資産運用

2021年に数百万円を一括投資するべきか?という質問をいただきました。ドルコスト平均を勧めると回答しました。

投稿日:2021年2月26日 更新日:




 

読者様から質問をいただきました。

700万程度の現金をインデックス投資に回したいと考えているのですが、一括投資かドルコスト平均法で少しずつ投入か、悩んでます。

できるだけ早く入金することが複利の力を最大限に活用できる、長期で見れば株価は上がり続ける、とする見方がある一方で、局所的にみると、2021年中はなんだかんだ株高が続き2022年あたりから下がるのでは?と推測する記事もあり、小分けに投資した方が後悔が少ないかも?とも思ってしまいます。

 

2021年に現金を一括投資するべきかドルコストで投資するタイミングを分けるべきか?という内容です。

下は私の回答です。少し長いですが、結論から言うと一括投資ではなくドルコスト平均を勧めます、という回答です。

 

Sponsored Link



 

質問に回答させて頂きます。

>700万程度の現金をインデックス投資に回したいと考えているのですが、一括投資かドルコスト平均法で少しずつ投入か、悩んでます。

ドルコスト平均法を採用することをお勧めします。以下は理由です。

(1) ご指摘の通り株価は2022年ごろから下がる可能性が高いと思います。その場合、今年に一括投資すると2022年にリターンがマイナスの期間が続く可能性が高く、加えて株価が下がった2022年に資金を投入できるチャンスを逃してしまいます。

(2) では逆に、今投資せずに2022年まで待つという手法もあります。しかし、これもお勧めしません。なぜなら株価が下がらない可能性もあるからです。その場合、投資しなかった2021年の1年間を無駄にしてしまいます。

(3) 今一括投資するか、株価が下がり始めるであろう2022年まで待って一括投資するか。その中間の手法がドルコスト平均と捉えればよいと思います。つまり、2021年も2022年もずーっと一定額を投入し続ける。

(4) 「小分けにした方が後悔は少ないかも?」と感じているのであれば、その方法をとった方がよいと思います。後から後悔してウジウジなやむのが一番精神的にキツイと思いますので。

余談ですが、私もインデックスを開始した2018年夏にまとまった金額があったのですが、一括投資せずにドルコスト平均にしました。一括ケース vs ドルコスト の比較をしてはいませんが、コロナで大暴落したときは(2018年に一括投資していたら投入できなかったであろう)多めの金額を投入し続けることができたので、今ではある程度のリターンを確保することができました。ですからドルコストに決めたことを後悔していません。

 

Sponsored Link



 

米国市場に関する予想に関して、私は下の記事のシナリオのようになるのではないかと思ってます。つまり2021年は強気相場だが、2022年は弱気相場に入ると。

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ ww

まあ相場分析はともかくとして、私が回答に書いた(4)が一番重要ではないかと思います。つまり、自分が後悔が少ない方法をとったほうがいい、ということ。

数億投資するなら話は別ですが、数百万の投資で一括かドルコストかで、人生左右するほどの大きな差は出ないとも思います。それよりも重要なのは投資したかしていないか。これは雲泥の差です。

やはり自分が納得いく方法が一番いいと思います。

 

関連記事:

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投信の自動積立機能はズボラ投資家にとって最強ツールだ ww

  私はインデックスファンドに毎週一定金額を積み立て投資しています。 貯金至上主義者だった私が投資信託(インデックスファンド)に投資するのはかな~り勇気がいることでした。 まあそりゃそうでし …

ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思う。「最適」を実現する合理的なアプローチ。

  ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思ってます。 エンジニアリングという言葉は実は分かるようで分からないような、けっこう曖昧な言葉です。 業界や職業によって意味が異なってくると思うん …

資産運用で一番難しいのは自分のリスク許容度を知ることだと思う。計算方法はあるけど。

  市場平均株式指数を越えたパフォーマンスを叩き出したい、というチャレンジャーは除くとして、資産運用を始めようと思う多くの人は「まあ老後に困らない程度の資産なら作りたいな。低リスクで。」って …

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

  「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。 ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ