資産運用

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

投稿日:

チャンドラです。

 

私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。

会社の規定で毎月16,000円を運用しています。

法令によると拠出額の上限は27,500円です。

確定拠出年金は節税効果があるので、会社によって上限16,000円に抑えられているのは納得いかないのですが、まあしょうがないと割り切って、コツコツ積み立てています。

ちなみに毎月16,000円積み立てることによる、1年間の節税効果は57,600円でした。

60,000円近くも返ってくるなんて、本当に素晴らしい制度だと思います。

 

1年間の確定拠出年金と個人年金保険の節税効果 ~ 2018年度版

 

企業型確定拠出年金は年に1回だけ配分比率を変更することができます。

私のこれまでの配分は次の通りでした。

 

年金インデックスファンド日本株式: 40%

三井住友・DC外国株式インデックス:30%

三菱UFJ・DC新興国株式インデックス:30%

 

ちなみに配分比率の根拠は・・・テキトーです。

毎月の掛け金も微々たるものだし、確定拠出年金以外でS&P500などにも投資しているので、興味のない日本株にも試験的に投資してみようか、ぐらいの気持ちで積み立てています。

で、上の配分比率で15か月近く積み立てたのですが、結果は次の通りでした。

 

 

全体でみると約3,000円のマイナスでした。

先進国株式は約4,000円のプラス。新興国株式は約1,300円のマイナス

注目すべきは日本株式の約5,500円のマイナス。

ここ1年のTOPIXのチャートは下の通りです。

2018年夏ぐらいまでは順調でしたが、その後2018年末に大きく下げた後はダラダラと1600円近辺をさまよっています。

本当に冴えないです。日本株は。

 

一方の米国S&P500は2018年末に大きく株価を下げた後、またジリジリ上昇を続け、最近また史上最高値を記録しました。

 

というわけで、配分比率は次のように変えました。

 

年金インデックスファンド日本株式: 40% → 20%

三井住友・DC外国株式インデックス:30% → 40%

三菱UFJ・DC新興国株式インデックス:30% → 40%

 

日本株式はもうやめようかとも思っていましたが・・・

なんとなく切り捨て辛いんですよね・・・

「卵は1つのカゴに盛るな」

リスク分散を表す言葉です。

まあ日本株が将来上がる可能性もゼロではないので、月2,000円と少額ですがボチボチ積み立てておきます。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新社会人のときに読んでおきたかったお金と投資の本

  チャンドラです。   私が新社会人の頃、平日はバリバリ仕事をして休日は資格の勉強をしていました。休日はゴリゴリ勉強をしていたので、国際資格を取得しました。でも、お金や投資に関す …

米国雇用統計がなぜ重要な経済指標なのか?

  チャンドラです。   米国労働省の発表によると、2019年4月の雇用統計が大幅に増加しました。 ロイター通信は次のように報道しています。 米労働省が3日発表した4月の雇用統計は …

代替肉のビヨンド・ミートに投資してみたい!

  チャンドラです。   ベジタリアン向けに牛肉やソーセージの代替食材を製造するアメリカのビヨンド・ミートが5月2日、ナスダック市場に上場しました。 新規株式公開価格の25ドルを8 …

2019年9月の資産公開 | 2704万円(82万円増加)

  チャンドラです。   2019年9月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,037,955円で前月より82万円増加しました。   履歴: 2019年6月の資産運 …

【レバレッジ3倍ETF 】SPXL TECL TQQQ 30%以上暴落 ww

  新型コロナの影響でレバレッジ3倍ETFの暴落が凄まじいことになっています ww ここ2週間の値下げは次の通り。   SPXL: 75 USD -> 50 USD (-33 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ