節約の知恵

大手銀行のATMが減っていくと何か困るのか・・・?

投稿日:2019年10月7日 更新日:




 

チャンドラです。

 

Business Journalの記事によると大手銀行のATMが減っているそうです。

野村総合研究所の2018年のレポートによると、ATM運用にかかわるコストは年間約7000億円にもなる・・・。

17年には、新生銀行が行内のATMをセブン銀行ATMに置き換えた。あおぞら銀行も、18年よりゆうちょ銀行ATMへと移行している。

 

メガバンク自体も動きを模索しており、三菱UFJ銀行と三井住友銀行は19年9月22日より店舗外ATMの共同利用を開始。台数自体が減少していく可能性は高い。

ATMで現金を下ろしてもらうより、デビットカードやスマートフォンのデビットアプリを使ってほしいというのが銀行の本音だろう。マイナス金利政策もあり、すっかり儲からなくなった銀行ビジネスがコストカット一択に動くしかないのは理解はできる。

 

もしコンビニATMがすべての銀行のATMに取って代わっていくと、自分では下ろせない小銭が日本中でどんどん増えていく。さらには、この先支店の窓口も縮小されれば、貯金箱の小銭を預けることもままならなくなる。銀行がその方向に進む以上、利用者の我々にそれを解決できる妙案はない。

 

大手銀行のATMが減ってコンビニATMが増えると1000円単位でしかお金が引き出せなくなるという問題が指摘されいます。が、正直なところ・・・

 

誰がATMで小銭おろすの??

 

銀行口座に10,500円あるときに、10,500円引き出す人はいるのか・・・。

10,000円引き出して500円はそのまま放置。次に給料とかが振り込まれて1,000円以上になったタイミングでまた引き出すのが普通ではないのかな。

 

 

そもそも大手銀行のATMはちょっとお金を引き出すだけで手数料がかかります。これは本当に金の無駄です。

私は去年から楽天銀行を使い始めましたが、夕方6時以降だろうが週末だろうがいつでも無料で現金を引き出せます。

キャッシュレス決済が普及しているとはいえ、業務スーパーなどまだまだ現金でしか支払えない場所があるので、無料で引き出せるのはとても助かっています。なので、

 

ネット銀行に口座を作り、コンビニATMで現金を引き出す

 

方法で十分生きていけます。

この方法だと大手銀行のATMが減ったところで困りませんね。

それでは。

 

関連記事:

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

大手銀行の振込手数料が本当に無駄! | ネット銀行を利用して節約

親世代のお金の考え方はあてにならない

Sponsored Link



 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

壊れたスマホも売れる!メルカリで売れた意外なものを紹介!

  チャンドラです。   私は家の中の不要なものをよくメルカリで売っています。これまでメルカリで10万円以上商品を売ってきました。そのとき、 こんなものまで売れるの??という商品が …

生活水準と消費税はいつの間にか上がる

    チャンドラです。   私は学生時代に極貧生活をしていました。 お金がなかったというよりもお金を貯めたかったので、月数千円の学生寮に住んだり、毎日野菜炒め(肉なし) …

仕事が忙しいとお金は簡単に貯まる

  チャンドラです。   インターネットで「節約」とか「貯蓄」とか調べると似たような記事がたくさんでてきます。 「お金が貯まる人と貯まらない人の違い」とか 「1年で100万円貯める …

楽天やアマゾンで買う前にフリマアプリをチェックする理由

  チャンドラです。   買い物をするとき、多くの人がまず気にするのは値段だと思います。 買いたいものの値段が予想以上に高い時、「買うのをやめようかなー」と考えてしまいます。 私の …

壊れた高級キーボードを自力で修理成功ww

  私はよく使うものには金を惜しまずに使います。 キーボードは特にそうで、毎日パソコンを使って仕事をするので、キーボードはちょっと高級なメカニカルキーボードを使っています。私が愛用しているの …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ