資産運用

2022年の投資結果 (-5.7%)

投稿日:2023年1月3日 更新日:




 

2022年の投資結果を公開します。

昨年末との比較:-5.7%

 

2018年:-10.6%

2019年:+16.29%

2020年:+12.64%

2021年:+37.64%

2022年:-5.7%

資産運用状況

 

ファンド毎の資産運用状況は次の通りです。絶対額の公開はやめたのでリターンのみ載せています。給料から生活費・娯楽費を引いた金額をすべて投資、積立NISAと企業型DCは限度額まで投資しています。これまで売却したことはありません。

2019年以降の買付額・評価額の推移は次の通り。

ちなみに2023年の米国株式の予想がウェブで出ていたので引用します。

多くのプロが予想する、2023年の年末までの値動きは「年初から2月までは軟調な展開が続き、春先から年央にかけて反発。再び秋口まで下落基調となるが、年末に向けて上昇基調に転換する」というシナリオだ。

年初の低迷の要因となりそうなのが、インフレを抑えるための米国の利上げ継続。株式アナリストの佐藤勝己さんは「年前半は景気悪化が鮮明になる中、一段の金利引き上げが懸念され、リスクオフの流れが強まる」と予想。エネルギー価格は落ち着きつつあるものの、賃金や家賃上昇が続いているからだ。

ちなみにちょうど1年前の米国株予想記事が出ていたので、振り返る目的で読んでみました。

アナリストら42人の回答を集計すると、多くの人が「年末高」を予測していることがわかった。2022年の年末時点における予測の平均値を割り出すと、NYダウが3万7000ドル(2021年11月末比7%高)、ナスダック指数が1万6100ポイント(2021年11月比4%高)となった。

全然当たってませんね。というか、今気が付きましたが、アナリスト予測値の平均値に何か意味あるのか??

私はこれまで通り、現金比率7%を維持しながらインデックス投資に全力で投資です。指数が上がろうが下がろうが、長期目線なので関係ありません。

株価の上昇・下降は7:3です。長期的には上昇傾向にあるので大丈夫です。

参考記事:

資産5000万でFIREしてみな?飛ぶぞ!!(色んな意味で)

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

【本業+副業+投資】社畜の資産は5260万 (126万円増加) | 資産公開 | 2021年8月末

  2021年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:52,604,749円 前月より126万円増加 増加内訳:運用: +96万   運用以外: +30万円 ※運用以外 …

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

テスラがS&P500指数に追加されても指数が不安定になるわけではない。

  遂にテスラがS&P500指数に追加されることが決まりましたね。追加されればいきなりS&P500構成銘柄のトップ10に入ります。 ところで、テスラは異常に時価総額が高い割に …

投資アドバイスはもらうより売る方がはるかに儲かる【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 私はインデックス投資を志向しているので同書への入れ込みが多少激しいのは否定できませんが、それにしても勉強に …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ