資産運用

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

投稿日:2019年5月8日 更新日:




 

チャンドラです。

 

IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。

これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます成長を遂げる、と思いきや。

中原圭介氏の「日本の国難」によると、イノベーションは雇用を奪い、人々の所得格差がますます広がることが指摘されています。

 

 

アメリカの株式時価総額でトップ3をほこるのは、アップル、アルファベット、マイクロソフトですが、

この3者の時価総額合計は約251兆円と巨額であったのに、従業員数は合わせてたったの33万人程度しかいなかったのです。

日本のトップであるトヨタの株式時価総額が約24兆円、従業員数が36万人程度であったことを考えると、

イノベーションによっていくら利益が膨らみ株価が上がったとしても、

労働者全体には広く行きわたっていないという実業が浮き彫りになります。

 

第二次産業革命では自動車、航空機、電気が普及することによって世界経済は目覚ましく成長しました。

自動車や航空機を生産するには巨大な設備と労働力が必要でした。

そして巨大設備は順次更新していく必要がありました。

そのため、20世紀のイノベーションは大量の雇用を生み出し、労働者の賃金が上昇し、人々は豊かになっていきました。

 

ところが、21世紀のイノベーション(IT、AI、ロボット)は生産性を極限まで追求する技術です。

つまり、より少ない人数でより少ないコストで、高付加価値の製品やサービスを生み出すという技術です。

グーグルやフェイスブックなどの巨大IT企業は莫大な利益を生み出す一方で、雇用を生み出す要素が少ないのです。

そしてこの利益にあずかることができるのは、巨大な設備を必要とする伝統的な製造業ではなく、巨大IT企業の創業者、少数の従業員、そして株主です。

 

「AIやフィンテックなどの先端技術が人々の暮らしを変える」という言葉は、心地よく響きます。

ですが、一部のIT企業を除いた他の伝統的な産業で働いている人にとっては手放しで喜べません。

最近のメガバンクの人員削減のニュースはこれをよく示しています。

 

勝ち組IT企業で稼ぐ人々と、伝統的な製造業で働く人々の所得格差は今後ますます広がっていくでしょう。

ほとんどの伝統的な製造業が、巨大IT企業と同等の時価総額や利益を叩き出すのはもはや不可能だからです。

勝ち組IT企業の莫大な利益にあずかるには、やはりこれらの企業に少しでも投資してインカムゲインやキャピタルゲインを得るしか方法はないと思います。

 

それでは。

 

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

  Amazonで「インデックス投資 本」と検索すると、たくさんの本が出てきます。 タイトルに「インデックス投資」と入っているものでも30冊近くあるし、タイトルに書いていなくても中を見れば内 …

暴落した時は株を毎日買う方がいいか?

    私は2018年の夏に米国S&P500のインデックス投資を開始しました。毎週同じ金額をひたすら積立て続けるという退屈な、忍耐が必要な、そして意図的に思考停止した投資法 …

理想の株価の上がり方は?サラリーマン視点から

  株価は上がる日もあれば下がる日もあります。これは自明でしょう。株価が30年間ずーっと上がり続けることないし、ずーっと下がり続けることもない。そしてずーっと一定であり続けることはありません …

恥さらします ww 3月中旬のインデックス運用成績

  株式資産が激減しています。 運用成績は隠さずにちゃんと公開すると宣言しているので、3月中旬の運用成績を公開。           投資額 …

ピケティの言葉を凝縮したグラフ

  ピケティの「21世紀の資本」を読んでみたいと思って図書館で手に取ってみたのですが、5秒で閉じました。おそらく読了は無理だろうと ww そこで解説本を探したところ、「図解 ピケティ入門」と …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ