資産運用

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

投稿日:

チャンドラです。

 

私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。

会社の規定で毎月16,000円を運用しています。

法令によると拠出額の上限は27,500円です。

確定拠出年金は節税効果があるので、会社によって上限16,000円に抑えられているのは納得いかないのですが、まあしょうがないと割り切って、コツコツ積み立てています。

ちなみに毎月16,000円積み立てることによる、1年間の節税効果は57,600円でした。

60,000円近くも返ってくるなんて、本当に素晴らしい制度だと思います。

 

1年間の確定拠出年金と個人年金保険の節税効果 ~ 2018年度版

 

企業型確定拠出年金は年に1回だけ配分比率を変更することができます。

私のこれまでの配分は次の通りでした。

 

年金インデックスファンド日本株式: 40%

三井住友・DC外国株式インデックス:30%

三菱UFJ・DC新興国株式インデックス:30%

 

ちなみに配分比率の根拠は・・・テキトーです。

毎月の掛け金も微々たるものだし、確定拠出年金以外でS&P500などにも投資しているので、興味のない日本株にも試験的に投資してみようか、ぐらいの気持ちで積み立てています。

で、上の配分比率で15か月近く積み立てたのですが、結果は次の通りでした。

 

 

全体でみると約3,000円のマイナスでした。

先進国株式は約4,000円のプラス。新興国株式は約1,300円のマイナス

注目すべきは日本株式の約5,500円のマイナス。

ここ1年のTOPIXのチャートは下の通りです。

2018年夏ぐらいまでは順調でしたが、その後2018年末に大きく下げた後はダラダラと1600円近辺をさまよっています。

本当に冴えないです。日本株は。

 

一方の米国S&P500は2018年末に大きく株価を下げた後、またジリジリ上昇を続け、最近また史上最高値を記録しました。

 

というわけで、配分比率は次のように変えました。

 

年金インデックスファンド日本株式: 40% → 20%

三井住友・DC外国株式インデックス:30% → 40%

三菱UFJ・DC新興国株式インデックス:30% → 40%

 

日本株式はもうやめようかとも思っていましたが・・・

なんとなく切り捨て辛いんですよね・・・

「卵は1つのカゴに盛るな」

リスク分散を表す言葉です。

まあ日本株が将来上がる可能性もゼロではないので、月2,000円と少額ですがボチボチ積み立てておきます。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

朝起きたら40万円マイナス | 対中関税第4弾

  チャンドラです。   トランプ大統領がまたやってくれました。今年9月に中国からの輸入品のうち、これまで制裁対象外としていた約32兆円分の品目に対して10%の関税を課すと表明した …

S&P500と上海総合指数の推移を比較。中国株はリスクが高いが投資はしたい。

  チャンドラです。   アメリカの代表的な株価指数であるS&P500は、過去の推移をみると順調に上昇していることが分かります。 それではGDP世界2位の中国の株価はどうで …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

  チャンドラです。   どんな分野でも素人がプロに勝てる分野はほとんどありません。 例えば野球やサッカーなどのスポーツ。試合に勝つことだけを考えて日々肉体と精神を鍛えているプロの …

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

  チャンドラです。   私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。 そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&am …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ