社畜

老人とぶつかって慰謝料をむしりとられた!!

投稿日:2019年8月11日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私が大学生だった頃に友人が起こした事故の話です。

私の友人は自転車で通学していたのですが、ある日老人が歩いているそばを自転車に乗りながら通り過ぎようとしました。その時、たまたま老人がふらっとよろけたので、友人はブレーキをかけたのですが間に合わず老人とぶつかってしまいました。老人は転んで地面に手をついた際に、手を骨折してしまいました。

友人はその場で救急車を呼び老人を病院に連れていきました。そして警察にも連絡したそうです。その後老人の家族が病院に来たので謝罪したところ、連絡先を聞かれたので電話番号を伝えたそうです。

その後老人の家族から鬼電を受け、老人に自転車でぶつかるとか信じられないとか、誠意を見せろとか、百万円払え、など散々責められたそうでうす。結局友人は治療費など数十万円支払うことになりました。そして学業も忙しかったうえに今回の事故で心労が重なってしまい、数か月うつ状態になってしまいました。

引用:統計局

 

この友人は運が悪かった、で片付けられる問題ではありません。日本は高齢化が進んでおり、2035年には3人に1人が65歳以上になると予測されています。つまり老人が増えれば増えるほど、路上で老人とぶつかってトラブルが起きる可能性が高くなります。

インターネットで検索すると分かりますが、老人とぶつかって罵詈雑言を受けたとか、相手の家族から慰謝料を請求されたなどの事例はたくさん出てきます。悪気はなくてもぶつかった方が悪いのは明らかなので、被害者である老人の家族はテイク・チャンスして慰謝料を請求してきます。不幸な加害者は、慰謝料を払うだけではなく、好き勝手言いたい放題の被害者から精神的にもダメージを受けてしまうのです。

今後は老人がどんどん増えていくので、老人関連のトラブルも増えていくと思います。しかも老人の中には「自分では元気」と思いこんでいても、実際はフラフラ歩いて危なっかしい人が多いのが実状です。そんな老人をケガさせたら、タチの悪い輩のいいカモになってしまいます。老人の側を通るときは自転車を降りるとか、車を徐行するとか、気をつけるべきです。

世間は冷たく他人は怖いです。

トラブルに巻き込まれないように自分の身は自分で守りましょう。

汗水たらして働いたお金をむしり取られないために。

それでは。

 

関連記事:

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

【節約法】最強の節約法は実家暮らし!モテないとか関係ねぇ!

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

総合職は人材の無駄遣いか ww

  「有能な人間に誰でもできる仕事をやらせる」ことを人材の無駄遣いといいます。   「中国の行動原理」と言う本に北朝鮮レストランの給仕の女性の話がのっていて面白かったので抜粋。 中 …

脱肛して肛門科に行った話(後編) ~ 痔が巨大化、そして手術室へ・・・

    チャンドラです。   脱肛の続きの話です。   脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める   ※少しだけ生々しい表現が …

時代遅れの島耕作 ww

  私が大学生のころ島耕作シリーズが友人の家にそろっていました。結構面白くてのめり込むように読んでいたのですが、内容がとにかくぶっとんでいる。 オフィスでタバコを吸いまくるわ、上司はパワハラ …

高級魚「のどぐろ」の塩焼き ~ 今までで一番美味しかった焼き魚

    チャンドラです。   明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!   お正月は実家に帰省中です。両親が高級魚「のどぐろ」の塩焼きを振舞 …

メルカリで必死にネゴっても日高屋で定食食ったら努力は水の泡 ww

  私は不用品をよくメルカリで売ります。いったん出品するとほとんどの場合、値下げ交渉されます。私は交渉は嫌いではないので交渉を受けたら色々と工夫します。 例えば相手が値下げ交渉してくることは …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ