節約の知恵

高級フレンチより大衆中華料理で満足できる方が幸せ

投稿日:2019年5月26日 更新日:

Sponsored Link




 

チャンドラです。

 

私はこれまでに一食1万円以上の高級料理を食べたことがありません。

東京には美味しい高級料理店がひしめいていると聞きますが、一軒も行ったことがありません。

「30代にもなって高級料理を食べたこともないとかショボすぎだろ!」と言われたことがありますが、恥じたこともありません。

むしろこんなふうに思っています。

 

 

高級フレンチより大衆居酒屋で満足できるほうが幸せに暮らせる、と。

 

 

最近ハマっていることがあります。

それは毎週金曜日に中華料理屋で数品とビールを楽しむことです。

私の家の近所には中華料理屋がたくさんあります。

どこも中国人が家族経営している中華料理店です。

店員さんの愛想はよく、アットホームで、空いた席で店員さんの子供が学校の宿題をやっていたりして微笑ましい。

メニューは豊富で味もよく、できるのも早く、そして安い。

ビールも含めても1回1500円くらいしか、かかりません。

美味しい中華とビールを頂きながら「ああ、今週も無事に仕事が終わった・・・」としみじみと感じるのです。

そのときの気分は最高です。

 

 

で、話を戻すと、人間はこれくらいで満足できる方が幸せになんじゃないかと思うわけです。

高級料理でしか満足できないとどうなるか?

高級フレンチじゃないと満足できない、高級焼肉じゃないとヤダ、あの高級寿司店じゃないと寿司を食った気がしない、と言い出すと、お金がいくらあっても足りない。

逆に1食1500円の大衆中華料理で満足できるなら、毎週金曜日に食べに行っても懐を痛めることもない。

私も知り合いの結婚式などで高級なステーキなどを食べたことはあります。

柔らかくてすごく美味しい。

美味しいけどこれに1万出すなら近所の中華でええわ、と思ってしまうのです。

なぜなら、安いから毎週楽しめるからです。

 

 

やはり自分の身の丈に合ったお金の使い方をするべきだとしみじみ思います。

自分が会社を経営しているとか、超大手企業で年収1千万稼いでいるとか、超VIPな人々と会食する機会が多いとかなら、高級料理を普段から嗜むのはいいかもしれません。

私はどうかというと、平凡なサラリーマン、取引先を接待する機会はない(会社が禁止)、食事に招待する人もいません。

高級料理を食べに行けるような器の大きさもないし、食べに行く必要もない。

 

無駄なことに金を使うよりも、安くても楽しめる方法を模索する。

浮いたお金は将来に備えて貯蓄か投資。

これが身の丈に合った生き方だと思うのです。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カプセルホテルで宿泊代を節約 | 上野ステーションホテル

Sponsored Link   チャンドラです。   東北地方に出張に行った際に上野から自宅まで帰れなくなったため生まれて初めてカプセルホテルに泊まりました。泊まったのは上野ステ …

金銭感覚の変化を知ることの大切さ

Sponsored Link   チャンドラです。   私は学生時代貧乏生活をしていました。お金がなかったというよりもお金を貯めたかったので、月数千円の学生寮に住んだり、毎日野菜炒 …

ペットボトル飲料は箱買いが絶対おすすめ

Sponsored Link   チャンドラです。   実は私はこれまでペットボトル飲料を箱買いすることに抵抗がありました。ペットボトル飲料を大量に買って数千円払うことにためらいが …

良質なイタリア製ネクタイをメルカリで安く買う

  チャンドラです。   イタリアのネクタイ専業ブランドの良質なネクタイをメルカリで安く買えるという話をします。   私の職場はクールビズ期間以外ではネクタイの着用が義務 …

外食回数ゼロの衝撃 ww

  コロナ禍で外食を控えているのですが、今年の3月以降の半年間の外食回数がゼロです ww 私の普段の外食回数はマクドナルドのちょっとした軽食も含めて、月に5~10回程度だったんですが、ゼロに …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ