資産運用

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

投稿日:2019年5月7日 更新日:




 

チャンドラです。

 

国際的なコンサルティング会社PwCが2050年の世界主要国GDP予想を発表しています。

そこでは世界の経済力が新興国にシフトしていくと述べられています。

2050年に新興国がどれだけ存在感を増すのか、グラフで見てみます。

 

主要国のGDP推移

 

PwCのレポートによると2014年以降の主要国のGDP(購買力評価ベース)推移は次の通りです。

2050年は中国がアメリカを引き離して世界第一位になることが分かります。

次いでインド、アメリカ、インドネシア、ブラジルの順です。

日本は世界第七位まで順位を落とします。

 

次に2014年の各国のGDPを1.0としたときの2050年のGDPの値を見てみます。

こうすることで各国のGDPがどれだけ伸びているかを見ることが出来ます。

グラフにしてみます。

インド、インドネシア、メキシコ、中国は2050年にGDPが3倍以上になります。

ブラジルが2.5倍以上。

アメリカ、英国、ロシア、フランスは2倍以上。

ドイツ、日本は2倍以下となりました。

 

中国とインドはもちろんのこと、インドネシア、メキシコ、などの新興国が今後世界経済に大きく影響を与える存在になることが分かります。

これらの国は2014年時点ですでにGDP世界ランキングの上位国ですが、今後30年でGDPが2倍以上になり、日本や欧米の先進国のGDPを抜き去ります。

これが現在予想されているシナリオです。

 

Sponsored Link



 

東南アジアの勃興

 

私は仕事で海外と取引することが多いのですが、中国は言うまでもなく、特に東南アジアの経済発展は目覚ましいとヒシヒシと感じます。

特に人口2.6億人をかかえるインドネシアの首都ジャカルタは2030年に都市圏人口世界第一位になると予想されています。

人が多すぎて世界最悪の交通渋滞が起きると言われている同地域では、最近地下鉄が開通したことでも話題となりました。

またインドネシアは天然ガスを産出するエネルギー資源国で、これまで天然ガスを輸出してきました。ですが国内需要が増えすぎて生産が追い付かなくなり、2018年頃から天然ガス輸入国に変わりました。

それほど経済成長のスピードが速いのです。

日本のGDPが世界第二位だったころ、将来インドネシアのGDPが日本の1.5倍になると予想できた人はほとんどいなかったと思います。

 

新興国への投資

 

 

投資という観点で新興国の勃興は見逃すことができません。

私はアメリカ株中心で積み立て投資を続けていますが、新興国へも少しづつ積み立てています。

具体的にはemaxis slim全世界株式に積み立てることで、積立額の20%程度を新興国に投資しています。

新興国は政変などの政治リスクが高いので、なかなか集中的な投資には踏み切れません。

それでもPwCのGDP予想を見ると、新興国の経済成長に賭けてみたいという思いが捨てきれないのです。

 

それでは。

 

関連記事:

eMAXISで資産運用 | 海外株式インデックスで資産を築こう!

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

2050年の世界GDPランキング予測

Sponsored Link



 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事キツ過ぎて株価見てなかった8月末の資産 | 2022年8月末

  2022年8月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,569万円 前月より287万円増加   資産運用状況   投資金額:3,738万円 評価額: …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

おい不動産屋、職場に電話かけてくるのやめろや。怒っちゃうぞッ!

  ある日、職場で仕事してると席の近くの同僚が電話でどこかの業者と話してたんです。 「いや、そういう投資とかは考えてないので・・・」 「いえ、すみません、資料とか送られても読まないし投資予定 …

なぜアクティブファンドに投資してしまうのか?

  前の記事では、「80%のアクティブファンドがインデックスに負ける。」というデータを紹介しました。米国のファンドマネージャーに限ると、投資期間が長いほど負ける確率は高まります。 じゃあ何故 …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ