在 …

未来予測が外れるのは当たり前という認識をもつべし

  講談社現代新書の「未来予測入門」は、未来予測は外れるのが当たり前だと述べています。 いくら過去のデータを集めて分析しても、ごく些細なひとつの変化によってシステム全体に大きな変化が生じるか …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ