資産運用

ピケティの言葉を凝縮したグラフ

投稿日:2020年9月1日 更新日:




 

ピケティの「21世紀の資本」を読んでみたいと思って図書館で手に取ってみたのですが、5秒で閉じました。おそらく読了は無理だろうと ww

そこで解説本を探したところ、「図解 ピケティ入門」と言う本がAmazon Primeで無料で読めたので読んでみました。「まえがき」で本を読むときは本文より図表を先に読め、と書いていたのが納得。

 

結局、私のような素人レベルが「21世紀の資本論」を手っ取り早く理解しようと思えば、下のグラフと結論だけ覚えておけばいいのだと悟りました。

 

資本収益率 (r):資本から得た所得の、資本に占める比率

世界産出成長率 (g):GDP成長率~労働所得の伸び率

r > g (資本収益率 > GDP成長率)は古代から現在まで成り立った歴史的事実。数学のように証明したわけではない。

私が面白いと思ったのは、r > gの関係性よりも rとgの差です。実はrとgの差は1950年~2012年の間に縮んでいた。なぜならこの期間の世界人口増加率が大きかったから。

一方で2012年以降の人口増加率は鈍化するのでその結果gは下がる。だからrとgの差は産業革命期と同程度にまで広がるだろう、というのがピケティの予想。

 

Sponsored Link



 

資本に対する税金とキャピタルロス(戦争による物的損失)などを考慮して線を引き直したのが下のグラフ。ちなみにピケティはグローバル化による資本への課税はますます減ると考えて2050年~2100年の税率を0%としています。

個人的に思うのは、資本所得の伸び率 (r) が労働所得の伸び率 (g) を常に上回るという点よりも、その差が今後ますます広がる点の方に注目すべきだと思ってます。

rが大きくなってgが小さくなるということは、資本を持つ資本家と資本を持たない労働者の収入の格差は、ただでさえrとgの差が一定なだけでも広がるのに、それ以上に格差が広がることになるからです。

まあ結局は金融商品(私の場合はインデックス・ファンド)に投資しとけって話なんですけどね。r > gって書くと経済学に詳しいっぽく見えますが、知ってるだけでは意味がない。行動につなげないと意味なし。

巨人の方に乗りましょう ww 難しいことは聡明な経済学者が証明してくれるから。

 

 

 

図表を眺めるだけでも読む価値ありです:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

    チャンドラです。   今日は職場の忘年会でした。忘年会は普段話す機会がない人とも打ち解けて話すチャンス。 ちょうど今年から短期契約で入社したベテランのアメリカ人エ …

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

暴落時でもS&P500を20万円分定期積立 ww

  S&P500は10%暴落後に、3%上がったり下がったり。。。動きが全然読めません ww 私は方針を貫き、インデックス・ファンドをひたすら定期積立です。コロナによる市場の混乱はフル …

GPIFの運用収益12兆円 ww そのポートフォリオとは?

  2020年4月~6月のGPIFの運用収益は12兆円だったそうです。記事から引用。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4-6月期の運用収益率は8.30%だった。6月末時点の運用資 …

銀行で資産運用の相談するなと何回言っても聞かない人 ww

  私は親族から投資のアドバイスを求められることがあります。銀行で何かの手続きをするたびに金融商品を薦められるらしく、そのパンフレットを見てもよく分からないから、私に投資した方がいいか聞いて …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ