資産運用

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

投稿日:2019年5月8日 更新日:




 

チャンドラです。

 

IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。

これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます成長を遂げる、と思いきや。

中原圭介氏の「日本の国難」によると、イノベーションは雇用を奪い、人々の所得格差がますます広がることが指摘されています。

 

 

アメリカの株式時価総額でトップ3をほこるのは、アップル、アルファベット、マイクロソフトですが、

この3者の時価総額合計は約251兆円と巨額であったのに、従業員数は合わせてたったの33万人程度しかいなかったのです。

日本のトップであるトヨタの株式時価総額が約24兆円、従業員数が36万人程度であったことを考えると、

イノベーションによっていくら利益が膨らみ株価が上がったとしても、

労働者全体には広く行きわたっていないという実業が浮き彫りになります。

 

第二次産業革命では自動車、航空機、電気が普及することによって世界経済は目覚ましく成長しました。

自動車や航空機を生産するには巨大な設備と労働力が必要でした。

そして巨大設備は順次更新していく必要がありました。

そのため、20世紀のイノベーションは大量の雇用を生み出し、労働者の賃金が上昇し、人々は豊かになっていきました。

 

ところが、21世紀のイノベーション(IT、AI、ロボット)は生産性を極限まで追求する技術です。

つまり、より少ない人数でより少ないコストで、高付加価値の製品やサービスを生み出すという技術です。

グーグルやフェイスブックなどの巨大IT企業は莫大な利益を生み出す一方で、雇用を生み出す要素が少ないのです。

そしてこの利益にあずかることができるのは、巨大な設備を必要とする伝統的な製造業ではなく、巨大IT企業の創業者、少数の従業員、そして株主です。

 

「AIやフィンテックなどの先端技術が人々の暮らしを変える」という言葉は、心地よく響きます。

ですが、一部のIT企業を除いた他の伝統的な産業で働いている人にとっては手放しで喜べません。

最近のメガバンクの人員削減のニュースはこれをよく示しています。

 

勝ち組IT企業で稼ぐ人々と、伝統的な製造業で働く人々の所得格差は今後ますます広がっていくでしょう。

ほとんどの伝統的な製造業が、巨大IT企業と同等の時価総額や利益を叩き出すのはもはや不可能だからです。

勝ち組IT企業の莫大な利益にあずかるには、やはりこれらの企業に少しでも投資してインカムゲインやキャピタルゲインを得るしか方法はないと思います。

 

それでは。

 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【激怒】私の金融工学のブログ記事が丸パクリされてるんだが ww

  めっちゃパクられてるんだが ww しかも真面目に頑張って書いたやつ。   パクリ記事: 【図解】なぜ株価は幾何ブラウン運動(対数正規分布)に従うと仮定されるのか? 元ネタ↓ 株 …

投資方法の優劣はつけられるか?可能だが公平な比較は難しいと思う理由。

  インデックス・ファンドか、セクターETFか、成長銘柄か。はたまた高配当銘柄か。どの投資手法が一番大きなリターンを手にすることができるか?と問えば、その答えを出すのは難しいと思っています。 …

積み立てNISAは年初に40万円一括投資すべきか?

  読者様から質問をいただきました。コメント欄で返信済みですが、なかなか面白い質問だったので記事に残しておきます。 ちよっと長いですが、20年間長期投資するとして積立nisaの上限額40万円 …

コインランドリー投資で見た赤字地獄・・・ウソつき営業マンの売上計画は絵にかいた餅・・・

  楽待のYoutubeチャンネルで「コインランドリー投資で見た赤字地獄」という動画を見たんですが、コインランドリー投資って難しそうですね。 (確か知り合いがやってたような気が・・・。) 初 …

200週間連続でインデックスファンドに積み立てできたのは自信を持てたから。

  インデックス投資を開始したのが4年前。 毎週積み立てしていますが、200週目に達しました。だから何だという話でもあるのですが、200というのはキリが良い数字なので記事を上げておきます。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ